ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ RAW現像に挑戦(その1)

「RAW現像って必要なの?」と良く聞かれます。
なぜJPEGをレタッチするのではなくRAW現像をするのか?
おさらいになりますが通常の(8bitの)JPEGでは光の三原色であるR(赤)G(緑)B(青)を0~255の256段階で扱えるので、16,777,216色(約1,678万色)が使用できます。
通常の表示や印刷では十分ですが、大幅にレタッチする場合は階調を失う場合もあります。
RAWや16bit以上の画像で編集する場合はこのような場合に有利で、階調を失い辛いのです。(一般的なデジタル一眼などのRAWは12bit)
例えば元が10色の中の半分である5色を抜き出して10色分の階調幅に広げたとしても使用されるのは5色です。
しかし元が20色であれば半分の10色を抜き出して広げたとしても10色が使えることになります。
※注: 実際には16bitでは8bitの倍ではなく0~65535と言う膨大な階調で扱います。
単純に計算すれば12bitでも16倍、16bitの画像では256倍の変更に耐えるとも言えますね。
実際にはそこまで極端ではなく、足りない分もソフトウェアが補完するようにできているので(ここでの計算がソフトの性能・画質差に繋がります)擬似的に階調は保たれるわけですが、元々データがある状態とは雲泥の差です。
画像で言えば下のような感じ。
8bit画像の一部を切り出したもの

16bit画像の一部を切り出したもの
上が8bitのグラデーションの中から一部を切り出して、レベル補正で広げた画像。
下が16bitの画像から切り出したもの。
8bitの方が明らかに階調に段差があるのがお分かりになるでしょうか?
これが実際のレタッチの際にも起こっているのです。
それはつまり「難しい状況ほどRAWで撮影しておいた方が良い」と言う事にもなります。
また8bit画像の中でもJPEGは非可逆圧縮と言って、いったん圧縮すると元に戻せない形式です。
そのため、編集時でも圧縮ノイズが乗った状態で作業をすることになり、余計に劣化を招きます。
どうですか?RAW現像してみようって気になりました?

実際のRAW現像に入る前に、以下の記事も参考にしてみて下さいね。
ビデオ・写真撮影入門 「Camera RawファイルとJPEGファイル」
撮影&フォトレタッチ入門「ヒストグラムを覚えよう」
撮影&フォトレタッチ入門「桜はRAWで撮ろう」

次回は様々なRAW現像が可能なソフトを紹介します。

この情報がお役に立ったら「ポチッ」と押してね。
ブログランキングに参加しています。1日1回のクリックで、
このブログに 10ポイント加算されます。(これが元気の素)

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

なるほどっ!

こんにちわ!
わたしも最近 ちょうど気になっていたところで、大変参考になりました。
デジタルだと、レタッチするのが当たり前みたいな感覚になりやすいのが、どうも
「こんなんでいいの?・・」と。
もちろんレタッチで得られる効果も素晴らしいけれど、色彩的にはのっぺりするような気がしてました。
がんばってみま~す。

★ alowanさん、こんばんわぁ♪
お役に立ちましたかぁ?、良かったです^^
デジタルは現像処理も暗室を用意する必要がなくて手軽で良いですよね。
こだわれば光の入らない部屋やモニターなど結局高くつきますが^_^;
RAW現像、是非挑戦してみてくださいね。
はまるとかなり楽しい作業で、時間を忘れます(笑)

丁寧な解説がわかりやすいですね♪
僕はお気に入り作品は16ビットで現像、保存する一方で
ブログ用の写真は文字入れ等もあるので8ビットで済ませています(^-^)
僕がRAWで撮り続ける隠れた理由には「将来への期待」もあります。
将来、現像ソフトが進化すると、保存しておいた画のクォリティを上げる事が出来る場合があるからです。
実際、僕の愛用するシルキーピクスは1から2に進化した結果、過去の写真も再現像で見違えるようになるものもありました♪

★ ショウ☆さん、こんばんわぁ♪
そうそう、私もそれがあります。
ソフトもどんどん進化しているので、バージョンアップごとに
画質も向上していますよね^^
そういえばシルキーピクスも次期バージョンのテストを始めましたね。
かなり期待しています^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。