ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ Plant bench

Plant bench
にほんブログ村 写真ブログへ ←この写真があなたの感性に触れたらクリックで応援してね。


イルカ漁に反対する映画がアカデミー賞に選ばれましたね。
見慣れない人には確かにショッキングな映像なのかもしれませんが、何故イルカやクジラだけにそこまで異常に保護意識が向いてしまうのか。
クジラに関しては脂肪を燃料にするために乱獲して絶滅寸前にまで追い込みましたから罪悪感のようなものがあるのかも知れませんが、非常に残念な事です。
まぁアメリカらしいと言えばらしいのですが( ̄▽ ̄;)

イルカは確かに可愛らしいですが、ウサギやシカと同じ自然界に住む哺乳類の一種で、イワシやサンマと同じく海に住む同じ生き物です。
捕食動物である人間は他の生命体からエネルギー、命をもらう事でしか生きていけません。海洋に囲まれた国で蛋白源としてイルカを捕食する文化が育ったのは自然の摂理で、捕食動物たる人間が捕って食べたからと言って責められる類のものではないはずで、これを責めるなら全ての捕食を責めなくてはいけなくなってしまう。
もちろん日本でも縄文時代の遺跡にもその名残は発見されているとはいえ、組織的な捕鯨が行われるようになったのは3~4百年程度の歴史しかないわけですし、戦時中などは乱獲状態にあったこともあると思います。
しかしきちんと調査をしながらコントロールして捕獲していく分にはある程度の範囲は許されるべきではないのかと思う。

種の絶滅がどうのとか、えらく上から目線のエセ保護活動家が言いそうな理論武装をして捕鯨を語られる人も最近多いですが、イルカやクジラが絶滅するのと名前も知らない小さな昆虫や植物が絶滅するのと何が違うというのか。
こういう映画がアカデミー賞などに選ばれたり某クジラ保護団体が大きな顔をしていたりしている時点で自然保護意識の何と薄っぺらい事かと。
自己満足のための自然保護なんぞ(ピー)喰らえです。

しかも立ち入り禁止区域に侵入してまでの盗撮まがいの行為を取材と称し正当化する。しかも一方的な価値観の押し付けで公平性に欠ける取材を押し通す。
これがジャーナリズムなんでしょうかね?
「告発」?ふざけるんじゃありませんよって感じです。
例えば食人民族がいたとしましょう。それは我々の文化からすればとんでもない事です。
しかし取材をするならその民族の歴史や立場を振り返り、敬意を持って行わなければいけません。「告発する」なんて立場で行われ制作された作品には一文の価値もない。
アカデミー賞自体が世界三大映画祭などとは違うものですし、話題性はあってもそこにこういう映画が入ったからと言ってそこまで反応しなくても「まぁアメリカだからね」と言っていればいいのだとは思いますが、内容というよりもこういう事が罷り通るという事が残念でなりません。
これでアカデミー賞のそもそもの目的である「アメリカ映画の健全な発展」を支えることになるのでしょうか?

取材された地域のイルカ漁が妥当かどうか、個人的には「問題無くね?」と思うもののそれは常に話し合われていかなければいけない事ではありますが、でもそれはこの事に限らず全ての事象で言える事です。
ただ楽がしたい、時間を短縮したいと車や飛行機で移動する、しなければならない社会を作り上げた我々の行為こそ「告発」に値する気もするけど^_^;
まぁ「自然」と「人間」という二極論でしか語らないつもりなら「自然」のためには「人間」を絶滅させるのが一番なのは当たり前なのですけど(笑)
しかし人間も自然の一部。「どうやって折り合いを付けて行くのか」が本当の自然保護だと思うし、偽善で動物側の立場に立った訴えではなく、少し逆説的になるけどもっと自分勝手に人間にとって何が有益なのかを考えなければ本当の自然保護なんて夢のまた夢だと思う。
こういう今回の映画の件や過激団体のくだらない行為が自然保護活動なのだと思ってしまう人が増えてしまわない事を願うばかりです。

★撮影場所
愛知県-豊川市

★使用機材
カメラ: OLYMPUS PEN E-P1
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
モニタ: EIZO ColorEdge CE210W(ハードウェアキャリブレーション対応)
ソフト: SILKYPIX(汎用RAW現像ソフト)
ソフト: Adobe Photoshop
※使用した機材を楽天で探せます。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。