ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ この1年(2009年)を振り返ってみて

今年はカメラ業界はとても大きな動きのあった1年ではなかったかと思います。
その筆頭は何と言ってもミラーレス一眼の投入でしょう。
Waiting chairs
※写真はミラーレス一眼(E-P1)でフォトコン初入賞したショット

パナソニックのDMC-G1が昨年末に発売されて以降、動画対応したGH1、そしてオリンパスからコンパクトカメラルックのE-P1/E-P2、パナソニックからもGF1などが続々と発売され、レンズも様々なタイプのものが発売されました。
私もE-P1はモックアップの時から惚れ込んでいて、予約して発売日に購入しましたが、ボディの質感の高さも素晴らしいですし細かな設定ができるのも良い、しかも画質は最高。
操作性には多少の何がありますが、あのコンパクトなボディでフラッグシップのE-3などと基本的には変わらないわけですから、もう素晴らしいとしか言いようがありません。
ミラーレスの一眼は間違いなくこれからのトレンドになっていくことでしょう。
シグマのDP1/DP2やライカから発売予定のX1などのように、大型撮像素子を搭載したコンパクトカメラも大変魅力ですが、これらはいずれも単焦点レンズ。
もちろん描画は単焦点に魅力を感じますが、ミラーレス一眼なら広角から望遠まで1台のボディで多様なレンズを楽しむことができる。
システム的にはまだまだ未成熟な面も残りますが、理想的ではあります。
1年の絞めにはリコーのGXRのようなユニット交換式というカメラも飛び出してきましたが、これが果たして本当にユーザーにメリットを与えてくれるのかはまだ分からないとしても本当に激動の1年というか話題には事欠かない1年でした。


コンパクトカメラではパナソニックのLX3を筆頭として高級機種が高画素路線の脱却を図り、GR-D3やPowershot G11なども画素数を据え置いたり大幅に減らしたり。
ここ数年ずっと言い続けていたことがやっと実現されて嬉しい限りです^^
そして防水機能を搭載したタフネスデジカメが各社から続々と。
μ1030SWを使ってきた私としても買い替えの選択肢が非常に増えて嬉しいです。
ソニーの裏面照射型CMOSなんてのもありましたね。コンパクトカメラや携帯のカメラ機能に搭載されていくでしょうから楽しみです。


デジタル一眼レフに動画機能が続々と搭載された1年でもありました。
一応プロの端くれとしての目から見て、、、
まずどのレビューを読んでも、また実際に5Dmk2の動画を使ってみても感じるのは「操作性の悪さ」です。
レンズはピントリングが過敏というか僅かな動きで移動量が大きいので、素早い操作には向きますがゆっくりと一定の早さで動かすような操作には向きません。
静止画を撮影している時にはさほど気になりませんが、やっぱりこのレンズで滑らかにピントを送るのは至難の業と言えそうです。例えフォーカスマンを個別に付けたとしても。
まぁそういう操作を目的として設計されていませんから当然と言えば当然です。
今、EFレンズは半周弱ほど、ものによっては1/4週ほどで最近接から無限遠まで、操作できるようになっています。(24-70や70-200などの場合)
持ち替えをせずに、もしくは指だけで三度ほど送るだけで操作できます。
もし逆にこれが1周程度回さないといけないとなると、静止画を撮る時に操作性が悪いと感じるでしょう。だから電子リングなどにして移動量を設定できるようにでもしないと、静止画で使いやすい振る舞いと動画で使いやすい振る舞いの両立は難しいでしょうね。
しかしそれはそれでタッチが悪くなりそうですが、、、
これはズームリングに関しても同じ。

また、スチル畑の人が安易に手を出しているせいもあるのかもしれませんが、特にカメラ誌のWEBサイトなどで掲載されるサンプルの質が非常に悪いことも気になります。
構図や露出は問題ないと思うのですが、24~30fps(プログレッシブ)の特性を考えていないものだったり、シャッタースピードが早過ぎるのか非常にパラパラ感が気になる動画を大量に見ることになりました^_^;
普通の29.97fps(インターレース)のつもりで撮影してしまうと動き的には半分程度しか記録できないわけですから当然と言えば当然ですが、動画畑の人でもシネマなどをやっていてそういう撮影に慣れていない人には難しいでしょうから仕方がないと言えばそうなのですが。
5Dmk2発売前のサンプルムービーはそういう事まで熟知した本当のプロプロのチームが撮っているでしょうし掛けている予算も全く違うでしょうから、そのギャップに「本当に同じカメラ使ったの?」と思えるようなものが多かったのも事実です。
もし30fpsなどの撮影に自信がないのなら無理にフルHDなどに拘るのではなく、60fps相当になる記録方式を選択すればいいのですが、、、
あまりコマ数による違いというのは語られているものを見ませんね^_^;

画質的には素晴らしいものがありますし、多種多様なレンズバリエーションが手軽に楽しめるのも良い。浅い被写界深度は数千万円のシネマ用カメラに並び超えている。
そういったメリットの半面、操作性の悪さ、現行のビデオカメラからすれば特殊と言えるフレームレートに対する認知度の低さが目立っているように感じますね。
デジカメ動画の場合、基本的に静止画用カメラですからインターレースが採用されるとは思えませんが、レンズはものによっては「動画向き」を銘打ったレンズも出てくるかもしれませんね。それが静止画用システムにとって良い事なのか悪い事なのかはもう少し時間が経ってみないと何とも言えない部分ではありますが。
まぁ何にしてもまだまだ未成熟な機能。
明確な目的ときちんとした知識がない限りは手を出すべきではないでしょうね^_^;
因みに5Dmk2などをシネマ用カメラとして使うための各種パーツなども色々と発売されてはいますが、カメラ本体より遥かに高いですから(笑)
シネマカメラとしてはREDなどがメジャーですが、こちらも35mmフルサイズ相当のセンサーやそれよりもさらに大きなセンサーで数億画素というカメラやそれらで静止画撮影できるユニットも開発中とのことなので、中判スチルカメラとしても楽しみ。
価格的には数百万になりますけどね(笑)
ムービーカメラとスチルカメラの垣根はどんどん小さくなっていくのでしょうね。

デジタル一眼の画素数に関しては1200万画素~1500万画素程度で落ち着きを見せるのかと思っていたのですが、ニコンなどそういう方向性が読み取れるメーカーもありつつ、キヤノンのようにさらに高画素志向を推し進めるメーカーもあり、、、
まだまだ読めない部分がありますね。
解像度という点では1200万画素もあればかなり大きく伸ばしても十分なはずですが、色の再現性を高めるアプローチとして高画素にすることでビデオカメラの3CMOSなどのような効果を狙う方法と、素子一つ一つの感度を高めてノイズと切り離し、なるべく正確な信号を得ようとする方法との2つが考えられますが、どちらが主導権を撮るのか。
ただ高感度を捨てた低感度重視ならAPS-Cで1500万画素以上もありだと思うものの、私のようにISO3200くらいまで安心して使いたいと思っている人間にとっては現状では後者の方がメリットが大きいと感じています。
パッと見に綺麗でもウソ臭い画作りの高感度はあまり歓迎したくありません。
そういう中でD3Sは非常に期待値が高いですね。ノイズ量自体は少なくないと思うし、1200万画素なので5Dmk2などと比べても粒状感も大きくはなりますが、今まで出てきているサンプルを見る限りでは高感度でも色の再現性は非常に高いように思います。
キヤノンも高画素路線のカメラも良いですが、こういう方向性のカメラも1台何とか出して欲しいですね。

私個人としてはモード学園の東京校舎撮影に始まり、大阪校舎の撮影などで例年になく遠征に出かけ、例年になく夜景を撮った一年で、久しぶりに復帰したフォトコンでもいくつか引っ掛かってくれましたし上々の一年でした。
念願だったフォトファンサイト「Digi Pract」もオープンできましたし、多ジャンルアートグループ JIKOMAN属でも例年通りグループ展を無事終えることができ、オフィシャルサイトも立ち上げることができて撮影会の企画などもできました。
機材も色々増えましたね。5Dmk2は昨年末の購入でしたが、E-P1も手に入れることができたしEF17-40mm F4Lもゲットできました。
プリンタもPM-4000PXからPX-G-5300に変えることができました。
細かく三脚系も拡充させましたし(笑)

新型インフルエンザなどに振り回されバタバタとしたところもありましたし、消防団の分団役員をもらってしまって超大変な一年でもありましたが、人員確保の難しい部の合併という大仕事も1年で実現できて何とかそれらも乗り越えることができましたし防災士の資格をとって防災リーダーなんぞにもなりました(笑)
まぁ少しは地域にも貢献できたと思うし、振り返ってみればもの凄く大変だったけど良い一年だったかな^^
来年は分団長などという話も出ていますが、、、怖( ̄▽ ̄;)
というか俺で良いのかよ?って感じですよねぇ(笑)
来年はどんな一年になるのか。今年以上に良い一年になると良いな。

それでは皆さん良いお年を(⌒▽⌒)/

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

カカオさん、こんばんは~^^
今年もほんとにお世話になりっぱなしでしたね、ありがとうございました<m(__)m>
いろいろ教えて頂けて、私も小さな小さな一歩ですが進めたような気がします^^
来年もまたよろしくお願いいたします<m(__)m>

PEN君、私にもかなり魅力的な存在です^^
でもまだしばらくはD300とFEで頑張っていこうかなって(*^_^*)
"キタムラ"で「デジタルは撮っているんですか?」って聞かれてしまいました(笑)
そろそろグループ展にむけてデジタルでも頑張らないとって思いました^^

めっちゃ寒い年越しになりました、お風邪などをひかれないようにして下さいね♪
カカオさんも良いお年を!!!

mayuさん、あけましておめでとうございます♪
こちらこそ旧年中は本当にお世話になりましたm(__)m
本年もよろしくお願い致します^^

合う合わないはあると思いますがデジPENは本当に良いですよぉ
わたし的には今のところ40D、FM2に並ぶヒットカメラです。
mayuさんもデジPEN仲間になりましょう(笑)

かなり暖かい年末でしたが、大晦日から年明けにかけてかなり
冷え込みますねぇ
お体気をつけて下さいね^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。