ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 寒椿

寒椿の季節ですねぇ^^
E-P1_01275e.jpg
にほんブログ村 写真ブログへ ←この写真があなたの感性に触れたらクリックで応援してね。


最近、柔道の部活動中に重大な事故が相次いでいるというニュースを耳にしました。
私も中学時代は柔道部で、これでも豊橋や東三河の大会では優勝の経験もあります。
なのでこのニュースはちょっと引っ掛かりました。

言うまでもなく柔道は格闘技です。しかしスポーツ化された部分も多くあります。
ただ、直接的に首(気道)を絞めることがルールで認められた格闘技は滅多にありません。
柔道の技はどの格闘技の技よりも殺人技です。
絞め技は分かりやすいですが、投げ技でももし下が畳でなく硬い地面ならば受け身を取ったとしても暫くは身動きがとれないほどの衝撃を受けますし、投げる側が少しでも力の方向を変えれば頭から地面に叩きつけられる事になります。
柔道に限りませんが、格闘技と言うのは心技体とも言われるように何よりも「心」が大切で、危険な行為の応酬だけに相手への尊敬と信頼がなければ成り立ちません。

しかし、柔道を教えている側の人にも少なからずその「心」を失った方がいます。
幸い私が通っていた学校の顧問の先生はそういう方ではありませんでしたが、合同練習などで一緒になる学校の顧問の先生などには明らかに「おかしいだろ?」と思える方もみえました。事故が起きなかったとしたらそれは「運が良かった」のだと思います。
いくらスポーツ化され、「競技」としての面が強くなっているとはいえ、相手を投げ飛ばし、叩きつけ、首を締め付けるのですから「心」が備わらなければ重大な事故は起こるべくして起こるのだと思います。
私たちの先生は練習の前後に「精力善用 自他共栄」という精神を必ず繰り返させ、瞑想をさせました。当時は「めんどくさいな」とか思っていましたが、今思えば最も大切な事は「それ」だったのだと思います。
強力な武器、危険な技を身に付け生身の人間を相手に戦うのが格闘技の姿ですから、それを持ち、扱う側の「心」が何よりも大切で重要なのです。
それを忘れて「技」と「体」ばかりを、そして勝ち負けばかりに執着すれば、、、

そして変なところで精神論というか、間違った負荷の掛け方を正当化しているような部分も残っているように思います。
真夏の熱の籠った柔道場で休憩もろくすっぽとらず、辛いと言えば「甘えるな」と罵倒される。
本当にその先生(や先輩)が相手の様子を注視して言っているならまだしも、なかなかそういう空気はできづらく、精神論に逃げがちな指導者も多く見かけます。
階級制があって減量も付き物の競技ですから健康管理も難しいです。
減量と厳しい練習で疲労困憊していれば、受け身を取ったつもりでも首などに力が入り切らず頭部を強打する事もあります。そういう危険なものだと思います。

そんな中で指導者には技を教える能力よりも「心を育て環境を整える能力」が高いレベルで要求されると思うのですが、学校の部活レベルでは各顧問の先生の個々の能力に依存するしかないというのが現状ではないかと思います。
しかし全ての先生にそうした能力を期待するのは酷な事だと思いますし、逆に学校の部活で行うものとしては危険過ぎると衰退していくのも寂しいですし、、、
本当に難しいですよね。
ただ一つ、指導者の方には大変に危険な行為だという事を忘れることなく、万全の体調以外の時は休ませる勇気、これを持って欲しいです。

★撮影場所
愛知県-豊橋市

★使用機材
カメラ: OLYMPUS PEN E-P1
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
モニタ: EIZO ColorEdge CE210W
ソフト: SILKYPIX(汎用RAW現像ソフト)
ソフト: DxO FilmPack(フィルムシミュレーター)
ソフト: Adobe Photoshop
※使用した機材を楽天で探せます。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。