ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ リコー、ユニット交換が可能なデジタルカメラ「GXR」を発売

RICOH(リコー)はレンズと撮像素子、画像処理エンジンをユニットとして交換できるデジタルカメラ「GXR」を12月上旬に発売予定です。

◆GXR
珍しいのはレンズ交換式ではなく、レンズに撮像素子と画像処理エンジンまでを含む「ユニット」交換式だという点。
私は常々中判のデジタルバックのように「デジタル部分だけ取り換えられるカメラ」が欲しいなぁとは言ってきたのですが、意外なメーカーが意外な方法で交換式に。
40Dや7Dなどを見ているとボディ性能は必要十分で、撮像素子や処理エンジン、液晶などのデジタルパーツだけを新しくしていきたい、もしくはその逆、5Dmk2などのようにデジタル部分に不満はないけどボディが改善されたら新しいものにしたいとか、買い替えでなくても例えば1200万画素の高感度+ハイスピード仕様のものと2400万画素の低感度重視仕様のものを1つのボディで付け変えて使えるようにできたら無駄もなく便利ではないかと思うのです。
ただ、このGXRの場合はデジタルバックではなくレンズまで一体で交換する方式です。


このレンズまで一体で変えると言うことのメリットは、撮像素子のサイズに捉われない更新が可能になると言う事だと思います。スペース的に可能ならフルサイズでも。
逆にデメリットはレンズとデジタルパーツの寿命の差。
レンズは光学製品で比較的長寿命。私の手持ちレンズにも20年選手がいますし、持った古いレンズが現役で活躍している場合もあります。
対してデジタル部分は現時点では更新も早く、短ければ3年で時代遅れ、5~10年も経てば信頼性にも懸念が大きくなってくるという状況だと思います。
レンズは更新するつもりがないのに撮像素子や処理エンジンは最新のものを使いたい、そういう場合にはレンズ代まで余分に負担しなければならなくなります。
コンデジクラスの価格ならまだしもですが、APS-Cサイズの高品質なレンズを買い換えるとなるとそれなりに負担は大きくなりますね。そして同じレンズで感度の違う撮像素子を使うなどと言う使い方は難しくなるでしょう。
しかしリコーとしてはデジタル部分のうち液晶については今後の進化は少なく耐久性もそれなりに確保できているから、ユーザーが(メーカーもですが)その部分の更新コストを抑えられるようにという考え方なのかもしれません。

個人的にはライブビュー専用でコンデジルックのAPS-Cクラス撮像素子搭載機を搭載したレンズ交換式、単焦点GRレンズを中心にしたランナップのシステムがリコーから、もし無理だとしてもシグマのDPシリーズのようなカメラが出る事をかなり期待していたのですが、ちょっと意外な方向性だったので困惑しています。
理想的なのはマイクロフォーサーズに参入と言う形だったのですけどね(笑)
ただ考えようによってはレンズなどは大振りですがDPシリーズのようなコンデジをいくつか持っているようなものと考えても良いのかも。
現時点ではどちらの方式にメリットがあるのか分かりませんが。


◆ボディ部分
液晶と操作系、カード記録や各種端子、電源供給をまかなう部分で重量は160g。
ストロボを内蔵しアクセサリーシューも備えます。
液晶は3.0型の92万画素と中々のスペックで数年は行けそうです。

◆RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VCユニット
撮像素子は1/1.7型(GX200などと同じサイズ)の1000万画素CCDセンサーで、手ぶれ補正付きの5.1mm~15.3mm(35mm換算で24~72mm)のF2.5-4.4ズームレンズを備えます。
対応ISO感度はISO100~3200。連写は最高5枚/秒。

◆GR LENS A12 50mm F2.5 MACROユニット
撮像素子はAPS-Cサイズ(23.6mm×15.7mm)の1230万画素CMOSセンサーで、33mm(35mm換算で50mm)のF2.5マクロレンズを備えます。
対応ISO感度はISO200~3200。連写は最高4枚/秒。


ユニットはどちらもRAW記録可能で16:9、3:2、4:3、1:1のアスペクトで記録可能で、GR LENS A12 50mm F2.5 MACROユニットは3:2がベース、RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VCユニットは4:3がベースになっています。
アクセサリーもなかなか充実していて、チルト可能なEVFは液晶と同じ92万画素、自動開閉機能付きのレンズキャップなどGX200などで培われた技術も盛り込まれています。

こういうカメラで特に気になるボディサイズはRICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VCユニットでボディ装着時113.9mm×70.2mm×44.4mmで約325gとパナソニックのGF1の119×71× 36.3mmで約285gに20mmパンケーキレンズ(約100g)を装着したのと同程度。
1/1.7型のカメラとして考えるとかなり大柄で重たい印象です。
GRマクロレンズの方ではもう少し重くなりレンズも収納できないので嵩張りますが、GF1などでは逆にズームレンズはかなり重く嵩張るのでどっちもどっちかな。
デザイン的には良くも悪くも往年のフィルムコンパクトの雰囲気です。
E-P1のようにクラシックという程ではなく、良く言えば懐かしい感じ、悪く言えば古臭い感じのするデザインで好き嫌いは分かれそうですね。価格的にはボディが4万~5万円前後、ズームユニットが3万~4万円、単焦点ユニットが7万円程度となりそうです。
ズームユニットセットで8万円程度なので、将来的にユニットを交換する際に4万円くらいで済むなら普通のコンデジを買い換える程度なのでお得かもしれません。
GR-Dを1台買い換えると7万円くらいはしますからね。

★GXR+RICOH LENSユニット基本スペック
レンズ RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC
撮像素子 有効1,000万画素 1/1.7型CCD
モニター 3.0型92万画素液晶
注目・特徴 手ブレ補正、秒間5枚連写

★ニュースリリース     RICOHニュースリリース

★最安値をチェック     GXR
                 RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC
                 GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
※発表から間もない時期は検索にヒットしない可能性があります。

★カカオのお薦めショップはこちら、勝手にランキング・デジタルカメラ編はこちらです。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。