ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ Nikon D3Sの高感度には驚愕!やはり画素ピッチが広い方が画質が高いのか?

EOS 5D Mark IIの発売以降、高画素でもsRAW(現行機種ではM-RAWなど)の技術の併用で高感度の画質も確保できるのではないかという期待が高まりました。
事実5Dmk2や先ほど発売になったばかりのEOS 7Dなどは2000万画素前後という画素数を持ちながら高感度もかなり使いやすいカメラになっています。
私は5Dmk2の低ISO感度時の暗部の発色などに少し不満を持ってはいますが、そういう方は少数派でしょうしsRAWでならISO3200まで常用できる高感度は魅力です。
現状で最も高感度に強いカメラは2000万画素超の5Dmk2ではないかと思います。もちろんキヤノンユーザーの欲目も入ってですが(笑)

しかし先日発表になったNikon D3Sのサンプル画像には度肝を抜かれました。
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d3s/sample.htm
いや、D3発売時にもかなりの衝撃を受けたのですが、D3の高感度はやはり「高感度くさい」画像で、ノイズ処理によるディティールの低下や色転びが気になる画像でした。
それでも後発の5Dmk2と横並びというくらい優れた高感度の画質であったのですが、D3Sの高感度はそれをさらに進めている感じで、ISO6400は輝度ノイズによるザラツキは多少残るものの完全に常用範囲と言っても良く、色やディティールに不自然さを殆ど感じません。
ISO1600など、言われなければベース感度で撮ったのかと思ってしまうほどです。
マイクロレンズのギャップをいかに狭めようと、やはり元々の画素ピッチが画像に与える影響はまだまだ大きいという事でしょうか?
ISO12800のサンプルも掲載されており、これはさすがに粒状感も色もディティールもかなり低下している印象なので「極力避けたい」という感は拭えませんが、それでも5Dmk2の(sRAWでの)ISO6400と近い感覚では使えそうです。
つまり5Dmk2やD3に対して1段分は有利と言えそうです。


ニコンのホームページでD3のISO6400のサンプル画像が一番最後に掲載されていたのに対して、D3Sでは何と一番最初に、しかもISO800以下は全7枚のサンプル中で僅か3枚という状況ですからいかにD3Sの高感度画質に自信を持っているのかが伺えます。
特に水滴とか汗や水の反射などは高感度になると途端にボロが出るものですが、このサンプルでは非常に活き活きと描いていますし、暗部までしっかりと描画しているので、他のシーンでも十分に使えるのではないかと思います。
低感度のサンプルは少ないのですが、特にそこを大きく犠牲にして高感度特性に振っているという印象も受けません。逆に微妙な色の変化や明るさの変化を見事に描きながらディティールもしっかりと描ききっていると思います。

コンパクトデジカメのような微小な画素に対しては既に各社が画素数を据え置くか減らすという方向になってきていて、画素数を増やせば良いというものではないという結果が出てきているとは思いますが、デジタル一眼レフ、それもフルサイズの撮像素子でもやはり画素数の落とし所が問題というのか、ある程度の画素数があれば画素ピッチが広い方がメリットが大きいという事になるのでしょうか。
個人的には低感度に特化したD3Xと高感度とスピードに特化したD3Sの選択肢があるニコンユーザーは羨ましいですね。そのクラスのカメラはおいそれと手が出ませんが(笑)
これを中級機で揃えてくれると本当にいいのですが。
キヤノンさん、EOS 5D Mark IIIを2400万画素の低感度専用機にして、高感度重視のEOS 3Dを1200万画素くらで7Dベースのボディで出してくれないでしょうかね?
私ずっと言ってますね。これ(笑)

私はソフトウェアも含めたノイズ処理はキヤノンに一日の長があると感じています。現状ではその分を画素数のアップに回しているような感じだと思うのですが、是非キヤノンにもD3Sのようにフルサイズ1200万画素くらいのカメラを作ってみて欲しいですね。
ISO12800でもこれに近い描画が、、、そしたら夜の手持ちスナップでも絞りを選択する自由度がさらに、、、なんて思ってしまうのですが、あまりニーズは無いですかね^_^;
しかし私は以前は鳥をやっていたのですが、そういう被写体では超望遠でしかもある程度早いシャッタースピードが必要になるために絞りは開放でしか使わない(使えない)という状況が良くありました。藪の中などのシチュエーションや時間帯によっては撮影そのものを諦めることもしばしば。
そういうシーンでこれだけの高感度が常用範囲となってくれると、「少し絞ってシャープに」とかも考えられますし、何より諦めていたシチュエーションでもチャレンジできて撮影範囲はかなり広がるというのが有り難いですよね。
「キヤノンがやってくれるとすれば1Dをフルサイズにして」と期待していましたが、7Dが発売されてしまいスポーツ専用モデルのAPS-C移行の可能性は低くなりましたし(7Dがそのテストという話もありますが)昨今の景気状態では1Dや5Dにもう1ライン増やすというのもあまり期待できそうにはないので、2メーカーは維持できない(マクロ専用でD90は考えましたがw)貧乏な私には指をくわえて見ているしか無さそうですね(笑)
これ、同じ画質でD700Sとかが出たら本気で悔しいなぁ( ̄▽ ̄;)

★Nikon D3S基本スペック
レンズ 交換式(ニコンFマウント)
撮像素子 有効1,210万画素 35mmフルサイズ(36x23.9mm)CMOS
モニター 3.0型92万画素液晶
注目・特徴 フルサイズで9コマ/秒、最大11コマ/秒の高速連写
ライブビュー、3.0型92万画素大型高詳細液晶
ISO102400可能、51点AF(15点クロスセンサー)
センサークリーニング、CFダブルカードスロット

★ニュースリリース     Nikonニュースリリース

★最安値をチェック     Nikon D3S
※発表から間もない時期は検索にヒットしない可能性があります。

★カカオのお薦めショップはこちら、気になるカメラ関連商品の最安値チェックはこちらです。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

エアリーディスク

という言葉をググってWiki等で調べてみたらいかがでしょう?営利目的のメーカーの戯言に左右されない光学的にproperな考え方ができますよ。

★ MTさん、こんにちわぁ♪
ありがとうございます。
エアリーディスクは存じ上げていますが、光学家ではないので計算式などまでは良く分かっていません^_^;

おそらくMTさんのご指摘はコンデジのような超小型撮像素子ではこれ以上画素数を上げても解像に影響しないという事だとは思うのですが、現状の各メーカーはサンプルを増やしてノイズや色再現、(見かけの)解像度に良条件を与えようというアプローチをしているのかなと考えてはいます。もちろんスペックで売りたいと言う営業上の理由もあるでしょうけど(笑)
5D2とD3Sの場合はどちらもまだ余裕はあるので、解像度以外の部分について違うアプローチが見られると自分は思っているのですが、少なくとも高感度や低輝度状況下では後者に軍配が上がるのかなと。
解像限界についてはほとんどのデジカメの場合はそもそもローパスがあるので、エアリーディスク云々以前の問題な気もしますし。
基本独学なので的外れでしたらスミマセン。

レスありがとうございます。

↓のページに端的にまとまっているようです。
#別に回し者ではないです。念のため(笑)
http://www.osiv.com/Tenny/04-PostFullSize.html

私も過去にググっていたときにたまたま見つけたページなのですが、表にはなかなか出てこない興味深い内容が多くて結構楽しんだ記憶があります。
「実行画素数という概念」という節を読むだけでも衝撃を受けるでしょう。私も電気系エンジニアの端くれですので自分でいろいろ考察しましたが、内容は至極真当と思われます。
たとえレンズが理想であっても、光学的にAPS-Cなら600万画素、35mmフルなら1200万画素で十分です。これ以上の画素を求めるならペンタの645Dのようにセンサーサイズを大きくするのが光学的に意味のある方法ですね。
まあ、最後の「開発の中心は中判へ・・」というのは少々疑問ですが。

例えばAPS-C 1800万画素。
レンズが理想だとして1800万画素の意味を持つのはF6.3程度まで。F11まで絞るとAPS-Cなら600万画素程度でしか「解像しえない」。
フルサイズも同様、135サイズで2200万画素とか、意味があるのはF9までですね。
有限の性能のレンズとLPFがついたらもっと悪くなりますね(笑)。買う人は、そうと知った上で納得して高価なカメラやレンズを買ってるんでしょうかね?

私にはとてもそのようには見えません。かなり多くの消費者が「意味のない高価なカメラやレンズを買わされている」ように見えます。
意味のない数字を上げれば金はあっても知恵はない消費者がバンバン買ってくれるんですから、メーカーとしてはその方向に仕向けたいでしょうし、まんまと成功していますね。

★ MTさん、こんにちわぁ♪
ご紹介のページ拝見しました。
そのページでは解像度と画素数の関係のみ、それもモノクロ(的)にというかセンサーの方式は想定せずに考えた場合に限って書かれているようですね。
実はこの問題ってピクセル数に上限が有ってセンサーサイズの小さいビデオカメラではかなり以前から言われていたことなのですが、それでも基本的な考え方として「画素数は多いほど良い」というのが有ります。
解像度の話ではなく、サンプル数が多くなるという視点からです。
ただしこれは狭画素ピッチ化する事によるノイズ増加を無視した場合です。
実際のカメラではサンプル数が増えても意味の無い(正しい値からかけ離れ過ぎた)サンプルばかりを拾ってしまうほど狭画素ピッチにしてしまうと本末転倒になります。
コンデジで1400万画素とか、確かに最近のセンサーはノイズの影響が少なくなってきているとはいえ、ここまで来るとあまり賢明な選択とは言えない気がしますが、上級者向けのコンデジは1000万画素程度に落ち着ける傾向があるのでその辺りが「現在の技術での」境界という事なのかと考えています。
(コンデジなどは開放付近で使うのが前提の設計でもありますしね。F5.6くらいまで使ったとしても下で書いているような事から1000~1200万画素は有効な範囲でしょう)

解像の面からも一時は「有効画素(当時はSDだったので約30万画素)の倍程度の画素数までは効果がある」というような話もありました。
30万画素から画像処理するよりも、倍程度から処理した方がエッジの処理などがやりやすいという事もあるのでしょう。
デジカメなどはシグマのFOVEONを除けばベイヤー配列なわけですから、そう言う事を除いても最低3~4倍以上の画素数が有る事は有効だと考えても良いと思います。
つまりモノクロ(もしくは3CCDやFOVEON)で考えた時の解像の理論値がフルサイズでF11で1600万画素が有効であるというなら、ベイヤー配列の撮像素子では6400万画素程度までは「無意味」な画素ではないという事になるのかな。
現状ではハンドリングとノイズ量のデメリットの方が大きいでしょうが。

なので単純に光学的に無意味だからと言って画素数が多く必要無いという考えは自分としては持っていないのですが、現状の技術の組み合わせでの落とし所、特に今自分が最も欲しているのは低照度環境での撮影、ようするに高感度の画質という事ですが、これに限ると低画素機に分があるのかなという見解です。
どちらにしても推測の域は出ないんですけどね(笑)

個人的に1D4は完全に期待外れでしたし、1Ds4がどうなるのかかなり期待も不安もあるわけですが、今更ニコンに完全移行する資金もありませんし、キヤノンさんに期待するしかないわけで、現状の路線と突き進まれるとちょっと厳しいなぁと( ̄▽ ̄;)
そもそもフィルムからデジタルへの移行時に高感度の画質に惚れてニコンからキヤノンに移行したのに、完全に逆転されたし、、、
いや、なかなか読めないものです(笑)
ユーザーにとって一番良いのは選択肢がある事。これに尽きるでしょうね。5Dmk3や7Dmk2その姉妹機に期待したいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。