ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ ライカ、APS-Cセンサー搭載のコンデジ「X1」とフルサイズの「M9」を発売

Leica(ライカ)はコンパクトデジタルカメラとしては大型となるAPS-Cサイズの撮像素子を搭載した「X1」を2010年1月に、35mm判フルサイズの撮像素子を搭載したレンジファインダーデジタルカメラ「M9」を9月下旬に発売予定です。

◆Leica X1
今までライカのコンパクトデジカメは提携しているパナソニックのカメラをベースにしたものだったのですが、このX1はライカオリジナルのコンパクトデジカメです。
そしてコンデジとしてはかなり大型となるAPS-Cクラスの撮像素子を搭載。
現行モデルでこのサイズの撮像素子を搭載しているのはシグマのDPシリーズだけ。
私が使っているOLYMPUS・PEN E-P1や同じマイクロフォーサーズマウントのPanasonic LUMIX DMC-GF1の4/3よりも大きなサイズなので大いに期待です。
実はGF1をベースとしたモデルをライカが出すのではと予想していたので、まだそちらも可能性はあるでしょうがX1のようなカメラの発売はかなり予想外でした(笑)
ボディサイズはDPシリーズと近い124mm×59.5mm×32mmの286gです。因みにDP1は113.3mm×59.5mm×50.3mmの250gで奥行きは突起部分を含めるか否かの差でしょう。
E-P1は120.5mm×70.0mm×35.0mmの335gですから、高さがやや抑えられ重さが50gほど軽い、GF1とも近いボディサイズになるのではないかと思います。

レンズは単焦点のELMARIT 24mm F2.8 ASPH.で35mm判換算で36mm相当となります。
街角スナップなどには使いやすい画角ですね。
価格的には20万円前後が予想されるのでコンデジとしては非常に高額となりますが、ボディ側(のデジタル部分)のスペックは高いものではありません。
液晶モニターは2.7型で23万画素、連写速度も3枚/秒とコンデジの使い方として不満がある速度ではありませんが1,220万画素で20万クラスのボディとしては処理速度が速くないのかなと感じてしまいます。バッファがどれくらいかはわかりませんが。
ブランド代と言うよりボディそのものというか機械部分に対するコストでしょうね。
ただ5Dmk2の92万画素液晶に慣れてしまっていると、液晶はもう少し解像度がある方が使いやすいというか、コンデジにとっては液晶はファインダーと同等ですからね。
撮影に大きく影響する部分なのでもう少しスペックをあげてほしい気もします。

もちろんRAW記録も可能で、現像ソフトは付属しないようですがアドビのPhotoshop Lightroomのダウンロード権が付属するようで、これが3万円強するので本体の価格は実質15万円強って考えても良いのかもしれませんね。すでに持っている人には意味ないですが。

★Leica X1基本スペック
レンズ ELMARIT 24mm F2.8 ASPH.
撮像素子 1,220万画素APS-CクラスCMOS
モニター 2.7型液晶23万画素液晶
注目・特徴 APS-Cサイズの撮像素子を搭載したコンパクトデジカメ

★最安値をチェック     Leica X1
※発表から間もない時期は検索にヒットしない可能性があります。

★カカオのお薦めショップはこちら、気になるカメラ関連商品の最安値チェックはこちらです。




◆Leica M9
35mmフルサイズというか135というか、これはもともと「ライカ判」とも呼ばれるサイズですからライカが、それも代名詞の「M」がフルサイズにしないわけにはいかないでしょう(笑)
世に数多あるMマウント(とLマウント)レンズも当然「ライカ判」のレンズですから、それらの性能をフルに発揮できる「デジタルM」が遂に発売になるということですね。
その撮像素子はコダック製の有効1,800万画素CCD。ニコンやキヤノン、ソニーなどは2200~2500万画素になっているので、それよりは感度特性が良いことが期待できますが「M」の使い向きからするともう少し抑えても良かったのではと感じてしまいます。
周辺部のマイクロレンズを画素の中心からずらすことで周辺光量の低下を光学的防いでいるということなので、周辺画質に対してもいたい出来ますが、APS-Hで1000万画素クラスだったM8.2よりは画素ピッチはかなり狭くなりますね。
撮像素子以外の部分はM8.2を踏襲。ブライトフレームの構成が変わったことやホワイトのカラーが変わったこと以外に目立った変更はありません。
この辺りは実際にRAWを見てみないと何とも言えない部分ではりますが、画角的なメリットや経年分の技術進化と画素ピッチの余裕とどちらをとるか、、、悩ましいですね(笑)
M9が発売されてM8が中古市場で値下がりしてくれるとちょっと良いなと思うのですが、例え値下がりしたとしてもおいそれと手を出せる金額ではないのが(- _ -)ヾ ポリポリ
まぁ10月に発売されるというS2(300万円くらい)よりは

★Leica M9基本スペック
レンズ 交換式(ライカMマウント・6bitコード認識用センサー付き)
撮像素子 1800万画素36×24mmCCD
モニター 2.5型23万画素液晶
注目・特徴 レンズ交換式レンジファインダーデジタルカメラ
マグネシウム合金製+合皮張りボディ
デジタルの「M」、金属縦走シャッター(最高1/4,000秒)

★ニュースリリース     M9製品情報

★最安値をチェック     Leica M9
※発表から間もない時期は検索にヒットしない可能性があります。

★カカオのお薦めショップはこちら、気になるカメラ関連商品の最安値チェックはこちらです。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。