ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ ようやく不毛な高画素競争に終止符か?2009年秋モデルは1000万画素前後が主流

昨年まではコンパクトデジカメでも1500万画素に近いモデル、1/2.5型程度の小さい撮像素子でも1000万画素を超えるモデルも出るなど、「カタログスペックのための画素数」としか思えないような機種が多く見えましたが、昨年の8月にPanasonicのLUMIX DMC-LX3が画素数を据え置くと言う英断を行って以降、徐々に流れが変わってきました。
先程発売になったばかりのGR DIGITAL IIIも画素数は据え置かれましたし、秋冬モデルが発表されたCanonはPowerShot G11がG10の1470万画素から1000万画素へと大幅な引き下げを敢行しました。PowerShot S90も同じく1000万画素。
以前(と言っても数年前ですが)画素数は1000万画素位で落ち着けるのが良いのではと書いたことがありましたが、やっとそれが現実になってくれました。
特にプロ~ハイアマチュアが使用するようなモデルではカタログスペックなどあまり大きな意味を持ちませんから、そういう機種から名より実を取り始めたという事でしょう。
一般向けのモデルは未だに1/2.5型クラスの撮像素子で1000万画素オーバーがまかり通っているようですが、フラッグシップ級のモデルの流れが画素数競争を脱し始めているのでいずれはそれに追従する形になってくれる事でしょう。

コンデジで1000万画素を超えるようなレベルでは画素数に対する不満が1だとすれば感度というか画素数以外の画質に対する不満は10という感じであったのに、画素数が多くなければ売れないのではないかという不安から各デジカメメーカーは画素数を据え置きにする事は勿論、引き下げるなどというのは例えその方がメリットが大きい事が分かっていてもできなかったのでしょうが、スチルカメラメーカーとしては新鋭のパナソニックが先にそれを決断すると言うのは何とも皮肉なものです。


実際に必要なご素数というのはどの程度なのか。
私はフル画素では2000万画素オーバーのEOS 5D Mark IIという35mmフルサイズデジタル一眼レフを使用していますが、実はsRAW(JPEGではM)という1000万画素程度で記録するモードで殆どの場合は撮っています。
夜景や風景で広角レンズを使う場合など周波数が高くなる場合だけにフル画素を使いますが、作品展でA3ノビ~全紙程度までの印刷がほとんどの私には2000万画素は明らかなオーバースペックで、データハンドリングやノイズ特性などを考えてもsRAWの1000万画素前後が一番使い勝手が良いのです。
写真展でA3程度までのプリントであれば1000万画素は必要十分な解像度。逆に高画素でもノイズ処理のためにディティールが低下した画像は使い辛いものがあります。
発色やダイナミックレンジの向上など、低画素にしてくれれば得られるメリットは非常に大きいので「必要な上限の画素数」が「最も画質が高い」とも言えるわけです。
私の主とする被写体と作品の使用方法からすれば1000万画素~1200万画素を上限に撮像素子サイズによっては800万画素でも十分といったところですね。
その範囲で画質を最大限まで上げるようにして欲しいものです。

コンデジの場合は基本的にA4程度までと考えているので、本来なら500~600万画素もあれば十分ですが、メーカーが「さすがにそこまでは戻れない」という事であれば1/1.8型程度の撮像素子では切りの良い1000万画素程度でも良いかもしれませんね。
ここで「据え置ける」のであれば技術の進歩分だけ画質が向上することになりますし^^

大体1000万画素オーバーと言っても中心はまだしも周辺部、特に高倍率ズームを搭載したカメラなどは中心に近くてもレンズの性能がそこまで追い付いていません。
普及モデルに搭載されているレンズなら尚のことです。
しかも普及機クラスのカメラは1/2.5型クラスのより小さい撮像素子を搭載しているわけですから、同じ画素数ならレンズに対する訴求はより大きくなるわけで、、、
こうしたカメラを使うユーザーにとっては大きくてもA4(六切)、A3(四切)まではまずないと考えれば無意味な高画素にするよりも500~600万画素で室内でも綺麗に撮れる方が明らかにメリットが大きいと思うのですが、「今売れれば良い」的な発想から抜け出せなかったんでしょうね。非常に残念なことです。

しかしまぁ徐々に流れが変わりつつあるのは感じ取れるようになってきたので、これからのデジカメ業界の流れには期待が持てるようになってきました。
チョット遅過ぎますけどねぇ^_^;

因みに私が今現在の技術でこれくらいの画素数にしておいて欲しいなと思う数値を撮像素子のサイズ別にすると↓のような感じ。

35mmフルサイズ: 1200万画素
APS-Cクラス: 1000万画素
フォーサーズ: 800万画素
1/1.8型クラス: 800万画素
1/2.5型クラス: 500万画素

実際の画素ピッチで合わせれば違う数値が出ますが、ではなくてカメラ毎に使いたい目的にも差がありますから、あくまで「私の使い方で」という事です。
フルサイズの1200万画素というのは風景はメインで撮らないので、夜景スナップなどに活用できてより低感度では高画質というのがフルサイズを使いたい一番の理由になりますから1200万画素程度が良いですね。
APS-Cは何にでも使うのでA3ノビまで使っても被写体の融通がきく1000万画素前後、4/3型のフォーサーズと1/1.8型クラスが同じ800万画素ですが、どちらもスナップに使って作品展用の画像も撮りたいと使い方が似ているので。
1/2.5型は私の場合は特殊な使い方しかしないし、基本的にはファミリースナップのような画素数を多く必要としない場合に使う場合が多いので500万画素あれば十分。
こんな感じです。

コンデジのフラッグシップ級、プロやハイアマ向けのモデルが使用する1/1.8型クラスはだいぶ希望に近付いてきた印象もありますが、APS-Cに関しては特にEOS 50Dは画素数多過ぎであまり歓迎できません。
EOS 60DにはG11のように画素数を控えてできれば1000万画素、それが無理でも1200万画素位には抑えて欲しいです。画素数欲しい人のために50Dと併売でも良いので。
そして5Dmk2にも1200万画素くらいの姉妹機が欲しいですね。

これで本当に不毛な高画素&高感度時代に幕が引かれれば嬉しい限りです。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。