ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ キヤノン、シフトブレまで補正する光学手ブレ補正機構「ハイブリッドIS」を開発

Canon(キヤノン・キャノン)は従来の角度ブレのみならず、カメラが平行移動した際に起きるシフトブレも補正可能な光学手ブレ補正機構「ハイブリッドIS」を開発し2009年中に製品化する予定である事を発表しました。

手ブレの種類は4種類あるわけですが、どの距離でも影響があり特にブレが大きな影響を与える望遠時に重要な角度ブレを中心に補正機能は開発されて来ました。
それに対して近接撮影時にはカメラが平行移動することによるブレ(シフトブレ)と前後方向に動くことによるフォーカスアウトやブレ(これって何ブレって言うんだろう?)が大きな影響を与えるようになるわけですが、キヤノンはそのうちの2つ、従来からの角度ブレの補正にシフトブレも補正できる機構を開発したそうです。
あとは前後ブレと回転ブレが補正できれば完璧ですね(笑)


で、「この技術を搭載した一眼レフカメラ用交換レンズを2009年中に商品化する予定です。」ってことなのですが、順当に考えれば近接撮影で大きな効果を発揮する機能ですし5Dmk2が発売されてEFレンズの標準マクロの不備が際立ってしまっている気がするので、このレンズをリニューアルって所からかなって感じです。
EFレンズにはEF50mm F2.5コンパクトマクロがあるのですが、これは単体では0.5倍までの撮影倍率で、一般的なマクロレンズの等倍まで撮影するにはライフサイズコンバーターと言う中間リングのような物が必要になってしまいF値も1段下がってしまいます。
フルタイムMFも使えずマクロレンズとしてはかなり使い辛いと言うか、仕様自体も古いのでマクロ好きの方はリニューアルを切望されていると思います。
焦点距離は同じ50mmでいいので、単体で等倍撮影できてEF-S60mmマクロやEF100mmマクロと同じ使い勝手のハイブリッドIS付きモデル何て出たら魅力的なんですけどね。
EF 50mm F2.5 マクロ IS USMなんて如何っしょ?
今のEFレンズラインナップでは200mm未満の単焦点レンズにISが付いているものはありませんから(画質を重視したい単焦点レンズでは極力組み込みたくないと言うのもありますが)、例え開放がF2.8であったとしても3~4段分の補正効果が期待できるとすれば(静態に対しては)F1以上のレンズを使うのと同じブレ耐性が期待できるので、マクロと言う意味だけでなく標準焦点域のIS付き単焦点レンズが出てくれたら嬉しいかな。
EF 50mm F1.4 USMも持っていますが、状況によっては40D+EF-S60mmマクロではなく5Dmk2用に標準~中望遠マクロをカメラバックに入れて行きたい時もあるのでシグマのMACRO 50mm F2.8 EX DGを1本入れようかとも考えていたし、それがIS付きで使い勝手も良いもの(当然画質も)なら50mm F1.4の代わりに持って行っても良いかも。

標準マクロの更新じゃないとしたら24-70mmあたりの更新かな?
ただEF 24-70mm F2.8Lは使っていて逆光耐性は上げて欲しいと思うけど、IS付いて24-105みたいな画になってしまうならあまり歓迎したくないなぁ^_^;
まぁ24-105の画がIS起因なのか倍率起因なのかそれ以外に起因するのかは分かりませんが、こっちはSWCを採用するくらいでもw

何にしてもどのレンズが更新されるのか、それとも今までのラインナップに無いレンズを投入してくるのか、楽しみですね。
あと「ハイブリッドIS」と聞いてレンズシフト式と撮像素子シフト式の融合を真っ先に期待したのは私だけでしょうか?(笑)
ついにキヤノンも撮像素子シフト式手ブレ補正を開発してきたかと思いましたよ。
単焦点レンズや標準ズームで画質ロス無しに手ブレ補正と古いレンズ何かでも手ブレ補正が使えて、望遠レンズや従来のIS付きレンズではファインダー像の安定が両立できて、しかも相乗効果まで期待できちゃったら凄いなぁ、、、なんて(笑)
いや、最近E-P1を使っているものでボディ内蔵の手ブレ補正はファインダー(ライブビュー)に効果が反映されなくて使い辛いなぁと思いつつも超コンパクトなレンズやオールドレンズでも画質ロス無しに補正効果があるって言うのは良いなぁと感じていたので余計に^_^;
シフトブレ補正も画期的な機能なのですがマクロ時には結局前後方向にはブレるわけで、個人的にはボディ内蔵式とレンズ式のハイブリッドだったら嬉しかったな。
最近マクロ封印気味だし(笑)

一時はカメラのトレンドの最重要部だった手ブレ補正も多くの機種が搭載するようになり、低価格のボディやレンズにも搭載されるようになったので手ブレ補正を付ける事が売れるカメラの条件という時代は過去のものとなりつつありますが、ソニーのビデオカメラは回転ブレを画角(撮像素子の使用部分)を狭くすることでデジタルで補正する機能(角度ブレを光学式で回転ブレを電子式というハイブリット方式)を搭載してきましたし、この流れは次世代手ブレ補正競争へと発展するでしょうか?
そうなってくると面白そうですね。
レンズシフト式と撮像素子シフト式の融合というのも角度ブレとシフトブレをレンズで、回転ブレを撮像素子(ボディ)側でというのなら有り得そうですし。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。