ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ E-P1のRAW現像

E-P1は当然RAW記録に対応しています。
やはり思い通りのイメージに仕上げるにはRAW現像は必須という事で、SILKYPIXも正式にE-P1に対応してくれたことですし色々と模索してみました。

先ずは純正ソフトから。E-P1に付属している「OLYMPUS Master 2」はRAW現像やレタッチが可能ですが、機能的にも必要な機能(傾き補正すら無い)が足りていませんし動作もかなり遅いので使いやすいとは言い難いものがあります。現状では基本的には撮影後にアートフィルターを適用したい時に使うくらいでしょうか。
OLYMPUS製品のRAW現像は初めてなので戸惑う部分や分かっていない部分もあるのだと思うのですが、それらを差し引いてもチョット使い辛いかな。

OLYMPUS Master 2 OLYMPUS Master 2 OLYMPUS Master 2 OLYMPUS Master 2 OLYMPUS Master 2 OLYMPUS Studio OLYMPUS Studio SILKYPIX Developer Studio Pro SILKYPIX Developer Studio Pro

※画像は左上から5枚目までがOLYMPUS Master 2のスクリーンショット、次のの2枚がOLYMPUS Studio(試用版)、最後の2枚がSILKYPIX Developer Studio Proのスクリーンショット。クリックで800x489pxの画像が開きます。


RAW現像で操作できるパラメーターはかなり制限があってカメラで設定できるのとほとんど変わらないので、細かく調整したい部分はRAW現像した後にもう一度OLYMPUS Master 2に持ち込んでやらないといけません。しかも品質を極力落とさないようにするためには12bit以上をサポートするTIFFで書き出しておかないといけないのでデータサイズも大きくなってハンドリングに難が出てきてしまいます。
これを解決するには「OLYMPUS Studio」という一つ上の有料ソフトを購入する必要があるのですが、試用版があったので試しに入れてみましたが多少の改善はあるもののやはり使いやすいとは言い難いものがあって中々厳しいですね。
RAWで操作できるパラメーターとレタッチ(つまりRGBマッピング後と言う事だと思いますが)で操作できるパラメーターが一緒になっているので、ここで一括操作して書き出すことができるのは手間が省けて良いですしレスポンスも多少は改善されているみたいで、傾き補正も搭載されてはいますが使いやすい機能ではありません。
特に不便なのは全てパラメーターを決定してもそれが保存されず、RAW現像モードから抜けたりアプリケーションを終了すると全てリセットされてしまう事。
後で「もうちょいホワイトバランスさわるか」とか思ってもできませんし、1枚1枚現像して行かないと不意のフリーズや誤操作による終了で作業が一からやり直しになる恐怖が常に付きまとって非常に使い辛いですね。

私の場合はSILKYPIX DS Proがあるので、それで問題がある場合やアートフィルターを使いたい場合だけMasterの方でTIFFを生成してそれをSILKYPIXやPhotoshop CSで仕上げるというワークフローが一番良い感じかな。
高感度のノイズ処理はSILKYPIX DS Proの方が良い場合とオリンパスの現像エンジンの方が良さそうな場合と両方ありそうなので(これはEOSの場合もそうでDPPを補助的に使っていますが)画像に合わせて使い分けて行こうと思っています。

SILKYPIXの場合は機能的にも画質的にも問題ありませんが、Early Preview版では樽型の湾曲周差が補正されていませんでした。しかし正規版では自動的に補正されるようで、ディストーションパラメーターを呼び出す手間も無くなり使い勝手が良くなりました。
EOS同様にメインの現像ソフトとして活躍してくれそうです。
ただ、当然ですがノイズ処理とシャープネスのかけ方など、EOSとはかなりかけ離れた設定を出さないといけなそうなので先ずはISO感度ごとの標準値を洗い出しておかないと。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。