ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ オリンパス・ペン E-P1 画質&アートフィルターレビュー

ファーストインプレッションに引き続き、OLYMPUS PEN E-P1の画質レビューとアートフィルターについてのレビューを少々。ISO感度別は後日掲載予定です。
1枚目は出かける時に何気なく撮った紫陽花。
17mmパンケーキレンズで寄れるギリギリくらいの近接ですが良く描画されているように思います。
解像感も非常に高いですし、暗部も良く色が乗っていて暈けの部分でも変なトーンジャンプは感じません。ハイライトも粘りながらも透明感を損なわない感じで好印象。
このサイズだと分かり辛いですが、水滴もしっかりしているし蕊もしっかり描き切っていて花びら(紫陽花の場合はガクですが)の透過光も綺麗に出ています。
コンデジなどとは明らかに違うレベルの画質ですね。
全て標準の設定で撮影していますが、若干コントラストや彩度、シャープネスは高めに設定されている印象でコンデジ寄りの味付けかも知れません。
ただ全て設定可能なので、素材としての画像が欲しい時にもしっかり対応してくれそうです。
近接

ダイナミックレンジも悪くはない印象。↓の画像は薄曇りの日に雲の切れ間から夏場の強い日差しが差すという条件的にはかなり厳しいシチュエーションです。
屋根の裏側が視認できる程度の露出に設定して、さすがに雲がかかっている空は白飛びしてしまいますが青空(といってもかなり白い)の部分は色が残っています。
もちろん富士フイルムのような特異な構造を持った撮像素子のようにはいきませんし、5Dmk2などと比べても良いとは言えない部分はありますが、コンデジとは比べ物にならないでしょうね。ハイライトからシャドーに急激に変わる部分にも滲みが出ませんし。
暗部ノイズという点では5Dmk2のようなノイズレスではありません。低感度でも暗部に輝度ノイズのザラつきが見られる画像もあって解像感も落ちてしまっている部分も見受けられますが、ベタ塗り感はさほど強くないので十分使えると思います。
Dレンジ


基本的な画質という意味ではコンデジとは明らかに一線を隔した画質であることは間違いありませんが、「高感度までトータルで見た場合EOS 40D/5D2などと比べてどちらを選ぶか?」と言われれば現状ではEOSの方を選ぶかもしれません。「KissDNとなら迷う」くらいかな。
ただ方向性自体が違うというのか、EOSはノイズは少ないですが全体に柔らかい印象で良く言えば「柔らかい」のですが悪く言えば「甘い・眠い」となりがち。
ノイズを減らしている代わりに解像感(というかシャープネス?)や発色とか色分離に関してはやや犠牲になっているかなと。画像によっては滲みや発色の悪さが気になる部分もあります。
E-P1はノイズ感は残っているのですが解像感も発色も非常に良くて、悪く言えば「ノイジー」で「固い」のですが良く言えば「クリアで切れがある」とう感じ。
特にISO100~200の低感度では非常に「切れ」のある描画をしてくれると感じます。
この低感度でならEOSと比べても被写体(求めるイメージ)に合わせてどちらを使っても良いかなと思えるくらい。
ISO400を超えると少しづつEOSに分があるように感じるという所ですかね。
LUMIX DMC-LX2の場合はコンデジとしては高い評価をしていましたが、画質的にはどの感度域でも「可能であればEOSを使いたい」と思っていたので大きな違いがありますね。


◆アートフィルター
さてここからはアートフィルターについて。
実際に撮影する際にはアートフィルターモードにすると制約が多くて、ライブビューで確認しながら撮れるという事以外にはなかなかメリットがありません。
その確認も表示にかなり遅延が出るフィルターもあるのでチョット使い辛いです。
RAWで記録しておけばパソコンに取り込んでから付属ソフトでフィルターを適用することもできるので、テンポ良く撮影したい場合にはその方が実用的かも知れません。
デジタル一眼レフやフィルムカメラで撮る時はファインダーのなかに見える画と実際に撮影される画像には大きな違いがあるので、自然とそれを頭の中でイメージして撮るわけですから、アートフィルターに関しても少し慣れれば同じようにしても問題無さそうなので、やっぱり撮影時の自由度とテンポを大切にしたいかな。

ポップアートというフィルターで、フィルムで言うとAGFA Ultracolorのような超彩度系の発色。
本当の(?)ポップアート的にするにはもっと階調を減らしたりとか後処理がいる気もしますが、仕上げ設定をVIVIDにして彩度を+2にしたよりも数段彩度の高い画像が得られます。元々彩度の高い被写体だと簡単にベタ塗りになりますが使い所によっては面白い効果です。
ポップアート

いわゆるソフトフォーカスのような効果です。
花や女性を撮る時には使いどころが多そうですが、表示はかなり遅延するし書き込みにかなり時間がかかるのでパソコンに取り込んでからの方が良いかも。
特に人が被写体の時は続けて取ろうとすると1枚撮るたびに「チョット待ってね」と言わないと行けなくなってしまうので、あまり実用的ではないかもしれません。
ファンタジックフォーカス

アートフィルターの中で最も気に入っているのがこの「デイドリーム」です。
低コントラストと低彩度に特にハイライトに強くシアン系が乗るのですがこれが良い感じ。
被写体はかなり選びますが積極的に使ってみたいフィルターです。
名前の通り白昼夢と言う感じにするにはオーバー気味の露出の方が良いかもしれません。
ホワイトバランスにもかなりイメージが大きく左右されるので注意が必要。
デイドリーム

デイドリームと同じくらい気に入っているのがこのラフモノクローム。
パッと見はノイズを加えてコントラストを極端に上げているだけのように見えるのですが、ハイライトと中間調とシャドーで複雑にトーンカーブがいじられているような感じ。
どんなものでも被写体として成立させてしまう力強さも感じますが、それだけに何にでも安易に使ってしまいそうで使いどころは慎重に選びたい効果ですね。
ラフモノクローム

これに加えてライトトーンと言うフィルターもあるのですが、ちょっとこれに合う被写体に出会う事が無かったのでここでは非掲載です。
アートフィルターはそのままでも素晴らしい効果ですが、これに加えてSILKYPIXなどで細かな仕上げやDxO FilmPackなどで仕上げをするとさらに素晴らしいものができそうです。


◆SILKYPIXでの現像
先日SILKYPIXが早々とE-P1に対応してくれたのですが、少しカメラ出のJPEGと高感度ノイズの感じも比較してみました。
まだ数枚しか現像できていないので何とも言えない部分はありますが、E-P1に搭載されている現像エンジンは非常にノイズ処置が上手いように感じています。
ノイズ処理とシャープのかけ方がEOSとはかなり違うので詰めが必要になりそうです。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。