ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ E-P1ファーストインプレッション

まず最初に手にとって感じたこと。
「イィ・・・(´・` )」でした(笑)
何だろう、何だか久しぶりの感触と言うのか、NikonのFM2を買った時とか初めて自分で買った車、AE86に乗った時とか、そういう時に感じた感覚。
最近買ったカメラでは感じる事の無かった感覚を覚えました。
直感的なものですがこのカメラは最高の相棒になってくれそうな気がします。
と言う事で、画質についてはまだ細かいところまで見れていませんが、操作系などについてのレビューと言うかファーストインプレッション的なものを。
LX2 E-P1 μ1030SW
↑は私の手持ちのコンパクトデジカメ。 左:LX2 中央:E-P1 右:μ1030SW


◆スタイル
このカメラのスタイリングは私にとって理想的と言っても良いです。
スタイルと言うのはデザインと言う意味ももちろんありますが、単純なルックスと言う意味ではなく「撮影スタイル」まで含めた「スタイル」です。
最初はEOSのサブ機として、今私の手持ちのカメラは5Dmk2、40D、KissDN、LX2、μ1030SWなどがあるわけですが、その中でもLX2に置き換わるカメラとして考えていました。
今のそれぞれの役割分担は↓のような感じ。
EOS 5D Mark II     風景・高感度撮影・夜景スナップ用
EOS 40D         動体・スナップ用
EOS KissデジタルN  旅用・上記2機種のバックアップ用
LUMIX DMC-LX2    街角スナップ・携帯用・サブ機
μ1030SW        水中や過酷な環境用・超携帯用

それがここにE-P1が加わることでそれぞれの役割がもっとハッキリしてくるという感じを受けています。置き換えられたのはLX2よりもキスデジかな(笑)
EOS 5D Mark II     風景・高感度撮影・夜景スナップ用
EOS 40D         動体用・オールマイティ
EOS KissデジタルN  上記2機種のバックアップ用
E-P1            スナップ全般・旅用
LUMIX DMC-LX2    携帯用・サブ機
μ1030SW        水中や過酷な環境用・超携帯用

こんな感じでEOSのサブというよりも完全にスナップのメインとしてシステムの中枢に(私のメインはスナップですからねw)加えようと考えています。もちろん今後のレンズラインナップ次第でもあるわけですが。
まぁ「困った時の40D」ってのは変わらないのですが(笑)
どんな被写体と出会うか分からない時は40Dは絶対外せませんが、その40DをカメラバックにしまっておいたとしてもE-P1でスナップできる機会は多いと思います。
先に東京や大阪に撮影行に出かける機会がありましたが、5Dmk2などを構えるのには気が引けるような場所でもLX2なら全く気になりません。(かと言ってLX2では画質や機能的に物足りなく感じる事も多々あるわけで)
実際5Dmk2や40Dに24-70Lなどを付けて構えるとその場の空気を変えてしまうというか、「何?」ってのが先に立ってしまうものですが、E-P1ならそんな心配も無い。
その場の空気の流れと言うのかそれを壊さない。
妻と結婚記念日にディナーに行ったって(滅多にゃ行かないけど)テーブルの上にポンと置いておける。(あっ!まだ買ったの内緒だから無理だ!w)
野暮じゃないんですよ、このカメラ^^
街角やお祭りなどのスナップにしたって拳銃突き付けられるみたいな一眼レフのレンズを向けられるより、コンデジの方が遥かに自然な風景や表情が撮れるのは経験済みなので、E-P1のようなスタイルのカメラの出番は非常に多くなる、相対的な出番と言うか撮影枚数はEOSより少なかったとしても貴重なポジションの存在になってくれると思います。
発表時から予感はありましたが、実際に手にして確信に代わりました。
コンパクトで威圧感がなく、且つレンズ交換などが可能な高いシステム性と機能。そんなスタイルのカメラの出現(再興)を心待ちにしていた気がします。


◆設定・操作系全般
まず初期設定をしていて非常に細かい設定ができるのに驚きました。
良し悪しは別として5Dmk2よりもメニューが細かくて、ピントリングやダイヤルの回転方向まで設定できるのは驚きと言うか感動でした。
使い慣れたEOSと同じ方向で使えるので混乱も少なくできます。
ダイアルはメインとサブの二つがあって、これにも機能を割り振れます。
例えばAモード(絞り優先)の場合、両ダイアル共に絞り値の変更用に設定しておくこともできますが、EOSっぽく上のダイアル(E-P1ではこちらがサブ)で絞り値の変更を、メインダイアルで露出補正をと言うように設定することもできます。
デフォルトの設定ではシャッターボタン横にある露出補正ボタンを押してダイアルを操作するというEOSで言うとキスデジ系と似たような操作になっているのですが、前記のように設定しておくと1アクション減らせるので非常に心地よいです。

メインダイアルは十字キーとしての機能も持っていて、ダイアルなのに押し込むとカチカチとクリック感があります。
慣れないとダイアル操作をしたいのに十字キーを操作してしまうのですが、これだけコンパクトな筐体の中に2つのダイアルと十字キーまで備えているとなると仕方のない部分かもしれません。しかしレリーズボタンもそうなのですが、もう少しクリック感を強くして誤操作を防ぐようにしても良かったのかなとも感じています。
ただやはり十字キー+2ダイアルというのは40Dや5Dmk2といったボディサイズの大きい一眼レフと同じですから操作性は非常に良いと感じています。
慣れればかなり良い操作系になりそうです。

操作性で一つ気になったのはAFエリアの選択が面倒だという点。
実は十字キーに直接呼び出すように設定もできるようなのですが、私の場合は90%が絞り優先モードでの使用で頻繁にアクセスする機能は絞り値の設定と露出補正、そしてISO感度の設定で、十字キーにISO感度の呼び出しが割り当てられてしまっているのでその設定にはしたくないんですよね。
メインダイアルに露出補正を設定したので、露出補正ボタンは現状で使わないわけで、それにISO感度設定かAFエリア選択の呼び出し機能を割り当てる事が出来れば、、、
もしくは十字キーの「AF」がAFモードの選択ではなくAFエリアの選択に設定できればベストなのですが、色々と試してみましたがそういう設定はできないようでした。

グリップ感はコンデジに比べれば遥かに良いですが、パンケーキレンズだとレンズを持つわけにもいかないのでもうちょっと前面に引っ掛かりが欲しいかなと感じます。
グリップの交換サービスなんてやってくれたら嬉しいですね。


◆フォーカス(AF・MF)
AFの速度は悪くないですね。合焦音が液晶の表示よりも早く聞こえるので最初はかなり違和感がありますが^_^;
AFエリアは少し広過ぎるかな。もっとピンポイントのAFエリアとか、11分割ではなくもっと細かい分割を選択できるようになると良いと思います。
マニュアルフォーカスは機械式のレンズのようなリニア感が無いので、まるでビデオカメラのフォーカスリングを操作しているような錯覚に陥ります。
本気でMFやるならMマウントなどのマニュアルレンズを検討したいところですが、AFの補助的に使う程度であれば十分だと感じました。
MFアシストも7倍と10倍の表示が選べて使いやすいですが、どうせなら3倍と5倍も入れて欲しかったですね。7倍になると何処を写しているのか分からなくなる時も(笑)
あと説明書に記載を見つけられなくて困ったのですが、S-AF+MFのモードの時にシャッターボタン半押し後にピントリングを操作するとMFアシスト状態になるのですが、そこから抜ける方法が分からなかった。
シャッターボタンを離せば抜けられるのですが、結局もう一度押しこむとAFが働いてしまうのでMFで合わせた意味がないのです。これもおかしな話で、AEL/AFLボタンの「AFL」はフォーカスロックの意味だと思っていたのですが、このボタンでフォーカスをロックすることはできないみたい。だとしたらAEL(露出固定)だけの表記で良いような、、、
シャッターボタン押さずにMFで合わせておいてAFLボタンでフォーカスロックしてレリーズってできれば分かりやすいんですがそれもできないですし、、、
まぁこの辺りは使い辛いと思った人が多く意見を上げればファームウェアなどで改善されていくでしょう。表記的にはバグのような気もするのですが、説明書にもAFロックの方法がシャッターボタン半押ししか無いというような記載があるので微妙です。
で、何だかんだと色々試してみて結局AEL/AFLボタンを押せば脱出できることが判明。でも常にシャッターボタン半押しでピントリングを操作しなくちゃいけないので指がつりそうw
この設定だとかなり使い辛いのですが、これがバグなのか私が説明書を読み落としているのか、、、誰かご存知の方が見えたら情報下さいm(__)m


◆ホワイトバランス
まだあまり多くは撮影していませんが、オートホワイトバランスは比較的安定しているように感じます。プリセットのホワイトバランスは好みに補正値を記録できるのも良いです。
R/BだけでなくG/Mも設定できるのでかなり詰める事ができます。


◆液晶・ライブビュー
液晶はそれなりに良いですが、5Dmk2の92万画素液晶に慣れてしまているとやはり荒さは目に付きます。しかし液晶のホワイトバランスなども設定できるし機能的には満足。
このカメラはライブビュー専用機と言う事で、液晶表示の美しさや詳細度、忠実性などの他に「追従性」というのが非常に重要になってきます。
その追従性に関してはもう少し頑張ってほしい所です。数値的な比較はできませんがパナソニックのGH1などはかなり良い印象があったので何とか。
しかし一般のコンデジと比較すれば格段に良いですし、このカメラの主な被写体を考えれば著しく不満だという訳でもないのですが、絞りやシャッター速度に変化があるとライブビューの表示に遅延が出て「カクン」と画が動くのは残念。
今後のモデルでは改善して行ってもらいたい部分です。

あとこのカメラには水準器が搭載されていて、ライブビューで水平を確認しながら撮影することができます。
さすがに感度はそれほど鋭くないというか大雑把な表示にはなりますが、キャリブレーション機能も備わっているのでかなり使えそうな機能です。


◆アートフィルター
そしてオリンパスと言えばやはりアートフィルター。このアートフィルターは素晴らしいの一言で、ライブビューでリアルタイムに確認しながら撮影可能です。
ただその際の表示の遅延が凄まじいのが難点、、、
アートフィルターモードにすると自動的に処理後のシミュレーション状態になってしまうので、処理の重いフィルター、特にトイフォトですが非常にもたつきます。
ファンタジックフォーカスも遅延しますね。それ以外のフィルターは殆ど変わらない程度だと思うので問題無いのですが、フィルターのシミュレーションをせずに液晶には通常の画像を写しておいて撮影後に処理するという設定があっても良いような気がしていて、E-P1の場合はライビュー専用なので特にそういう設定の必要性が高いと思います。
また、アートフィルターは仕上げ設定ではなくモードダイアルで設定されるので、露出モードがプログラムオートのみに限定されてしまい、カラーモードもsRGBに限定されてしまうのはちょっと残念で、仕上げ設定の一部にしてマニュアルや絞り優先AEでも使えるようにしてもらえると素晴らしいと思うのですが。
RAWで撮影してあれば普通に撮影後にカメラ内でアートフィルターを適用した画像を生成することもできますし、パソコンに取り込めば付属ソフトでも可能なようですが、一手間かかりますしこういうのはやはり撮影時に設定したいですからね。
素晴らしい機能だけに何とか適用範囲を広げて欲しいものです。


◆画質
まだしっかりと見れていませんが感覚的な部分も含めて少しだけ。
気になるISO6,400まで上がった高感度ですが、正直に言えばISO3,200以上はチョット使う気にはなれません。これ以上は常用よりは拡張設定の方がいいような気が、、、
しかしISO1,600までは素晴らしいと思います。EOSはかなりノイズレスだと思いますが像面サイズが大きく画素数の少ないEOS 40DのISO1,600と同じくらいには使えそうです。
ノイズはそれなりに残っているとは思いますが、ノイズ除去を強烈にかけたコンデジの高感度とは明らかに違う画質で、この辺りはさすが「一眼」って感じですね。
17mmパンケーキレンズとの組み合わせでは解像感も申し分なく、コントラストも高くてコンデジのようなフレアくさい感じは全くありません。
最高感度が上がって心配した発色も悪くないように思います。設定できるようにしただけでフィルター濃度などは落としてないのかも知れませんね。
ハイライトも良く粘る感じのわりに透明感を失っていないし、シャドーの色乗りも悪くないと思います。総合的な画質に関しては期待以上の印象。
詰めていけば気になる部分も出てはくるでしょうが、現状では大満足と言って良いかな。


◆付属品
付属品に関してはストラップはチョット使う気にならないですね^_^;
まぁ付属品なので仕方ないですがイメージには合いません。
非常にコンパクトなので肩掛けではなくてリストストラップで使ってみたいと思って探してはいるのですが、これもなかなかイメージに合うものが見つからないのです。
ストラップはチョット悩みどころですね。
後はバッテリーの充電器。
これがちょっと疑問なのですがコードが伸びてます( ̄▽ ̄;)
いや、家で充電する時は逆にその方が便利なんですよ。タップにも差しやすいし。
でも旅先に持って出かける事を考えるとコード付きは、、、
EOSもKissDN、40D、5Dmk2と折り畳み式のコンセントが内蔵されているタイプだったし、LX2もμ1030SWも同じだったのでてっきりそういう充電器が付属するものと思っていたのですが、オリンパスの一眼用バッテリーの充電器は全部コード付きなんですね。
一眼レフを持ち出すような時ならカメラバックも大型で余裕があるのですが、こういうカメラはこれ一台でも持ち出す機会が多いと思うし、その時にはコンパクトな装備だろうしということで、別売で良いので携帯用のコード無しタイプを発売して欲しいです。

あと私が購入したのは「オリンパス・ペン E-P1パンケーキキット」で光学ビューファインダーVF-1が付属していたのですが、これは何か微妙でした。
専用設計のはずなのにデザインがイマイチマッチしないというか、、、定価が17,500円もしているのに何だか作りも安っぽいし、、、メタルじゃないし、、、
ビューファインダー自体はあまり使う機会は無さそうですが、フォクトレンダーとかにある35mmくらいのビューファインダーを中古ででも探そうかと思ってます。
ストロボもそうですが、せっかく本体のデザインも質感も素晴らしいのでアクセサリーのデザインや質感にもう少し力を入れて欲しいですね。


◆その他
あとは細かい所ですがファイル名の付け方が厄介なんです。
オリンパスのカメラが全てそうかは分かりません(既に所有しているμ1030SWは同じでした)が、カラーモード、月、日の後に4桁の画像ナンバーが続くのですが、これがパソコンでのファイル管理の時に非常に厄介です。
EOSの場合は単純に「IMG_0001」となってくれるのでこの「IMG」をカメラ名に置き換えれば簡単にリネームできたし撮影順に画像が並んだのですが、例えば今日7月3日だとすると「P7030001」となってしまい、例えば来年の正月に撮ったファイル名は「P1010001」となってしまうのでこちらが先に表示されてしまいます。
最近のWindowsはEXIFデータの撮影日順に並べてくれる機能もあるのですが、ファイル数が多いと非常に長い時間がかかりますしあまり実用的ではありません。
一応ファイル名を編集する機能もあって「月」の所を任意の数字かアルファベットに置き換える事もできるのですが、結局「日」がその後に続いてしまうので同じこと、、、
高機能のリネームソフトを持っていますので「最初から何バイト目までを置き換える」というリネームもできるので何とかなるとはいえ、ちょっと面倒です。
せっかくファイル名を設定できるのであれば0埋めの桁数とか日付などはファイル名に含めないようにするだとか、そういう設定ができると便利なのですが。


◆まとめ
と、まぁ細かい部分では気になるところも有るのですが、ひとたび撮影に出てしまえばそんな細かい所はどうでも良くなってしまうというのか、シャッターを切っても小気味良いですし手にズッシリとくる重量感(重さって意味じゃなくね)やカッチリとした剛性感、背面の一部やレンズ、アクセサリー類に樹脂部分があるのは残念ではありますが、それでも手に触れるボディの金属外装の質感は持つだけで満足感を与えてくれます。

写真と言うのはやっぱり感性のものですから道具も感性に合ったものが良いというのか、高機能・高性能とか利便性とかそういうのももちろん大切なのですがそれ以上に大切なものがあるというのか、このカメラは昔のカメラにあった「何か」、今のカメラが失ってしまった、あるいは失いつつある「何か」を持っているような気がしてしまいます。
ちょっと大袈裟かもしれませんが(笑)
ただ、最近のカメラって「このカメラで撮りたい」っていうのが少ない気がしていて、「この条件を満たしたカメラならどれでも良い」みたいな感じで高スペックのカメラが出るたびに次々目移りしてしまうというのか、、、そんな感覚が付きまとっていました。
FM2など結構ハードな使い方をしてボロボロなのですが未だに大事にとっているし、いつ使うのかも分からないのにたまに磨いちゃったりもしてます。
クラシックな風貌もあるのでしょうが、E-P1ってカメラには何だかそんな魅力があります。
このカメラだと今まで被写体で無かったもの(してこなかったもの)が被写体になるというのか、何故だか分からないけどそんな気がしていて、初めて自分のカメラを買った時のようなワクワク感、どうしようも無いような高揚感を覚えています。
久しぶりにカメラ抱いて寝ました(笑)

★E-P1基本スペック
レンズ 交換式(マイクロフォーサーズマウント)
撮像素子 有効1,230万画素 4/3型LiveMOS
モニター 3.0型23万画素液晶
注目・特徴 ボディ内蔵式手ブレ補正、ゴミ対策
秒間3枚連写、アートフィルター

★ニュースリリース     OLYMPUSニュースリリース

★最安値をチェック     オリンパス・ペン E-P1
※発表から間もない時期は検索にヒットしない可能性があります。

★カカオのお薦めショップはこちら、勝手にランキング・デジタルカメラ編はこちらです。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

下で購入理由も拝見しましたが、全く同感です。
私は、新製品新発売時購入は、EOS20D以来、5年ぶりです。カメラを抱いて寝られたというお気持ち分かります・・・
役割分担も似ています。スナップだけでなく旅カメラとしても楽しみですね。
私は、以前、「現在(当時)の、E-410から、ミラーやフラッシュやファインダーやペンタ部を省いて、超小型のペン・デジタルを出して欲しい。」と言っていましたが、当時、「フランジバックが決まっているので無理」「テレセントリック性の原理を判っていない」と散々言われました。
今、その夢を実現していただいたので、私も飛び付いてE-P1を購入しました。
アダプターでいろいろレンズも使えますしね・・・
マイクロフォーサーズとフルサイズをお持ちとは、羨ましいです。ある意味、理想的ですね。
私は次はフルサイズなので貯金を再開しました(笑)

★ 模糊さん、こんばんわぁ♪
おぉ~、模糊さんもE-P1購入されましたか^^
ツインレンズキットなんですね。私はパンケーキキットにしました。
現状でレンズ交換できる意味無しです(笑)

デジタル黎明期とは違いE-410の頃までくれば技術的な革新も多く
あって、テレセン性などよりも優先できる事が多くなったのでGH1や
E-P1のようなカメラのイメージが出てきてもおかしくないですよね。
GH1のズームレンズなどではテレセン性悪化の影響が感じられなくも
ない(レンズ設計そのものの影響かも知れませんが)サンプルも
多少見受けましたが、少なくともこの17mm単焦点では無視しても
良いというか、その影響よりも享受できるメリットの方をとりたいと思える
レベルになっていると思います。

次はフルサイズですか。楽しみですね^^
私は次は何に行くんだろうなぁ?中判デジだけは避けたいところです(笑)
でもペンタの645が気になって気になって^_^;
現実的にはさすがに中判には手が出ないでしょうが、大きい方も小さい
方もこれからのデジタルカメラの発展が楽しみです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。