ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 僕がE-P1を買った理由

今朝、カメラ屋から予約していたE-P1が入荷したとの一報が入ったので早速購入してきました。レビューは後日として先ずは私がE-P1を買ったわけを。

実は街角スナップのような使い方に5Dmk2や40Dなどの一眼レフは大仰で人目も引いてしまうしスマードじゃない。かと言ってコンデジ、たとえLUMIX DMC-LX2などのような拘りのコンデジでも物足りなさを感じてしまう事も結構あります。
フィルム時代は像面は35mmフルサイズと同じか小さくてもAPS-Cくらいはあり、比較的拘ったボディのコンパクトモデルも多かったのですがデジタルに移行してからこのジャンルが廃れてしまったという思いが根強くありました。
そういう意味で満足のいくコンデジの無い中、興味は自然とレンジファインダーに。
さすがにLeica M8などは手が届きませんが、エプソンのR-D1などを本気で購入しようかと考えていたのです。ただR-D1はレンジファインダーのなかでも大柄なんですよね。
最近になってシグマのDP1やDP2などのように大型撮像素子を搭載したコンパクトデジタルも登場してきましたが、サンプルなどを見ている限りFOVEON X3はベース解像度の450万画素程度では素晴らしい発色を見せるものの画素ずらしをした1400万画素では発色などにかなり癖があって二の足を踏んでいました。

そこに登場したオリンパスのマイクロフォーサーズ(MFT)モックアップは一目見ただけで私の心を鷲掴みにしました。なにしろレンズ交換式なのです。
DP1などもかなり心踊らされたのですが、やはり単焦点の固定レンズと言うのは厳しいというのか、DP1とDP2の2台を持てばそれなりに幅広く楽しめそうですがそれでも28mm付近と41mm付近の2種類ですから使い方が限定されてしまいますしね。
2台持ち歩くというのもこういうカメラでは何だか違う気もしますし。
なのでフォーサーズと同じ像面積を持つレンズ交換式のそのカメラが実際に製品化されたらどんなものになるのか非常に気になっていました。
オリンパスにはペン(PEN)というコンパクトカメラ、しかもペンFはレンズ交換式でしたから、そのテイストのカメラが出てくるのではという期待もありました。

そして実際の製品の発表。
ハッキリ言ってそのスタイルとスペック、そして多種多様なレンズへの対応に心底惚れてしまいました。だって自社のズイコーフォーサーズやOM、同じくフォーサーズのパナライカはもちろんMマウントやLマウント、M42マウントなんかもアダプター経由で使える。
絞りリングのあるレンズなら一眼レフ用からレンジファインダー用までほとんどすべてのレンズが使えると言っても過言ではない上に、このクラシカルな風貌ですからクラシックレンズへの物欲も沸々と湧いてこようかというもの(笑)
しかもそれが手ブレ補正効いて使えちゃうんですよ!
まぁ実際にそれらに手を出すのは予算的にも情報、知識的にもまだしばらく後の事になるかと思いますが、M ZUIKOの今後のレンズラインナップも非常に楽しみです。
今は34mmの1本だけですが、コンパクトなパンケーキレンズで24mm、50mm、85mm程度になるものが出てきてくれたらかなり魅力的なシステムができそう^^

マイクロフォーサーズの規格が発表されたときだったかオリンパスのモックアップを見た時だったかに「デジタル時代のレンジファインダーとなるか?」みたいな事を書いた記憶があるのですが、それは現状で唯一と言って良い複数メーカーが共有するマウント規格を持ったフォーサーズを意識と言うか讃える、応援する意味でもあったのですが、オールドレンズなどがこれだけ使えるだけでも「デジタル時代のレンジファインダー」としては及第点ですしね。
ライカがマイクロフォーサーズにも賛同して、今はパナソニックのマイクロフォーサーズレンズはライカブランドの無いLumix Gレンズだけですがここにもパナライカを入れてきて欲しいなぁ、、、ツァイスとかも出さないですかねぇ、、、出さないかなぁ(笑)

とまぁ、現物の満足値も然る事ながら期待値がでかいんですよね。
僕がE-P1を買った理由、それは自分が欲しいと思っていた現状のコンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフの隙間を埋めるポジション、往年のスタイルの復興とオールドレンズへの憧れ、そして将来的なマウント規格の発展性への期待感という「現在」と「過去」と「未来」の全てを繋いでくれているように感じたからなんです。

パナソニックのDMC-LC1とかDMC-L1とかの発展にもかなり期待はしていたのですが、生産終了して後継機の発表は全く無い(LC1はLXに流れて行ったというか統合されたという見方もできますが)ですしね( ̄▽ ̄;)
まぁL1はミラーがあるので厚みが8cmとM8やE-P1の倍以上ありますから、手持ちのデジタルカメラ、特にキスデジ何かと比較してもコンパクトなわけではないですからね。
しかしL1やLC1のスタイルを出していたパナソニックの方にE-P1のようなカメラというか「LXのレンズ交換できる版」のようなカメラの登場を期待していたのですが、G1の発表で少しガッカリ、GH1の発表で「あぁ~、そっち系かぁ~」と落胆した所に思いがけずオリンパスから、しかもPENの名を冠したカメラが出てくれるとは。
本当に嬉しい誤算でした^^
でもパナからもこのスタイルのカメラが出てくれるんじゃないかと期待はしていますよ。ついでに言えばNikonのSとかCanonのVILとかCANONETとかMINOLTAのHI-MATICだってコシナやリコーにだってレンジファインダーやPENみたいなカメラはあったわけで、他のメーカーもマイクロフォーサーズじゃなくても良いかもしれませんが数社で共同マウント規格を立ち上げてミラーレス一眼作ってみたりとか言う流れになりませんかね。ならないでしょうね(笑)

ちょっと話が横道にそれましたが、明日以降にはE-P1のレビューが載せられると思いますのでご期待下さい。(いや期待せずにお待ち下さい^_^;)

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

こんにちは。

E-P1。
Photo Festa 内容などを見ると、若い女性をターゲットにしている様ですが
会場に集まった人も購入している人も、以外やマニアックな中年が多いみたい。

シングルヒットを狙ったのに、意外と打球が伸びてツーベースみたいな ^^

★ hideさん、こんばんわぁ♪
いやいや、意外とホームラン狙いかも知れませんよぉ(笑)
マイクロフォーサーズ規格が発表された時はムービーと一体にしたい
パナソニックが強引に推し進めたのかとも思ったのですが、PENの
ブランドを復活させちゃうあたり、実はオリンパスの方が力を入れて
いたのかも知れませんね。
多分この手のデジタルカメラを待ち望んでいた人は多いと思いますし、
性別や年代に関わりなく惹かれるものがあると思います^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。