ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ プロから見たムービーデジ一眼ランキング

最近発表される新型の一眼モデルには続々と動画機能が搭載されています。
一応動画に関してはプロの端くれということで、期待値も含めてランキングを。
(リンクをクリックすると楽天市場で最安値を検索できます)

☆第1位 Panasonic LUMIX DMC-GH1
現状で本当の意味で一眼ムービーと呼べるのはこの機種だけでしょう。AVCHD形式での記録が可能でマニュアル露出はもちろんレンズによっては追尾AFも可能にしています。
フルHD記録時には方式は60iでの記録ながら内部的には24Pなのでパラパラ感はありますが、1280×720時には60pで記録できるので動きの速い被写体にも対応できます。
また連続撮影時間にも制限がないので、メディア容量さえ確保できれば長時間の連続撮影も可能です。動画にとって非常に重要な音声についても一歩先んじています。
撮像素子が小さい分だけ「暈け量」という点についてはAPS-Cやフルサイズのカメラには及びませんが、フォーサーズ用やライカMマウントの単焦点レンズなどには非常に明るいF値をもった大口径で暈け量の多いレンズもあるので然程問題無いでしょう。
ライブビューやEVFの追従性が高いのも動画にとっては大きな魅力です。


☆第2位 Canon EOS 5D Mark II
現状で唯一の35mm判フルサイズの撮像素子で動画撮影が可能なカメラです。
その魅力はやはりボケ量の多さと圧倒的な高感度でしょう。
またシフトレンズなども含めて交換レンズが非常に豊富なのも魅力です。
当初はマニュアル露出すらできず運用面で多大な不安がありましたが、ファームウェアのアップデートによりマニュアル設定は可能となりました。
フォーカスや音声の問題、モニターの問題などクリアしなければいけない点も多くありますが、工夫次第では他では得られない映像表現の可能性を秘めています。
記録はH.264で可能ですが記録画質に関わらず30Pとなるので動きのある被写体は苦手です。記録時間もフルHDで12分までと制限があります。


☆第3位 オリンパス・ペン E-P1
フォーマットや記録時間などには難がありますがスチルで評判の良いアートフィルター使った動画表現に期待が高まります。まだ実際の映像を見ていないので何とも言えない部分が多いですが、期待値という事で。


☆第4位 PENTAX K-7
コーデックがMotion JPEGなのは残念ですが外部マイク端子も備えているし露出変化を滑らかにしているそうなのでこちらも期待値は高いです。
雅(MIYABI)で色々な被写体を撮ってみたいですね。

☆第5位 Canon EOS Kiss X3
H.264で記録可能ですが5Dmk2とは違いマニュアル露出には非対応です。


☆その他 Nikon D90、D5000など
ランキングという事で一応順位は付けましたが3位以下はどれも横並びというか、まだ比較する段階にはないという印象を持っています。
ニコンは1280×720で5分間24Pの撮影が可能です。他の解像度でも全て24P。
基本的には露出も安定していないし機能的にも低いし圧縮効率の悪いコーデック(Motion JPEG)を使用しているし音声も悪いという事で完全に「おまけ」機能という感じです。
PENTAXのK-7やオリンパスのE-P1にも続々と動画機能が搭載されていますが、仕様を見る限りではやはり「おまけ」機能の域を脱していないという感じ。
EOS Kiss X3もH.264で記録可能とはいえマニュアル露出ができませんし。
各社とも「ライブビューを搭載しなくては売れなくなったから、どうせ載せるなら動画記録もできるようにしておくか」という本音が見え隠れしている感は拭えません。
ただオリンパスのアートフィルターなどをはじめ各社ともビデオカメラの描画とは違うフィルムライクな画作りなど楽しみな要素も多くあるのでこれからに期待です。


オマケの話
現状で(個人で)一眼ムービーを使いたい、楽しみたいと考えた時に現実的な選択肢はパナソニックのLUMIX DMC-GH1だけでしょう。
5Dmk2はカメラマンとは別にフォーカスマンなどのアシスタントを置かなければ実用的な運用は難しく、例えば映画同好会のようなところで使うのであれば良いと思いますが個人で持ち出してスナップ的な撮影に使うのは(超広角で絞りこんでパンフォーカス的に使えば使えない事も無いでしょうが魅力も薄れますから)現実的ではありません。
その他で紹介したカメラなども機能制限が多く現行でビデオカメラと置き換えるような使い方は望むべくもありませんが、GH1の売れ行きなどが良ければ各社機能の充実、動画撮影用レンズの開発などにも力を入れてくるかも知れません。
個人的にはスチルカメラの開発予算を動画機能に1円でも割くというのは未だに受け入れ難いものがあるんですけどね。頭が固いんでしょうけど^_^;
なので餅は餅屋ってことで一眼レフに動画機能が搭載されるのは好ましく思っておらず、こうした映像表現に多くのニーズがあるというのであればビデオカメラ側の進化として大型撮像素子搭載モデルなどを開発して行って欲しいという思いはありますが、世の中の流れとしてスチルカメラとムービーカメラの境界が無くなっていくという方向であるのであれば中途半端な機能ではなく実用的な機能として育って行ってもらいたいものです。

そういう意味でGH1は現状での一つの答えを出しているカメラだと思います。
後はその他のメーカーがどのように追従するのか、それとも全く別の路線を見出すのか。楽しみというか不気味なのはソニーでしょうかね。
動画とスチルの両方の技術を持っているメーカーとしてはキヤノンを筆頭にパナソニック、そしてソニーがミノルタを吸収したことでそこに入ってきたわけですが、キヤノンの5Dmk2もGH1に比べれば機能的に問題点が多く未熟な印象が強いとはいえ一つの答えとまでは行かなくても方向性は打ち出していると言えるでしょう。
その中で沈黙を守っているソニー。
「動画機能を搭載するという検討はあった」という中で載せてこなかっただけにシッカリとした機能を作り込んでから搭載する予定なのか、大きなシェアを持つハンディカムというブランドを持っているだけにキッチリと住み分けをしていくつもりなのか。
意外とαブランドでは動画機能を出さずハンディカムでレンズ交換式のAPS-Cサイズの撮像素子を搭載したモデルなんかを出してくるかも。根拠のない予想ですが(笑)
独自路線が好きなソニーですから意外と的外れぢゃないかも^_^;
PMW-EX3やZ7Jなどを3板式から単板式の大型素子にしたモデルを併売するという選択肢はありそう。もう少しリーズナブルなモデルでとも思いますが。
何にしてもこの一眼ムービーというジャンルは楽しみも多ければ不安も多いというか、、、色々な意味で見守っていきたいジャンルではありますね。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。