ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ パナソニック、同社初のタフネスデジカメ「FT1」を発売

Panasonic(パナソニック、旧松下電器産業)は同社のコンパクトデジタルカメラLUMIX(ルミックス)シリーズで初となる防水・耐衝撃のタフネスモデル「LUMIX DMC-FT1」を3月6日に発売予定です。また、同ルミックスシリーズで他に6機種も今春発売予定。

◆LUMIX DMC-FT1
FT1はパナソニックでは初となるボディ単体での防水性能と1.5m落下テストをクリアした耐衝撃性能を持ったタフネスデジカメです。
このジャンルではOLYMPUS(オリンパス)のμTOUGHシリーズ(元μSWシリーズ)が代表格で、それに次いでPENTAX(ペンタックス・ペンタクス)のOptio(オプティオ)Wシリーズがありましたが、FT1は3m防水と1.5m落下テストクリアということでμTOUGHシリーズの下位モデルμTOUGH-6000と同程度のタフさが期待できます。
他のスペックも現行のμTOUGHシリーズとよく似ています。
私もμ1030SWを所有していますが、このタイプのデジカメは非常に楽しいのでこのジャンルがどんどん盛り上がってくれると良いですね。
パナソニック製デジタルカメラとしては初の屈曲光学系を採用しているのにも注目したいところです。ライカ公認の屈曲光学系というのにも興味がありますし。
また顔認識を発展させた個人認識という機能も搭載されています。どの程度の精度が期待できるのか分かりませんが、子供を撮る時などは重宝しそうですね。

★FT1基本スペック
レンズ 光学4.6倍 28~128mm(35mm換算) F3.3~F5.9
撮像素子 有効1,210万画素1/2.33型CCD
モニター 2.7型23万画素液晶
注目・特徴 カメラ単体で水深3m防水を実現、顔認識・個人認識
落下テスト1.5mに耐えるタフネス、光学手ブレ補正

★ニュースリリース     Panasonicニュースリリース

★最安値をチェック     LUMIX DMC-FT1
※発表から間もない時期は検索にヒットしない可能性があります。

★カカオのお薦めショップはこちら、勝手にランキング・デジタルカメラ編はこちらです。



◆その他今春発売予定のLUMIXシリーズ
他にも広角25mmからの12倍ズームを搭載したLUMIX DMC-TZ7、正統派コンデジのフラッグシップLUMIX DMC-FX550をはじめ、低価格モデルのFSシリーズやLSシリーズなどもモデルチェンジしています。
TZやFXでは顔認識を発展させた個人認識が可能になっている以外はTZが25mmから使えるようになったことくらいしか目新しい変更がありません。
光学手ブレ補正と広角対応、大きな液晶などでデジカメブームをリードしてきたルミックスシリーズですが、今後のムーブメントはどこに行くのか。
タフネスというのもある程度は支持を得そうな気がしますが、高感度や画素数も消費者はもう飽きかけてきているでしょうし、カメラ本来の操作性や画質という部分に立ち戻ってくれると個人的には嬉しいのですがそれは少数派な気がしますし^_^;
広角も24mm相当以下というのはかなりパースや歪みがきつくなって特殊レンズの範疇に入りそうですし、望遠側もコンデジで300mm以上を期待する人は少ない気がします。
顔認識や動体認識といったデジタル的な要素は色々なバリエーションやオプションの発展が期待できるでしょうが、現状で光学手ブレ補正のような圧倒的な便利さを提供するものでは無いですし、緩やかに発展していく機能な気がします。
だとすると何があるんでしょうねぇ???昨今の不景気の影響で開発が下火になってそのままデジカメブームの終息、各社カメラ事業部署の規模縮小なんてのはあまり歓迎したくないので何か購買意欲を掻き立てるような画期的な機能が出てきて欲しいですね。
しかしLX3のように古株のカメラメーカーですらできなかった「画素数据え置き」を、いくら「売れるから」と言って安直に画素数を増やさないという勇気ある選択をしてくれたカメラも作ってくれたパナソニックですから、カメラ本来の性能を購買意欲につなげるという戦略も期待したいな、個人的には。難しいでしょうけどね。がんばれパナソニック!(笑)

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。