ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ EOS 5D Mark II人物描画テスト

チビ達の七五三の時に5Dmk2を持ちだしたので、少し意地悪なシチュエーションも試してみました。ここで紹介するのはその中でサイドからの夕日が顔の一部を照らすという中々にやっかいなシチュエーション。ハイライトが飛びきらないようにアンダー気味に撮ってます。
レンズはEF50mm F1.4 USMで設定はF2.0、1/400、ISO200、WBオート、高輝度側・階調優先する、ALOしない、ピクチャースタイル・スタンダードです。
ただ私はポートレートなどをメインに撮っているわけではないので、その辺りは差し引いて参考程度に読んでやって下さい。

EOS 5D Mark II人物描画
先ずはカメラ内現像のJPEGから。高周波部分のディティールが出てこないのとシャープが強くかかっていてエッジが目立つことなどはEOS 5D Mark II vs EOS 40D 画質対決レビューで紹介したの同じ印象です。
今回はピクチャースタイルを使い慣れたスタンダードにしましたが、ポートレートなどにすればもう少し柔らかい描画になるかも知れませんね。
色味としては暗部ややグリーンに寄っていて中間調やハイライトにマゼンタがのっている感じか。ハイライトは非常に上手く描画していると思います。
ただ、髪の毛の暗い部分や瞳はやや潰れ気味かも。
全体としては上手くまとまっていて、特別気になる部分などはない感じです。

EOS 5D Mark II人物描画
次は汎用RAW現像ソフトのシルキーピックスに読み込んで、初期設定のまま現像したもの。「え???」と思うくらい色味も何もかも違い過ぎますね。
初期設定ではコントラストなどがかなり弱めになっているので全体に眠いですが、色については元データってこんなに黄色いんだなと言う感じ。
私の持っているカメラでは5Dmk2>40D>KissDNの順で新しい機種になるほどこの傾向は強く出るのですが、何か意味があるのでしょうかね?
ハイライトはかなり盛大に飛んでいます。
DIGICでは非常に巧みな処理がされているようなのですが、汎用RAW現像ソフトなどで5Dmk2の画像を開くと高輝度で高彩度の部分などは特にかなり厳しい。
逆にこの状態から読み出せるDIGICって何?(笑)

EOS 5D Mark II人物描画
今度はシルキーピックスでDIGICの描画に近付くように設定。
中間調やハイライトはかなり赤やマゼンタの成分を足さないと色が近付きません。なので暗部がカメラ内現像の画像に比べてかなりマゼンタがかっています。
そしてハイライトのトーン。
シルキーピックスのハイライトコントローラーはかなり詳細に設定できるのですが、DIGICのようなハイライトにはなりませんね。この画像でもかなり大きくDR拡張しているのですが、それでもシルキーピックスの方がハイライトが飛び気味に感じます。
しかしトーンなどはどちらかと言えばシルキーピックスの方が自然に感じます。DIGICはかなり無理やりなハイライト処理をしている感じ。
これは花や葉を透過光で狙った時にも良く感じます。上手く処理しているとは思うのですが、少しやり過ぎ感もあるという感じですね。
高輝度側・階調優先は汎用RAW現像ソフトで現像することを考えればONにしておきたいですが、カメラ内現像やDPPなら通常はOFFの方が自然かもしれません。


私は人物を撮るのであれば解像度はそれほど必要とは感じないので2,110万画素は全紙に印刷することを想定しても明らかにオーバースペックですし、子供を撮るには5Dmk2は少し鈍重なカメラなので明るい環境では40Dがベストマッチだとは思いますが、画質面では低感度では(カメラ内現像のJPEGは別として)40Dと同等、高感度では明らかに良いので暗い環境でレスポンスが悪くても大丈夫な撮影なら積極的に使っても面白そうです。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。