ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ EOS 5D Mark II発売日決定!新しい詳細レビューも

Canon(キヤノン・キャノン)の普及型35mmフルサイズセンサー搭載デジタル一眼レフカメラの「EOS 5D Mark II」の発売日が11月29日(土)に決定しました。
後8日で手に入る、、、割り当てが十分ならですが^_^;
また、新しいレビューも出ていましたので一緒にご紹介です。

【新製品レビュー】キヤノン「EOS 5D Mark II」(デジカメWatch)

作例としては色々と問題ありな部分が結構ありますが、それを差し引いてみても参考になる部分が結構あります。特に紅葉をピクチャースタイル別に撮り分けてくれているのは気に無ていた部分のチェックにかなり役立ちました。

高画素化される昨今のデジカメで特に気になっている部分というのは、高輝度で高彩度の部分の表現力。単純な明暗差の許容量という意味のダイナミックレンジは低画素機でも高画素機でもそんなに差が無いように作られているようですが、こうした部分、特にベイヤー配列で素子数の少ない赤や青の高輝度高彩度部分では気になる発色やトーンの繋ぎが見受けられる部分が多いですし、シャドー部も「潰れてはいないけど階調はあまり残っていない」というような現象が良く見受けられます。
これらは高感度に対応させることで、オンチップノイズリダクション(撮像素子に搭載されたNR回路)の掛け方が強くなっている(想像ですが)影響もある部分だとは思いますが、画素数なりにかなり頑張っているとは思いつつも少し気になります。
感覚的な言い方になりますが「透明感」とか「立体感」、「空気感」などと良い表わされるものはそうした部分の性能が大きく左右してくるのではないかと思います。
彩度の上がるピクチャースタイル「風景」では紅葉の中間調はまだ頑張っていますが、高輝度やシャドーの部分ではかなり厳しそう。
ボート乗り場のハクチョウなどは、レンズの収差の影響もあるでしょうが(しかしなぜ解放で撮っているのか^_^;)それにしても立体感に薄い描画です。
後は遠景などの樹木が非常にモヤモヤとして解像感が悪くなっている点。
ちょうど使用レンズが私も使っている24-70mmF2.8Lと70-200mmF2.8Lという事もありますし、画素ピッチ的にはKissDNと同じなので比較しやすいのですが、これに関してはKissDNの方がかなり良く見えるので、画像処理アルゴリズムに何かしらの問題があるのでなければ高感度対応にさせた弊害なのかもしれません。同画素数の1Ds3のサンプルではこれが気になるような事は無かったと思いますが、どういう理由なのでしょうね?これでは2,110万画素にした意味が薄くなってしまうような気もします。

感度別作例で人物を撮っているのが興味深かったのですが、何故か絞りを変えて撮っているので参考にし辛い部分があります。ストロボをマニュアル発光させるとかでF8~11くらいで撮れなかったんでしょうか?ISO100では解放でピント位置も良く分からないしで参考にならず、ISO6400の作例ではF22まで使ってしまっているので回折現象による解像度の低下とノイズリダクションによる解像度の低下が分離し辛く比較し辛いですね。
しかし人物で感度別作例を撮っているのはあまり見かけないので、中感度域のISO400~1600くらいの変化はかなり参考になります。
そういえば動画に関しては全く触れられていませんね。文章を読むと試してはいるようですが、作例を上げないのはあまり良い画が撮れなかったからでしょうか?(笑)

5Dmk2の方向性としては高画素化&高感度化という、言い方は悪いかも知れませんがコンデジのような方向性になってしまって個人的には少し残念で、5Dの系譜としては高画質化を一番に考えつつ5Dユーザーから不満の多かったレスポンスやAFなどの基本的なボディ部分の改善がもう少しあると良かったと思いますが、それでも高画素で高感度でもこれだけの画が撮れると言うのは高く評価したいと思います。
低感度での画質は初代5Dや初代1Dsの中古購入などを視野に入れるとして、5Dmk2の強みであるそうした部分を上手く引き出せるように使ってみたいですね。

★Canon EOS 5D Mark II基本スペック
レンズ 交換式(キヤノンEFマウント・EF-Sには非対応)
撮像素子 有効2,110万画素35mm判フルサイズCMOS
モニター 3.0型92万画素液晶
注目・特徴 DIGIC IV、撮像素子のダスト除去機能
顔認識ライブビュー機能、フルHD動画撮影
9点(中央クロス)+6点アシストAF

★ニュースリリース     Canonニュースリリース

★最安値をチェック     EOS 5D Mark II
※発表から間もない時期は検索にヒットしない可能性があります。

★カカオのお薦めショップはこちら、勝手にランキング・デジタルカメラ編はこちらです。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。