ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ EOS 5D Mark IIを触ってきました

先日、名古屋に用事があって出かけたので、伏見の名古屋インターシティに11月5日にオープンしたばかりのキヤノンプラザ名古屋へ行ってきました。
もちろんお目当ては発売前のEOS 5D Mark IIを触ること。予約もしていますし。
残念ながら試作機でデータの持ち帰りはできないと言うことでしたが、やはり実際に触ってみると色々と見えてくる部分があります。
先ずはボディですが、ファインダーはかなり良くなった印象があります。ちょうど隣に1Dsが並んでいたのですが、さすがにこれと比べてはかなり見劣りがしますが「悪くない」という印象で初代5Dとは比べなくても「良くなったんじゃない」と思えるほど。
ただα900のファインダーがあまりに印象的で、フルサイズデジタル一眼レフのファインダーではα900>D3=1Ds>5Dmk2>D700って感じでしょうか。内蔵ストロボがあるD700は別としても、あの価格帯でα900のあのファインダーは反則でしょう(笑)
しかし98%の視野率というのはかなり良いですね。実際に撮ってみて液晶で撮れている範囲を確認しても、よほど意図的にファインダーの隅に目印的なものでも配しておかない限りは記憶との誤差は皆無と言っていいほど。

そして気になるシャッターフィーリングなどは、、、これは予想以上に良くないです。試作機だからなのか触った期待がそうだったのかは分からないのですが、厳しい。
レリーズボタンの動きや反応は悪くないです。これはなかなか良い。ミラーショックはそれなりに大きいものの、中級機としては「まぁこんなもんか」って感じで許容範囲。
レスポンスは予想どうりでキスデジに近い印象。特にファインダー像消失時間の長さは現行の1D系と比べると0.065秒、40Dなどと比べても0.045秒も長いので、比べなくてもかなり長いのが分かると思うのですが、やはり動体を追い回すような使い方はしようとは思えない感じですね。残念です。

ちょうど訪れた日は5Dmk2のパンフレットが出来上がった日だったので貰ってきたのですが、1ページ目に「風景のすべてを受けとめるために。」ってコピーが、、、ティザー広告で「すべてを受けとめるために。」なんて出していたので、てっきりボディをきっちり作り直して風景以外にも使えるカメラにしてくれるのかと思ったらこんな落ちですか(笑)
パンフレットも割り切ってというか、サンプルに使われている画像は全て風景、、、お~い、風景専用カメラなら初めっからそう言ってくれい└( ̄o ̄;)

あと気になったのはシャッター音というか動作音。これは好みとかではなく何となくギクシャクしたような音がしてるんですよね。何でだろ?試作機だからかな?
それは個体差なのか何なのか分からなかったのですが、音質的にはそんなに悪くない印象でした。キスデジの「シャキーン」というような違和感もないですし、40Dのような「パコパコ」というような軽い感じでもなく、どちらかと言えば1D系に近い音質に感じました。でもその「ガジョリ」というような音が混じるのでそれがチョット。。。
その機体だけのものであることを願いますが^_^;

AFも予想通りというか、中央点以外がクロスで無いので意図的にセンサーが感知しやすい方向と逆になるような部分を持ってくるとやはり合い辛い。
9点クロスの40Dに慣れてしまっていると、40Dの方が遥かに使いやすく感じてしまいます。アシスト6点も付いているのですが、これはサーボAFの時だけに効いてくるもので、風景専用と自ら位置付けてしまった5Dmk2にメリットあるの?と思ってしまうので逆に40Dなどと同じセンサーでも良かったんじゃないかと、、、
そして中央に寄り過ぎているのも使い辛いですね。これは初代5Dやα900でも同じなのですが、なんでこんなに中央だけにAF点を配置するのでしょうか?
昔の周辺画質が悪いレンズならまだしも、昨今のレンズならフルサイズでも画面いっぱいまでフレーミングしたい人は多いはずだと思うのですが、そうでは無いのかな?
測距点は9点でも良いので、もう少し周辺までカバーして欲しいですね。9点クロスにアシストの6点を選択可能にしてシングルで良いので周辺までカバーするとか。
5Dmk3ではぜひそういう方向にして欲しいものです。

最後に動画ですが、動画はやはりオマケの域を出ないと言う感じ。
高画質である事は認めますが、絞りやシャッター速度を任意に設定できずカメラ任せしか選択できないと言うのは「表現」を目的とした機能とは言えないでしょうね。
そして気になったのは、大きいセンサーサイズが災いしてか特に左右に少し早い速度でカメラを振った時に起きる像が揺らぐような現象。
もともとそんなに急激に動くものを追うようなことを想定はしていないと思うのですが、望遠レンズを付けて野鳥や野生動物を追いたいとか、蝶や犬猫を撮りたいとかって使い方には向かない事は確かなようです。

撮影中のAFは予想通り使い物にはならないでしょうね。キヤノン自身が「推奨しない」と言うほどですから当たり前ですが、あまりに酷いのでビックリしました。
まずAFと言ってもビデオカメラなどのように自動的に追尾してくれるわけではなく、AF-ONボタンを押すことで動作し始めてピントが合ったらそこで停止するのですが、この際に露出変化があってこれを固定する方法も無いのが拙いですね。
しかもセンサーサイズが大きくて被写界深度が浅くなるせいもあるのでしょうが、コントラストAFではきちんと合焦するまでに時間がかかり過ぎます。
ハンチング(AFの迷い)も多くてスピードはさほど急激ではないものの、見ていると酔いそうになるほど、、、露出変化も滑らかならまだ良いのですが、急激に変わるので目に悪いです。やはりこれは撮影中には使える状況は殆ど無いでしょう。

基本的に「カメラは固定、フォーカスも画角も固定、でも絞りやシャッタースピードはカメラ任せ」というシチュエーションでしか使えないわけですが、それってどんなシチュエーション?私も一応プロの端くれですが、そんなシチュエーションが想像できません^_^;
実際に使ってみるとシャッター速度を1/100秒くらいを中心にしようと調整するようで、ISO感度(これも固定できません)や絞りを自動的に変化させていました。
なので明るい環境ではF16とかを普通に選ばれてしまって、「大きなセンサーによる浅い被写界深度の表現」なんて「えっ?何が?」って感じです(笑)
もしそれを日中の屋外などでも望むとしたら、フルマニュアルレンズを(使って正常に機能するかは分かりませんが)使うか、NDやPLなどを重ね付けして光量を落とすか、どちらにしてもかなり面倒な作業を要求されることになりそうです。
ビデオカメラの場合はスチルカメラと違ってNDフィルターはかなり常用フィルターなので、それに慣れている人は気にならないかも知れませんが、そういう環境にあるビデオカメラ(機種によっては予めNDが数種類内蔵されていて、スイッチ一つで切り替えられるものもある)と違ってデジタル一眼ではかなりの投資や苦労・工夫が必要になるでしょうね。

特にそうした関係性や作法が分かっていない人が「美しいボケ表現」とかの謳い文句をやビデオカメラとの置き換えを念頭に置いて手を出すのは危険でしょうね。
ただプロとしても使いどころがイマイチ見えてこない。
スウィートスポットが恐ろしく狭いと言うのか、「当たればものすごく良く飛ぶけど少しでもシンを外すと曲がりまくるゴルフクラブ」みたいな感じ?(笑)

全体的に5Dmk2を見てみると、価格も含めて良いカメラだとは思います。
しかしボディスペックにしても動画にしても物凄く特異な環境に特化していると言うのか、それがどうしても必要な人、例えば写真であれば「風景を中心に撮っていて半切以上に頻繁に印刷する可能性の高い人」とか、動画であれば「動画のフィルターワークや作法、フィックス中心の繋ぎやモンタージュを理解していて且つデジタル一眼レフが必要で大型センサーによるイメージが必要な人」みたいに本当に狭い所にフィットさせている気がします。
動画に関しては「今までの使い方」というよりも市場に出してしまって「どうとでも使ってみて」という意味合いが強いのかも知れませんが、それにしては前面に打ち出し過ぎというか何というか、、、言い方は悪いですが往時のビックリマンチョコみたい。おまけのシールだけ取ってお菓子は捨てちゃうみたいな(笑)

おまけの動画はさておき写真の方もかなり狭いスポットというか「風景専用」って感じになってしまっていますが、幸い私には40Dがあるのでそれでも使いどころがあります。
まだ細かい部分の画質とかデータハンドリングとか、実際に運用していかないと見えてこない部分が多々ありますが、先ずは使ってみる事にします。
少なくとも「画角」では1Ds以外ではこの5Dしか無いわけですし、ファインダーや液晶、ダスト対策などの事を考えればMk2の意味は大きいし。
しかしサンプルの画像を見る限りでは1Ds3と同程度の画質になってしまったのは非常に残念です。せめて初代5Dの圧倒的な画質を維持して欲しかったなぁ、、、
5Dmk2には不安や不満もたっぷりあるわけですが、良い所もあるので次期モデル(EOS 5D Mark III?)や姉妹機(EOS 7Dや3D?)に改善を期待することにします。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。