ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYEを買ってみた

以前から欲しいと思っていた対角魚眼レンズなんですが、フルサイズ対応のものにするのかAPS-Cクラス対応のものにするのかで迷っていました。
しかし5Dmk2の購入を決定したと言う事もあり、35mm判フルサイズ対応のSIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYEに決定。
今の私のスタイルからするとフィッシュアイは常用レンズとは言えないので、サブカメラのAPS-C用にしても良かったのですが、5Dmk2のボディに改善があまりなかったのでメインカメラとしては使い辛いと言う事で、40Dに70-200mmF2.8Lや24-70mmF2.8Lをセットすることを考えるとフルサイズ用の方が使い勝手が良いかなという判断。
5Dmk2には24-70mmF2.8Lをメインにセットしつつ、状況に応じて50mmF1.4やSIGMA12-24mm、他の単焦点レンズやこのレンズを付け変えながら使おうという腹(笑)
まだ5Dmk2は手元にないので、一先ず40DとKissDNで試してみました。作例は手前の木の枝が包み込むような効果を狙ってます。ありがちですが^_^;
木の枝が包み込むようなイメージで


魚眼レンズというのは180度の画角をもつレンズの総称(俗称?)ですが、実際には対角魚眼と円周魚眼に分類されます。
対角魚眼は像面の対角線に対して180度の画角をもつレンズで、円周魚眼は全ての方向に180度の画角をもつレンズとなりその特性上から画像に円形に写ります。
普通のレンズの場合はフルサイズ対応のものをAPS-Cクラスで使っても問題無いのですが、魚眼レンズの場合はその効果があまり発揮されませんし円周魚眼の場合は円形ではなく切り取られたような画になってしまいます。
対角魚眼でも歪みの少ない中心部分だけを使う事になるので、フルサイズ用のレンズをAPS-Cで使っても何となく中途半端な感じになってしまいますが、それは置いておいてファーストインプレッション的な使用感などを少し書いておきます。

SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYEは対角魚眼で円周魚眼に比べれば普通のレンズと同じような感覚で使えます。
キヤノンのEFマウントの場合、フルサイズなら純正のEF15mm F2.8フィッシュアイもあるのですが、色々なところで作例を見てもSIGMAが悪くなかったことと、価格的にも安いですし何より寄れると言うのが大きなメリットに感じてこちらに。
実際に15cmまで寄れるとなるとレンズがくっつきそうな感じがするくらいまで寄れます。(最短撮影距離の距離は像面からの距離なので、ボディの厚みやレンズ長を入れると本当に当たりそうですw)
AFは遅いですし音もうるさいですが、そうした事がそんなに気になるようなジャンルのレンズでもないですし、小型軽量で「面白い!楽しい!」って感じるレンズです。
広角マクロのように寄れる


少し気になるのは太陽などの強い光源が画面内に入った時に絞り羽の隙間を伝った光りがかなり強く出て、光源がハリセンボン状態に(笑)
画角が広いのでかなりの確率で光源が入るでしょうし、絞らなければ問題無いのですが基本的にはF8以上に絞って使うレンズだと感じているので少し厳しいかな。
フレアやゴーストは良く抑えられているので、そこだけが気になるところです。

画質は想像以上に良いように感じます。
カリッとシャープな印象でコントラストも高く色乗りも悪くない。ただ、光源の位置によっては急に色乗りが悪くなる時があって、少し神経質なところもあるのかなという印象。
解像感もLレンズなどに比べてしまえば確かに落ちると言うか、そこをシャープ感を上げて補って(隠して?)いるような印象も受けますが、このレンズの価格と性格から言ったら全く問題無いと思います。

全体的にみると価格以上に素晴らしいレンズだと思います。
超広角だし特殊なレンズなので気難しい一面もありますが、何より小型軽量で携帯に躊躇することが無く、15cmまで寄れると言うのは色んなシーンで使えそうです。
カメラバックに常に忍ばしておきたいレンズになりそうです^^
レンズ中心部から離れるほど歪みが大きくなる

★撮影場所
愛知県-豊橋市 豊川市

★使用機材
カメラ: Canon EOS KissデジタルN
レンズ: SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
モニタ: EIZO ColorEdge CE210W
ソフト: SILKYPIX
ソフト: Adobe Photoshop
※使用した機材を楽天で探せます。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

やっぱり 寄れるのが良いですよね。

私も

将来安心して使える 純正か?
安くて痒い所に手が届いてるシグマか?

迷ってます。

★ yoneさん、こんばんわぁ♪
昔はシグマなどのコーティングは長持ちしないみたいなことも
聞いたのですが、最近はどうなのでしょうね?
純正でも前玉はある程度は消耗品と考えないといけない部分も
ありますが、その辺りは長期間使ってみないと何とも言えませんね。
とりあえず描画や発色は良さそうなので、しばらく使ってみる
事にします^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。