ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ NikonとCanon

私はもともとフィルム時代はニコンを使っていて、デジタルになってキヤノンを使い始めたのですが、その理由の一つにフルサイズモデルがあったからと言うのがあります。当時のニコンにはフラッグシップにもフルサイズはありませんでした。
そして出さないとも言っていた、、、なのに出すし( iдi )
なぜフルサイズがあるのが大きな魅力だったかと言うと、買い替えの時点では資金が乏しく「先ずはデジタル作法を勉強しようか」と言うことでエントリーモデルからの購入となったのものの、当時も今も主戦級のレンズはどれも35mm判のものばかり。
キヤノンなどはEF-Sレンズには未だ「L」の銘を打ったレンズは一本もありません。
つまり名玉と呼ばれる24-70mmなどを使いたくてもAPS-Cでは40mm~110mmくらいの中途半端な使い辛いレンズになり下がってしまうと言うわけ。
望遠レンズではさほど問題にならないかも知れませんが、広角~標準域ではチョット厳しい状況があったんですよね。
70-200mmなどを実際に使っていても、望遠側は余すけど広角側で引ききれないという状況は良くあって、ちょっともどかしい思いをすることもあります。
それなら50~150mmとかのレンズを使えばと思うのですが、実際にそんな焦点距離のLレンズは無いですしね。ニコンでも同様の状況があったとおもいます。
で、やはり将来的にフルサイズの使用、と言うよりもそうした名玉が使いやすいカメラの使用を考えると、当時キヤノンしか選択肢が無かったわけですね。
デジタルに移行後EOS 5Dという中級機のフルサイズを出してくれて期待に応えてくれたキヤノンでしたが、その頃はまだレンズを揃える方に資金が割かれ「5Dの後継機でいいや」と思っていてもなかなか発表されないどころか、開発すら中断されていた始末。
いい加減エントリーモデルのレスポンスの悪さに飽き飽きしていた私は40Dを先に購入したわけですが、そこにきてニコンからD700、ソニーからα900が5Dと同程度の価格帯で投入され、「ヲイヲイ、どうしてくれんのよ」と頭を抱えた所に5D Mark IIの発表。
ファインダー視野率は良くなったものの、期待していたレスポンスなどに殆ど変更はなく解像度のみのアップで改悪とまでは言わないまでも「なにそれ?」と言うのが正直な感想でした。

で、フォトキナも終わりニコンとキヤノンのラインナップが大体出揃ったことで両者の思惑と言うか方向性がかなりハッキリしてきたように思います。
まずキヤノンは中級機に高いボディ性能を備える気があまり無いということ。
次のEOS 5D Mark IIIやEOS-1D Mark IVがどうなるのかや、噂の絶えないEOS 3D(5Dのボディ性能を高めた機種)が準備されているのかは分かりませんが、今回の5D2を見れば「ボディよりもまずはデジタル部分を」という方向性が見えてきます。そしてそれらをより低価格で投入したいのだろうという雰囲気も。。。
逆にニコンは中級機にプロ機並みのAFやレスポンス、防塵防滴性能などを積極的に投入してきていることから「中級者以上には画素数やデジタル部分のよりもまずはしっかりとしたボディを」と言う方向性で、それはおそらくユーザーの声なのでしょう。確かに20万以上も払ってダラダラのボディを使う気にはなれないという人は多いでしょうし。
キヤノンも5DユーザーからはしきりにAFとレスポンスの改善を求める声が上がっていたのに、それらを無視してまで高画素化と動画機能の搭載に走ったのには何か訳があるのか。
デジタル一眼レフのシェアであっさりとニコンに逆転を許してしまったキヤノンがそのシェア奪回のために投じたのが5D2だと言っていましたが、どちらかと言えば初心者受け(というよりもメディア受けなのか?)するようなモデルチェンジを中級機に行ったのはどうだったのか。「シェア拡大=現状ユーザーの切り捨てと初心者層の取り込みって意味?」というのはいささか穿った考えかも知れませんが^_^;
ハイアマの心を捉えているのは現状ではニコンのような気もしますが、5D2の発売日まであと少し。どちらの会社がユーザーの支持を受けるのか楽しみですね。

私は今さらまたレンズを買い替えたり揃え直すのは無理があるので5D2を使うでしょうが、何だか足元を見られているような気がしちゃうんですよね^_^;
まぁそれは被害妄想ですけど(笑)
しかし現状のキヤノンユーザー、特に現5Dユーザーからすれば5D2はあまり魅力的でないのかも知れませんが、新規ユーザーや風景や静物などが中心で、そんなに高いボディ性能を必要とせず解像度が高まる事にメリットを感じる人にはから見れば素晴らしいカメラでしょうね。しかもそれが25万円程度から手に入る。
個人的には作品展などの用途でA3や半切程度までなら、高周波の被写体が多い風景でも800~1,000万画素あれば十分と感じていますが、それ以上が「切実に必要」って人はそんなに多いのでしょうか?きっと多いのでしょうね(笑)
私は5Dを実際に店頭で触って「これキスデジ?」と思ってしまうほどのレスポンスの悪さの方が「切実」ですが、それはきっと機械式のカメラに慣れていたせいもあるのでしょう。
電子式から入ってデジタルに移行した人やデジタルから入ったという人、そしてこれから入るという人にはあまり感じない部分で、キヤノンさんはその辺りのユーザー層を重視しているという感じなんでしょうね。
どちらにしてもそれでカメラ業界が盛り上がってくれて開発資金などが潤沢になり、今後良いカメラがどんどん出てきてくれるのであれば歓迎します。
とりあえず「買う」と決めていたカメラが期待外れであったとしてもw
でもキヤノンさん、この5D2で失敗して「中級ユーザー離れ>資金難で適当なフルサイズ中級機開発>終息」なんて流れだけは本当に勘弁して下さいよ(笑)
5D2に期待した部分の改善が見られなかったのは残念ですが、40Dは価格から考えると素晴らしいカメラだと思って大満足しているので、両社に競って盛り上げて行って欲しいですね。

現状の中級機ラインナップだと動体を被写体にするにはニコンのD700やD300の方が使いやすい感じがしますが、風景を落ち着いて撮るなら5D2は良さそう。スナップなら40Dは最高って感じで、可能なら5D2を購入した後にD300でも導入できれば良いのですが、ボディはまだしもレンズまでは資金が回らないしなぁ、、、しかも実はオリンパスのマイクロフォーサーズ機にすごく期待していたりもするし(笑)
記事のタイトルには「NikonとCanon」と付けてしまいましたが、ソニーのα900は予想外に「カメラ」でしたしマイクロフォーサーズという新しい取り組みも楽しみでペンタの645とかフルサイズとかの噂も興味津津。全体が楽しみではあります。
まぁあまり「動画」に意識を持って行かれないで欲しいですけどね(笑)

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。