ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ ライカ、35mmフルサイズよりも大きな撮像素子を持つデジタル一眼レフシステムを発表

OLYMPUS(オリンパス)のマイクロフォーサーズ機のモックアップにも驚かされたのですが、Leica(ライカ)も大きなサプライズを用意してくれていました。
開催前は「目玉になるものなんてあるのか?」と思っていたのですが、さすがに2年に1回の世界最大の映像機器イベントだけあって凄いことが起こります。
◆Leica S-System(英語)
ライカと言えばM3などに代表されるレンジファインダーのMシリーズがその代名詞ですが、一眼レフにはRシステムと呼ばれるモデルが存在しており、基本的にはフィルム一眼レフなのですがモジュールRと呼ばれるデジタルバックを装着することでAPS-Cよりも一回り大きな撮像素子を持つデジタル一眼レフとして使用することができました。
デジタル専用の一眼レフシステムはフォーサーズ規格のPanasonic(パナソニック、旧松下電器産業)製LUMIX DMC-L1をベースにしたデジルックス3のみ。
少しデジタル化の波には乗り遅れている印象というか、デジタルは他社に任せている(モジュールRもコダック製)ような印象がありましたがここにきて一転。
何と何と30mm×45mmという大型の撮像素子(EOS-1Dsなどの俗に言う35mm判フルサイズは24mm×36mm)を搭載したデジタル一眼レフを投入してきました。

思えばライカ判と呼ばれる映画用35mmフィルムを横に使った静止画撮影用カメラをライツ社が開発した事によって今があると言って良いカメラ業界。
そのライカが今度は35mm判よりも約60%も大きな撮像素子を持つカメラを投入して来たのは興味深いです。果たして「デジタル時代のライカ判」として定着するのでしょうか?
それが分かるのは半世紀ほど先になるかも知れませんが、一先ずは35mmフルサイズと中判デジタルカメラの中間的な役割を果たしてくれるでしょうね。
新しいサイズの像面なのでレンズも当然新設計に。
ひょっとしたらマウントコンバーター経由でクロップなどしてRシステムのレンズが使えるようになるのかも知れませんが、Sシステムとして最初に開発が決定しているのは35mmから350mmまでマクロレンズやシフトレンズも含めて9本あるようです。

搭載される予定の撮像素子は3,750万画素あるようなので、35mmフルサイズセンサーの1,500万画素に相当する画素ピッチではないかと思います。
現状の技術では高感度まで無理なく使えるピッチではないでしょうか。
このカメラの開発目的が何なのかまでは推測しかねますが、フォーサーズと言う小さな像面規格に賛同しておきつつこうした大きな規格を新たに打ち立てるあたりを考えると「要求される解像度と高感度性能のバランス」を考えた時に、小型化やその他の利便性を放棄しても大きな像面が必要で別ラインが必要になったと言うことでしょうか?
この画素数が必要になるのはコンシューマーでは考えられないので、当然プロを意識したシステムにはなると思うのですが、個人的には「現状でこのレベルのカメラを出しておけば後は経時分の無理ない進化でデジタル部分は大丈夫だから、カメラ本来の信頼性や精度と言った部分、そしてメカニカルな部分の進化に集中して行ける」と言う目論みがあるんじゃないかなぁなんて期待するのは虫が良過ぎるでしょうか?(笑)

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。