ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ キヤノン、2,110万画素CMOS搭載でフルHD動画も撮影可能な「EOS 5D Mark II」を発売

Canon(キヤノン・キャノン)は2,110万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載しH.264形式でのフルハイビジョン動画の撮影も可能にした中級デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark II」を11月下旬に発売予定です。

◆EOS 5D Mark II
恐れていたことが現実になってしまいました、、、しかもダブルで、、、
撮像素子の解像度は2,110万画素。何とEOS-1Ds Mark IIIと同じ画素数。。。
それは無いと思っていたので大ショックです。先日発表のあったEOS 50Dの1,510万画素か、多くても1,800万画素程度だろうと思っていたのに1Dsと同じ画素数にしてしまうとは、、、
メーカーサイトに掲載されている画像を見る限りでは、1画素をきっちりと描画できているなと感じるのは完全にNikonのD3やD700。それどころか先代の5Dの方が良いくらい。
ただ、常用ISO感度が5DのISO1,600からISO6,400まで2段分引き上げられ拡張設定ではISO25,600(D700などと同等)まで設定できるようになってしますし、さらに発表会で「画質を最優先した」と言っているようですし、何より最大解像度のサンプル画像はまだ2枚しか掲載されていないので、他のサンプルやレビューなどを見ながら見極めてみたいです。

ノイズ特性に関しては従来モデル(5Dのこと?)比で30%のノイズ低減がされているとのことですが、60%の画素数アップしたら結局5Dよりもノイジーってこと?それとも60%の画素数アップをしても尚30%のノイズ低減を実現しているってことでしょうか?
もし前者だとしたら全く歓迎できないですが、後者だとしても3年という時の流れを考えると「たった30%?」と言う声も聞こえてきそうです。
高感度画質についてはノイズ量(粒状感とか)はまだ我慢できるのですが、色調がシフトしてしまったりダイナミックレンジが極端に狭くなるのが嫌なので、やはり今のデジタル一眼の一般的な感度よりも3EV分くらい(ようするに今のISO200くらいの画質をISO1,600でってこと)はアップして欲しいと感じています。
NikonのD3は当時の一般的なカメラ(D200とか30Dあたりね)よりも感動的なほど高感度画質が良かったので、5D後継機にもそれを期待したのですが無駄でしたね^_^;
設定できるISO感度だけはD3/D700と同じなのですが、実際(RAW状態で)のノイズ量や高感度時のダイナミックレンジまで同等であるかどうかは微妙なところ。
もしD3と同等なら画素数アップに関しては目を瞑ります(できれば1,500万画素程度で圧倒的な高感度画質を見せて欲しかったです)が、それ以外にも不満はいっぱい、、、

まずは連続撮影枚数と連写速度。
連写速度は秒間3.9枚と5Dよりは増えているのですが、2,460万画素のα900でも秒間5枚、D700も秒間5枚ですがバッテリーグリップを付ければ秒間8枚とプロ機並み。
これらと比べると見劣りすると言わざるを得ません。
さらに痛いのは連続撮影枚数。フル解像度のRAW+JPEGでは8枚までしか撮れません。α900は10枚、D700はRAW+JPEGの記載がないのですが、ロスレス圧縮 RAWの14ビット記録で20枚あるので同時記録で10枚以下と言うことはないと思います。
高画素化のシワ寄せはこんな所にも出てしまいますね。

あと高画素化の弊害がもう一つありました。
それはデータハンドリングの悪さ。ファイルサイズが巨大になってメモリーカードの容量も大きいものを使わなければいけなくなりますし、保存用に使っているHDDやバックアップ用の光ディスクのコストもかかってきて現像やレタッチを行うPCのスペックも必要に。
40DではRAWファイルで12~13MB程度、JPEGで3~8MB程度だったのですが、単純に考えても倍以上ですからキスデジNなどで使っていた2GB程度のCFカードはメインでは使いづらくなってきます。HDDも外付けの250GB程度ではすぐに満タンでしょう。
8GB程度のCF2枚と500GB程度(RAID構成なので1TBってことですが)の外付けHDDは同時購入ってことになりますかね。
「sRAWで撮れば?」という声も聞こえてきそうですが、感度も速度も上がらないのにベース画像を低解像度で撮るってのは精神衛生上宜しくありません。

そしてAFセンサーは5Dとさほど変化のない9点(中央クロス)+6点アシスト。
スペックだけでどうこうと言うわけではありませんが、D3、D700、D300などの15点クロス51点AFは言うに及ばす、9点(中央デュアルクロス)+10点アシストのα900にも届かずとは。
一番恐れていた50Dクラスにフルサイズセンサーを載せてファインダーとっ換えて「はいっ」って感じのカメラに見えてしまいます。
もちろん開発に苦労した部分はあると思うのですが、正直な感想を言えば「3年待ってそれ?」と言う感じ。期待が大きかっただけに裏切られたショックが大き過ぎました。
前に書いたNikonユーザーの知り合いを笑えないなこれは(・_・。)) マイッタナァ

EF-Sレンズが使えないのも痛いです。
これは5Dも1Dも1Dsもできなかったのですが、5D後継機には付けてくるのでは予想していた機能。ライバル機のD700、α900共に備えている機能で、「画素数を落としても使いたい」と言うユーザーは絶対にいますし、せっかく多画素化したのですから唯一と言っていいメリットのトリミング時に画素数を維持できるという強みを使わないわけがないと思っていたのです。
2,110万画素もあればクロップしても800~1,000万画素近く残せるはずですから、絶対に搭載すべき機能だったと思うのですが、、、
なぜそんなにこの機能が欲しいかと言うと、この5Dと言うクラスのカメラは例えば40Dや50D、キスデジなどのAPS-Cサイズのセンサーを搭載したカメラから乗り換える、もしくはサブカメラとしてこれらのカメラを持つ可能性が高いカメラだと思うのです。
乗り換えた際にレンズ資産を活かせると言うのはもちろん重要なのですが、それ以上に併用した際の機材の自由度が上がるのはもっと重要です。
もし5DにEF-Sレンズを付けることができるのであれば持ち歩く機材を減らせる可能性もありますし、何らかのトラブルでサブ機が使えなくなった時にそちらで使用する予定だったレンズを5Dの方で使うこともできます。
ここで重要なのは「使用頻度が高いか低いか」や「本来の性能を維持できるか」ではなく「使えるのか使えないのか」、「選択の余地が有るのか無いのか」と言うことなので付けない理由が見つからないのです。5Dを選ぼうと言うユーザー層ならなおさらです。

動画機能が搭載されたのも個人的にはマイナス評価です。
正直、同じカメラに動画機能が有るか無いかで選ぶのであれば先程の「選択の余地が有るのか無いのか」と言う視点から見れば「有った方が良い」のですが、今回のEOS 5D Mark IIというカメラを見てみると「動画機能の開発に力使い過ぎたんじゃないの?」と勘ぐってしまいたくなります。そんな事はないと思いますが、もしも動画機能が無い代わりにAFが1D相当になったとしたら?EF-Sレンズの装着が可能になっていたとしたら?ファインダー倍率が0.74倍まで上がっていたら?それらの機能の有無は開発コストや人員と直接関連しているものばかりでは無いかも知れませんが、少なからず影響があることは否めないでしょう。
私であれば動画機能が搭載されるよりも0.01倍でもファインダー倍率が上がった方が嬉しいですし、AFももっと強化して欲しかったと思います。
ただし、動画機能は先日に発表されたNikonのD90よりもしっかりとしていて(ビデオカメラでも世界中で高い評価を得ているキヤノンですから当然と言えば当然ですが)フルハイビジョンの映像を圧縮効率の高いH.264で記録できます。
D90はMotion JPEGという非常に効率の悪い圧縮形式を採用しているので、720pかフルHDかと言う事よりもそちらの方が画質に与える影響が大きいでしょうね。
サンプルを見る限りでもD90とは比べ物にならない品質の画像です。これなら「作品」としてもしっかり使えそうですが、やはり個人的にはデジタル一眼レフで動画を撮る気にはなれないなぁ、、、外部マイクが使えるから仕事用と割り切ってVX2000やFX7では撮るのが難しい特殊効果的な映像撮影用と考えれば用途が無いわけでもないかな、、、
いや慰めだなコレは(笑)

唯一の救いはファインダー視野率が98%とかなり良くなったこととシャッターユニットの耐用回数が10万回から15万回に50%もアップしているくらいでしょうか?
しかしファインダースペックはα900が圧倒的だしなぁ^_^;

で、「EOS7D(当初はこれが5D後継機のモデル名として有力視されていた)は予約買いだ!」と宣言していた私ですが、このEOS 5D Mark IIを買うかどうかという点について。
実はこのEOS 5D Mark IIのニュースリリースを見たとき、本気で今の機材を売っ払ってニコンに乗り換えようかと思ったのですが、一先ずは気を落ち着けてレビューなどが出そろうのを待ってみることにします。
ただ、現状で価格と画質、性能をすべての点で満足させてくれているのはD700なんですよねぇ、、、改めてあのコストパフォーマンスは凄いと思いました。あと「こういうカメラを使うユーザーの心をくすぐるポイントを良く知っているな」と。
20万円を切るまでに値下がりしている5Dを購入すると言うのも考えたのですが、5Dにはセンサーのダスト対策もされていませんし防塵防滴性能も低い、発売当時には圧倒的な有利を誇った高感度画質も3年という月日が経過した今となってはAPS-C+α程度になってしまっていると言うようなことを考えるとあまり魅力的ではないんですよね。フルサイズセンサーを搭載していると言うこと以外では40Dよりもはるかに見劣りしてしまいますし。
もう10万出して1D Mark3と言うのもありなんですが、フルサイズの画角で使いたいレンズが結構あるんですよね。50mm F1.4とか24-70mm F2.8Lとか。
私は古い考えなのか50mmは50mmの画角で使いたいと言うのがありますし、24mmが31.2mmになってしまうのは何とももったいないですし。
なので1DもAPS-Hである以上は少し魅力が薄れてしまって、それだけに5D後継機には一方ならぬ期待を抱いていた(ぶっちゃけて言えばD700のキヤノン版か5Dのローコスト版を期待していた)のですが、その期待は大きく裏切られてしまいました。
これを機にニコンに乗り換えると言うか出戻り(フィルムではニコンを使っていたので)するのか、いまいち納得できないまでも将来的な展開に期待して5D Mark IIを購入するか、、、しばらくは悶々と悩む日が続きそうです。

噂にはEOS4D(20万円前後のフルサイズモデル)なんていうのも出ていましたが「EOS 5D Mark IIの投入で、エントリーモデルからプロ機まで盤石なラインナップが揃った」と言っているので、5Dと50Dの間に入るようなモデルの登場は期待できないのかな、、、
でも10万の次は30万って少し開き過ぎな気が^_^;
フルサイズやAPS-Hの低画素低コストモデルが20万円前後であっても良いと思うし、APS-Cの高機能モデル(D300を意識して言ってます)があっても良いと思う。
というかそこが一番欲しい。
「ミドルハイクラスユーザー層の拡大でデジタル一眼レフカメラの国内シェア45%を取りトップになる」とも言っているのですが、D90/D300/D700というラインナップを揃えるニコンに対して50Dと5D Mark IIでどこまでシェアを獲得できるのか。
Nikonの弱味としてはD90からD300までの間、そこに入るのがEOS 50Dでキヤノンはこれに掛けたい思いがあるでしょうが、50Dにはα700やK20D、E-3などの強力なライバル機が存在します(Nikonは敢えてここを避けているようにも感じます)し、D90も若干価格帯が低いとはいえユーザー層はかなり被るでしょう。
私がもし今のレンズ資産などを全く無視して新規に何か1台購入しようと考えたとき、D90からD3まで10万-20万-30万-40万と綺麗に揃っているニコンはステップアップを考えた時に魅力を感じます。D300とD700のコストパフォーマンスは脱帽ものですし、D3/D700はデジタル専用レンズも使用できるので今後にもかなり安心感があります。
ソニーもキヤノン同様にα700からα900までが10万円から33万円とかなり開いてしまっているので、D300にぶつける機種が欲しいところで状況は同じなのですが、例えばAF性能とドライブ性能を据え置きにして画素数を下げてファインダー性能も下げるって程度で低コストなカメラを作りやすいソニーに対して、20万のカメラを投入したいと考えても何をどうしていいのか分からないと言うか身動きの取りづらいキヤノンと言う感じが見受けられます。
画素数が少なくてもコスト的に厳しくてもD700みたいなしっかりしたカメラを5D Mark IIでやっておけば50Dとの間に入れる下位機種も作りやすかったのかも知れませんが、、、

高画素のモデルは欲しいけど、それはもっと先で良い。センサーの感度を上げられるようになって画像処理エンジンの処理速度やアルゴリズムの向上、メモリーカードやPCの高速大容量化(と言うかコストダウン)などが進んでからで良いので、高感度画質が良くある程度の速度(ドライブ性能)とAFやファインダー性能を持ったカメラが欲しいと思っているユーザーは私だけなのでしょうか?結構多いと思うんですが。
この先キヤノンのラインナップがどうなっていくのか、シェア1位は取り戻せるのか、興味は尽きませんが1ユーザーとしては上記のようなカメラの登場を願ってやまないところです。
来週から始まるフォトキナでのインタビュー記事なんかをよく読んでキヤノンに残るかすべて売り払ってニコンに出戻りするか決めよっと(笑)

※個人的に高感度がしっかり使えるフルサイズがキヤノンに欲しかったですし、待たされた分だけ期待もかなり高かったのでかなりの酷評になってしまいましたが、全紙クラスの大判プリントの頻度が高く高画素のカメラを求めていた方にとっては良いカメラだと思います。

★Canon EOS 5D Mark II基本スペック
レンズ 交換式(キヤノンEFマウント・EF-Sには非対応)
撮像素子 有効2,110万画素35mm判フルサイズCMOS
モニター 3.0型92万画素液晶
注目・特徴 DIGIC IV、撮像素子のダスト除去機能
顔認識ライブビュー機能、フルHD動画撮影
9点(中央クロス)+6点アシストAF

★ニュースリリース     Canonニュースリリース

★最安値をチェック     EOS 5D Mark II
※発表から間もない時期は検索にヒットしない可能性があります。

★カカオのお薦めショップはこちら、勝手にランキング・デジタルカメラ編はこちらです。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

こんにちは

カカオさんが5D後継機を心待ちにしていたのを知っていたから、
この30分以上かけて打ち込んだと思われる長文も納得です。
最初の出来が良すぎると、期待も大きいもんね。
そう言えば歌の世界でも小説でも、セカンドが初版を超えることはないです。

私は α900の方向性が良いと思うけれど、レンズが高すぎるし、
ソニータイマーのアレルギー持ちだから近づけないです(笑)

カカオさんは 1Ds Mark III を買われるのがBESTなのでは?

私は、5DMⅡには非常に魅力を感じますね。
1DsMⅢと同画素数でより進化した撮像素子・エンジンのカメラが、驚異的な安値で買えます。それをよくぞ5Dと同じ重さで実現してくれました。

私の場合は、フォーサーズとフルサイズで、銀塩時代の軽量一眼と中判カメラの領域をカバーできると思います。
さらにAFの効く動画もあってオマケムービーまでカバーしてくれます。
じっくり写真を撮るカメラとしては、5DMⅡは最高だと考えます。
あとは軍資金だけですが、これが難題です(笑)

★ mellonさん、こんばんわぁ♪
確かに期待し過ぎたと言うのはあるのですが、5D自体も
20Dにフルサイズを載せただけと揶揄され続けた機体で
高感度画質だけが拠所だったので、5D後継機には
低画素で高感度に強く、ある程度連射もできる機体、それに
D700に負けじとボディを強化してくれたらと思っていたんです。
なかなか思うようにはいかないですね(笑)
1Ds Mark IIIは高過ぎますし、好みじゃないんですよぉ
1Dsよりも1D Mark IVがフルサイズになってくれるのが一番
良いんですが、、、きっと無いでしょう(笑)

★ 模糊さん、こんばんわぁ♪
模糊さんは高画素派なんですね^^
画素数はあまりコストに関係ないそうなので、高画素なのに安いと
いうのは私はあまりメリットに感じていません。
しかも撮像素子は型こそ新型かもしれませんが、1Dsのものより
品質が高いかはまだ分かりません。
そういうことを考えるとD3と同じ撮像素子であのボディ性能を
持っているD700はとんでもないコストパフォーマンスだなと、
そう思えてしまうんですよね。
私は1,000万画素クラスでA3ノビに出した時に、解像度よりも
1画素の描画力の方が気になってしまうので今は画素数を
抑えても高感度画質、画質というよりは高感度でもダイナミック
レンジがある程度広くて1画素の描画力に余裕があるカメラが
欲しかったんですよぉ
D700のようなスペックでキヤノンが5D2を作ってくれたら、
どんなに素敵なカメラが出来上がったのだろうかと期待して
いたのですが実現されず残念でした。
あと動画のプロとして言わせてもらうと、おそらく5D2やD90の
AFは動画では殆ど使い物にならないと思いますよ^_^;

圧倒的な高感度画質の改善というのは実現されませんでしたが
D3/D700を超えるのは難しくても「迫る」くらいは期待できる
かもしれないので、実写画像のサンプルをたくさん見て購入を
決めることにします。
でもファインダー以外のボディはもう少し頑張ってほしかったと
いうのが本音なんですけどね(笑)

いやあ、詳しいレスありがとうございます。
皆、それぞれカメラに期待するところが違うのですね。
私は、Coshiさんのブログ等を拝見して、現在最高画質の1DmⅢに比肩し得る(あるいはひょっとして超える)画質が低価格で手に入るという点に期待しているのです。
決して高画素至上主義者というわけではありません。
フルサイズですと、20D・30Dクラスのピッチ余裕で2110画素を実現できますので、それなりに高感度にも対応できると思います。
最終プリント画質ならニコン機には負けないような気がします。
何もD3等と同じ路線をまねる必要はないと考えます。
(私は約1kgもするD700は使いこなせないです・・・)
いずれニコンもD3Xあたりを出して2400万画素機をラインアップしてくるのは時間の問題だと思います。
動画については、おっしゃるとおりですね。
現段階では、あくまでオマケですね。まあ、それも楽しむ人はいるということで・・・
駄文失礼いたしました。

失礼しました。上のコメント三行目機種を間違えました。

(誤)1DmⅢ → (正)1DsMⅢ

宜しくお願いします。

★ 模糊さん、こんばんわぁ♪
そうですね。私の場合は室内でノーフラッシュで撮りたいと
言うのがあるので「D3/D700に並ぶ」ではなく「遥かに凌ぐ」
感度が欲しかったと言うのがホンネです。
ISO3200が常用できるなら明るい単焦点レンズでキャンドル
ライトでも撮影できますから。
D3やD700の路線を1D系が真似る必要は全く無いと思うのですが
D300まで含めた「その路線」が現状でハイアマ~プロに圧倒的
な支持を受けているのも確かで、キヤノンにその路線のカメラが
一つ欲しいなとは思ってました。
それが5D2だったら最高だったのですが^_^;

あとデジタル一眼に関しては現状ではNikonが独走状態に
あるわけで、Canonには一時の王者としてではなく挑戦者の
立場としてのカメラを期待していたのですが、それがならな
かったというのも残念なポイントなんですよ。
本気でシェアを取り返す気があるのなら、もっと尖がったもの
を出してくるだろうと期待していたんです。勝手ですが(笑)

でも↓の記事でも詳しく書いてるんですが、
http://bpc.blog14.fc2.com/blog-entry-2058.html
ここで紹介したサイトの実写画像を見る限りではライバル2機と
比べても感度と画素数を高次元で両立しているのはこの機種だと
思うので、期待していたボディ性能の向上や圧倒的な高感度は
諦めるしか無いとしても「我慢して使ってみても良いかな」と
言うくらいには傾いてきてます。
市場の期待を裏切ってくれたためか、異常なほどの値下がり
ペースになりそうな気配もありますし。
実質的に「これは7Dではなく4Dだったんだ」と言い聞かせられる
価格帯に早い時期に入りそうですからね(笑)
まぁ勝手に期待していた方も悪いんですが、これだけ値下がり
してくれるなら結果オーライなのかなとw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。