ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ デジタル時代のレンジファインダーとなれるか、マイクロフォーサーズ規格

先日OLYMPUS(オリンパス)とPanasonic(パナソニック、旧松下電器産業)が発表した新しいマウント規格である「マイクロフォーサーズ」
従来のフォーサーズよりも6mm小さく、約半分と言うフランジバックで、より小型化、薄型化が可能になる規格とのこと。
極端に短いフランジバックなので、従来の一眼レフのようなレフレックス構造(ようするにミラーとペンタプリズム)を使用するのは不可能だと思います。
と言うことはレンジファインダー機のように光学ファインダーが別の位置に付くのか、それともネオ一眼のようにEVF(エレクトリックビューファインダー)を採用したり、OLYMPUSが拘ってきたライブビュー専用機(もしくはEVFや光学ファインダーと併用)として成り立つのか。
その辺りはまだまだ不明ですが、レフレックス構造を持たないレンズ交換式デジタルカメラが登場するのは間違いなさそうです。

最近は撮像素子や画像処理技術の向上で比較的小型のセンサーでも高感度時の画質低下が抑えられてきているので、より小型のシステムと言うのはニーズが高いのでしょう。
とはいえD3やD700などのようにフルサイズで1200万画素程度でも「まだまだ」と言う人も多いでしょうし、「現状のISO200程度をISO3200で」と望んでいる人は多いでしょうから、小型化だけを最大のメリットとして考えるのではつまらいですよね。

現状の一眼レフを使っていていつも不便に思うのは、各社全てマウント規格が違うのでボディーを他のメーカーに変えるとレンズなども全てそのメーカーのマウントに対応したものを揃えないといけないと言う点。これはあまりに大きな負担です。
ボディーを変えなくても例えばNikon(ニコン)とCanon(キヤノン・キャノン)の2台体制(あるいはそれ以上)で出かけたいと思った時など、共通のマウントなら持って行かなければならない機材を大幅に減らせる可能性もあります。
マウント規格が統一されていないためにユーザーが被っているデメリットは、おそらくそれ以外のメリットよりも大きくなっているのが現状ではないでしょうか。
少しDVDや次世代光ディスクの規格競争の事を重ねてしまいますが、メーカー同士が上手く協議して統一化の道を進んでくれれば、ユーザーはその時々で好きなメーカーのレンズとボディーを組み合わせて使う事が可能になります。

タイトルに「デジタル時代のレンジファインダーとなれるか」と付けたのは単に「レフレックス機構を持たないレンズ交換式カメラ」と言う共通点だけの事ではなく、現状では唯一といっていい複数メーカー(レンズメーカーを除いてもOLYMPUS、Panasonic、Leicaの3社)が採用しているマウント規格がフォーサーズであるということ。
フォーサーズにはLeica(ライカ)が賛同していると言うのもありますが、現状のマウントシステムを変えるというのには抵抗があるであろう各メーカーもこうした新しい方式のカメラであれば共同のマウントでシステム開発する可能性もあります。
レンジファインダーの同じマウント規格を持つ事で非常に幅広いレンズ選択が可能になるというメリット(それだけではありませんが)をそのままデジタルの世界にも持ち込む事ができればマイクロフォーサーズ規格の意義は非常に大きなものになります。
もちろんマウントの進化はカメラの進化とも直結しているので一長一短には行かないでしょうが、一眼レフの世界もそうした方向に進んでくれると良いですね。

ただ一つ心配なのはEVFとライブビューのみという、単に現状のネオ一眼をレンズ交換式にしただけのような規格に成り下がってしまうこと。
それだけで終わってしまっては本当につまらないので、もしEVFなどを使うにしても現状よりも飛躍的に使いやすいものになっている必要があるでしょうね。
私見ですがこのマイクロフォーサーズと言う新規格の成否はマウントそのものよりも液晶モニター(ライブビュー含む)やビューファインダーなどを含めたカメラの基本機能をデジタルに移行しつつ、どれだけ快適なものにして撮影に集中でき、かつ撮り味のあるものにしていけるのかと言う点にかかっていると思います。
それらを突き詰める事はコンパクトデジカメや一眼レフにも良いフィードバックがあるでしょうし、これからの流れを楽しみにしたいですね。

★ニュースリリース     OLYMPUSニュースリリース

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。