ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ アジサイ咲く山

まぁ「山」と言うより「寺」なんですが^_^;
でも寺の境内と言うよりは山の中に咲いている感じなんですよね。葦毛湿原へ行ったついでに立ち寄ってきました。
我が家から葦毛湿原へは少し距離があるので、いつもどこか一緒に行けるところを探して抱き合わせで行くのですが、神社とかお寺とかが多いですw
ハルリンドウの頃は二川伏見稲荷で御衣黄などの八重桜を一緒に見に行くし、ノハナショウブなどの頃はこの普門寺と、なぜか寺社仏閣が(笑)
アジサイ咲く山
にほんブログ村 写真ブログへ ←この写真があなたの感性に触れたらクリックで応援してね。


アジサイの咲く寺としては額田の本光寺静岡県の森町にある極楽寺などが有名ですが、我が家からはチョット距離があるので「ひょい」と出かけるわけにも^_^;
この普門寺には私の好きなガクアジサイやヤマアジサイが多いので意外と穴場というか、葦毛湿原と一緒にまわってちょうど良い感じの場所です。
アジサイ咲く山

たぶん、アジサイよりも紅葉の方が有名かな?
1枚目の背景も楓ですが、たくさんの大きな楓の木があり、緑が美しく紅葉の時期にも来てみたい場所です。えぇ、紅葉の時期には来たこと無いんですよ(笑)
アジサイ咲く山

こんな変わり種のアジサイもありました。
今年は秋にも来てみようかなぁ、、、秋の葦毛湿原も最近行ってないし。
よし、時間を見つけて行ってみよw
アジサイ咲く山

■お知らせ
多ジャンルアートグループ展「COLORS 十人十色展」
7月の22日(火)から27日(日)まで友人やブログ仲間と多ジャンルアートのグループ展「COLORS 十人十色展」を豊川市の桜ヶ丘ミュージアムで開催します。
お近くへお越しの方は是非お立ち寄り下さい。
詳細はこのブログでも紹介させて頂いています。こちらの記事をご覧下さい。

★撮影場所
愛知県-豊橋市 普門寺

★使用機材
カメラ: Canon EOS 40D
レンズ: EF24-70mm F2.8L USM
レンズ: EF70-200mm F2.8L IS USM
モニタ: EIZO ColorEdge CE210W
ソフト: SILKYPIX
ソフト: Adobe Photoshop
※使用した機材を楽天で探せます。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。