ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ HDRIに挑戦してみる その2・素材の準備

HDRI(ハイダイナミックレンジイメージ)に使用する画像としては露出の異なる複数枚の画像が必要となります。
これはレッタチソフトやRAW現像ソフトで明るさを変えたものではなく、撮影時にオートブラケットなどを使用して露出を変えた画像になります。
ソフトで明るさを変えた画像や1枚の画像からトーンマッピングを行う手法もあるのですが、今回は基本となる複数枚画像からの作例を基本として進めます。
と言うのもいくらRAWから露出を変えて現像したといっても、それはCCDやCMOSなどの撮像素子が持つダイナミックレンジを越えることは無く、何をどうしようがハイダイナミックレンジになることは無いからです。
白川公園HDRI


最近の一眼レフカメラはもちろん、ある程度マニュアル機能の充実したデジカメにもオートブラケット機能は搭載されているはずなので、三脚でしっかりと固定してリモコンなどを使用して3~5ショットほど撮影します。
光学式手ぶれ補正機能が付いている場合はもちろんOFFにして。
ブラケット機能は±2/3~1段程度の範囲で設定すると良いでしょう。
これで3枚撮影すれば通常撮影した画像よりも2段分程広いダイナミックレンジを得られるわけですが、これで足りない場合は同じく±2/3~1段程度で5枚撮影します。
エントリーモデルのカメラやコンパクトカメラには5枚のブラケット機能が無いものも多いので、この場合は±2段で3枚撮るか、トーンを大切にするのであれば±1段で撮影した後に±2段で撮影したり、予め1段マイナス補正して3枚撮影し、次に1段プラス補正して3枚撮影したりするようにすることで±4段分のダイナミックレンジを得られますが、後者の方法の場合はカメラが動いてしまわないように細心の注意を払う必要があります。
夜の街HDRI

そして画像全体にディティールがある画像の方が向くと言えます。
例えば秋晴れの青空のようにディティールの無い部分が多くなってしまうとハイダイナミックレンジにする醍醐味が薄れてしまうケースが多くなります。
明部、暗部共にディティールのある被写体がベストでしょう。

ディティールのある画像と言うことで絞りは極力(回折現象が気にならない程度に)絞ってパンフォーカス的な被写界深度の深い画像を狙ったほうが良いでしょう。
そういう意味ではなるべく広角のレンズを使用するか、標準~望遠を使う場合は極力遠景の方が被写界深度が深くしやすいので、絞り過ぎによる回折現象(小絞り暈け)を気にせずに取れるので、まずはそうした被写体から狙うのが良いでしょう。

またオートブラケットなどを利用するため、少なくともその間は動かない被写体である必要があります。もちろんカメラが動かないのは大前提で。
もし動いてしまうと、その部分だけ半透明になってしまうからです。
「光学式手ぶれ補正はOFF」と言ったのも、これが効いてしまうと微妙に画像にズレが出る場合があるので、それを防ぐためです。
明度やコントラスト、彩度などに大きな変化を加える場合が多いので、ノイズが少ない画像であることも大切になります。
なのでISO感度は極力低く、コンデジよりはデジイチなどのノイズ的に有利なカメラで、さらに夜景などで長時間露光となる場合は複数枚画像の合成を使用する手もあります。
夜の街HDRI


■HDRに向く画像
・明暗差の大きい被写体
・ディティールのある被写体
・パンフォーカスに近い(被写界深度の深い)画像
・静止した被写体
・ノイズの少ない画像

実際には上記の画像以外でも使いどころは十分にありそうですが、まずはこうした画像からチャレンジしていくと理解しやすいような気がします。
また、これは実際に私がチャレンジし始めた時の感想なのですが、パンフォーカス的な遠景の風景、特に夜景や夕景などは入りやすいと思います。


★今回使用した機材
カメラ: Canon EOS KissデジタルN
レンズ: EF24-70mm F2.8L USM
三脚: Manfrotto 190MF3
雲台: Manfrotto 804RC2(3Way雲台)
モニタ: EIZO ColorEdge CE210W
ソフト: SILKYPIX
ソフト: Dynamic-Photo HDR
ソフト: Adobe Photoshop
※使用した機材を楽天で探せます。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。