ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ RAW現像でトイカメ+AGFA(アグフア)調を狙ってみる

AGFA(アグフア、アグファ)はFUJIFILM(富士フイルム・フジフィルム)やKodak(コダック)と並ぶ第3位のフィルムメーカーでしたが、デジタル時代のあおりを食って大本のアグフア・ゲバルト社から子会社のアグフア・フォト社に売却、さらにそのアグフア・フォト社も倒産してしまい、一時はもう手に入らないのではと懸念されていましたが復活版も出ているようですね。
ただ、VISTAは復活したようですがULTRAはまだみたい。しかし、私の中でAGFAと言えばやはり極彩色のULTRAです。トイカメラ愛好家にも未だ人気のあるフィルムですね。
基本的にポジを使っていた私としては実際にあまり使ったことは無いのですが、最近デジタル写真をノスタルジックに表現するのがツボな私としては何となく再現してみたくなったり。
とは言え、詳細なデータを持っているわけでも感覚的な蓄積のも無いので、あくまで雰囲気的なものだと思って頂ければ、、、^_^;
トイカメ+AGFA調?
 ←この写真があなたの感性に触れたらクリックで応援してね。


こちらは何時も良くやる雰囲気のノスタル調。
彩度は落とす方向で現像設定しますが、↑の画像は中間調硬めのトーンやハイライト、ブラックなどはそのままにカラーバランスを再検討して彩度を高めに振ってみました。
個人的にはこう言った寂びれたバラックの前に咲く花のようなミスマッチを狙ったスナップの場合は彩度を落とすよりも逆に高めた方がノスタル感がアップする気がします。
普通にノスタル調

こちらは普通の設定で現像。
上の2枚はトーンやカラーの他に、デモザイク精度やシャープネスにも変更を加え、ノイズ除去を強めにかけることで解像感を少し落として周辺減光やレンズ歪みを加えています。
基本的な設定をSILKYPIXで行って、仕上げをフォトショで。
普通に現像

★撮影場所
愛知県豊川市

★使用機材
カメラ: Canon EOS KissデジタルN
レンズ: EF24-70mm F2.8L USM
モニタ: EIZO ColorEdge CE210W
ソフト: SILKYPIX
ソフト: Adobe Photoshop
※使用した機材を楽天で探せます。

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。