ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 三脚嫌いが選んだ三脚

白状します。私は三脚を使うのが嫌いです(笑)
いや、本音を言えばカメラをやっている人間で「三脚大好き」なんて人はいないと思います。よほどMな方は別かもしれませんが。。。
重いし嵩張るしセットは面倒だし、、、
もし三脚を使わなくても絶対にブレないんだったら、それでも三脚を使いたいって言う人は殆どいないでしょう。写真が好きであればあるほど。
まぁだからこそ手ブレ補正なんて機能がこんなにもてはやされるんですけどね。
あっ、望遠レンズを構えてるのが重いとか言うのは無しですよ(笑)

今まで使っていたのはSLIK MASTERと言うかなり年季の入った代物。
殆どAi Nikkor ED 400mm F3.5S(IF)用の三脚と言ってよかったですね。
マクロにはベルボンの小型三脚を使っていたんですが、あまり使用頻度が高くなかった上に脚が曲がって収納できなくなって廃棄処分に。それ以来マクロは手持ちw
スリックのマスターは2.8kgもありますが、フリーターン雲台というのが付いていて三脚座が付いている大砲系レンズには便利な三脚です。現行はマスターIIIかな?
多分これからも400mm F3.5にはコレを使うでしょう。
スリック・マスターとグリーンシャンク
右の銀色がマスター。左の緑色のがSLIK グリーンシャンクと言う別名「バードウォッチング用三脚」でフィールドスコープなどを使うのに使っていましたが、最近では300mm程度の望遠を使うときにもたまに使っていました。

私の場合、ビデオカメラでは子供をちょこっと撮るとき意外は必ず三脚を使います。ビデオカメラの手ブレ補正なんか何の役にも立ちませんから(笑)
手ブレよりも大きい「揺らぎ」も気になるので、結局使わないと意味が無いんですよ。動画の場合は。長時間になる場合は構えているだけでも辛いですしね^_^;
でもスチルの場合は超望遠か、かなり暗い環境で使用する時意外は滅多な事では三脚を持ち出しません。それが良いか悪いかよりも現状がそうなんです。
実を言えばフィルム時代は使っていました。
1枚も無駄にできないと言う思いもあったんでしょうね。ジックリ構図を練って、ココと決めたら三脚をセットして風を待ち光を待ち、待ちに待ってやっと1枚の写真を撮る。
そんなスタイルでした。
でもね。だからってそれで良い写真が撮れるわけじゃないんですよ。
考えすぎた構図はどこかつまらないし、「シャッターを切る絶対数が少ない=失敗も少ない」から進歩もないし、、、もちろん挑戦も控えめになるから自分の殻も破れない。
「しっかり」撮っているつもりになって、ただダラダラと似たり寄ったりの「失敗でも成功でもない写真」を撮り続けているだけだったように感じます。私の場合はですけど。
だからこのブログでもフィルム時代に撮った写真って殆ど公開しようと思えないものばかりです。どれも「お定まり」で面白味がまったくない( ̄▽ ̄;)
フィルムで撮り続けた10数年より(一眼レフを)デジタルに移行してからのこの2年の方が遥かに腕が上がっていると言うか幅が広がったように思います。
だって、多分10年分以上に2年でシャッターを切ったから(笑)
手持ちで野山を歩き回って、感性の赴くままレンズを向け軽快なテンポでシャッターを切る。無駄だと思うものや今まで撮った事の無いものも撮ってみる。
「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる」って言うのもあるけど、いっぱい失敗できるデジタルで手持ちって言うのが最近離れられないスタイル。

でもいっぱい失敗すると逆に「この状況は絶対に三脚が必要だな」って言うのも分かってくるから、三脚の必要性もフィルム時代以上に感じるようになってきたりして(笑)
だから三脚嫌いな私が三脚を新調しました。
ご紹介しましょう。私の新しい仲間。Manfrotto 190MF3です。
マンフロット 190MF3(雲台は804RC2)
ははは、カーボンにしちゃいました^_^ゞ
正確(?)にはManfrotto マグファイバー プロ トライポッド 190MF3と言います。
この写真で組み合わされている雲台はManfrotto 804RC2

何故この三脚を選んだのかと言うと、まず第一にカッコいい(笑)
いや笑い事じゃないですよ。道具にとって「使う気にさせる」、「その気にさせる」って言うのは大切な「性能」だと私は考えています。嫌いな道具ならなおさら(笑)
ただデザインがカッコいいとかそう言う事じゃなくて「機能美」というか「らしい」って言う雰囲気がまた大事なんですよねぇ。

第二にレバー操作なので脚の伸縮が素早く確実にできる。軽くて携帯性も良い。
ローアングルの開脚もカチカチと3段階に素早く操作できる。
ただ、3Way雲台は久しぶりに使いましたが、やっぱり面倒ですね(笑)
多分手持ちのManfrotto 486RC2と言う自由雲台を組み合わせる事が多くなるでしょう。

で、第三手頃な価格のわりに作りがしっかりしていて使いやすい。
4万と少しでこれだけの品質のものが手に入るなら最高です。
実際に使ってみてもレバーや脚周りにガタもなく、雲台も軽い機材なら締め付けた時にスッと収まる感じで好感が持てる雰囲気です。何よりカッコいい <まだ言うか^_^;

ローアングルに対応
この190MF3と言う三脚、重量が1.6kgと軽量で11cmのローアングルにも対応。
脚の開きは3段階に調整できるので便利です。
最大に伸ばしても114.5cm、エレベータを使っても142cmまでしか伸びないのはチョット痛いですが、私の場合もともと視線の高さで撮るような事は滅多にないので気にしないw

命名「キリンの水飲み」
さらにエレベーターを横挿ししてこんなポーズも!
私が命名したポーズ名は「キリンの水飲み」(笑)
セットに時間が掛かるのが難点だけど、応用の幅はかなり広がりそうな感じ^^

アーゴレスト(雲台はマンフロット486RC2)
こちらは手持ちの機材ですがアーゴレストと言うチョット変り種。こうやってマクロの時のローアングル用にも使えますが、車のウインドウに引っ掛けて固定する事も出来ます。
車で移動しながらの鳥撮りには必携ツールですね。
かなりしっかりした作りなので3kg近くある400mm F3.5でも支えてくれます。
写真では自由雲台の486RC2をセットしてありますが、大砲長玉を使うときはスリックのフリーターン雲台を組み合わせています。自由雲台では無理(笑)

マンフロット190MF3、681B、804RC2、486RC2、アーゴレスト
これにマンフロットの1脚Manfrotto 681Bを加えたのが今の中間達。
嫌いって言う割りに結構持ってるなぁ(笑)
ビデオ用はもう2脚と照明用、音声用が一揃えあるから脚だけでも部屋が埋まる、、、
うっ!何時の間にかアーゴレスト以外がマンフロットになってるσ(*'0'*)
実は結構気に入ってます。このメーカー(笑)

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。