ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ Googleの無料画像編集ソフト「Picasa」を使ってみよう -その5 レタッチ編-

Googleの無料画像編集ソフト「Picasa(ピカサ)」特集の第五弾はレタッチ編。
詳細なコントロールが可能なPicasaの調整タブの使い方を見てみましょう。
まだPicasaをゲットしていない人は↓のリンクから入手してください。

まずはライブラリ画面で編集したい画像をダブルクリックして個別の編集画面に進み、「調整」をクリックして調整タブを表示します。
調整タブには基本編集タブよりもさらに詳細にライティングや色をコントロールする画像編集用のツールが揃っているので是非使いこなして下さい。
以下の作業はライブラリ画面の「変更を保存」や「ファイル」>「保存」をするまでは何度でも戻ってやり直すことができるので、安心して作業を進めて下さい。
先回でもご案内しましたが、ここからは画像に変更を加えますのでフォトレタッチ入門「レタッチの準備と基礎知識」を良く読んでから作業に入ってください。レタッチが初めてと言う方は フォトレタッチ入門「フォトレタッチって何だろう?」も参考にしてみて下さい。

◆ライティングの調整
一番上から「明るさ調整」「ハイライト」「シャドウ」の3つがライティング(明るさや暗さ、コントラストなど)を調整するためのツールです。
明るさ調整については先回の「Picasa」を使ってみよう -その4 基本レタッチ編-で紹介していますので割愛します。同様の使い方なのでそちらを参考にして下さい。
「明るさの調整」が中間調(中位の明るさ)をコントロールする(Picasaでは明るい方向にしか調整できない)機能なのに対して、「ハイライト」と「シャドウ」はそれぞれ明るい部分と暗い部分をコントロールします。
ハイライトは明るい部分をより明るくする事ができますが、限度を越えてしまうと画像の中に「白飛び」と呼ばれる白一色で潰れた箇所ができてしまうので注意が必要です。
シャドウも同様に強くかけ過ぎると「黒潰れ」が起きてしまうので程々に。
Picasa 調整
「明るさの調整」では「最も明るい部分」も「最も暗い部分」も動かす事無く中間の明るさだけを調整していましたが、「ハイライト」の場合は最も暗い部分は動かさずに明るい部分を調整し、「シャドウ」は逆に最も明るい部分を動かさずに暗い部分を調整します。
ヒストグラムを表示してスライダーを動かしてみると画像にどのような変化を加えているのか分りやすいと思います。
Picasa2には「コントラスト」という調整項目が存在しませんが、「ハイライト」と「シャドウ」を調整する事でコントラストも調整する事ができます。
ただし、Picasa2の調整項目ではコントラストを高める方向には調整できますが、低くする方向には調整できないので注意が必要です。
一般的にコントラストの高い画像の方が見栄えがしますが、JPEG画像で無理な調整をするとトーンジャンプという現象が起きて見苦しい画像になってしまいます。
通常のコンパクトデジタルカメラの画像の場合、コントラストや彩度、シャープネスはかなり高い画像になっているので微調整くらいに考えておくと良いでしょう。

◆色温度の調整
ハイライトなどのライティング関連のスライダの下にあるのが色を調整するためのツール。
ここで「色温度」と言う耳慣れない言葉が出てきますが詳細な解説は省かせて頂きます。ビデオ・写真撮影入門 「ホワイトバランスの設定」なども参考にして下さい。
で、ここで調整するのは要するに画像が赤っぽいのか青っぽいのかと言う部分で、「白いものが白く見えているのか」と言うのを調整していきます。
撮影したときの光源の状態によってはオートホワイトバランスでは画像が青っぽくなっていたり赤っぽくなっていたりという経験があるかと思います。
それを調整するためのツールだと覚えておいて下さい。
Picasa 調整
スライダを左に動かすと画像が青っぽく(色温度が高く)、右に動かすと赤っぽく(色温度が低く)なるのが分ると思いますので、画像に合わせて適切な位置に調整して下さい。
また、下にあるスポイトマークをクリックするとマウスポインタがスポイトになると思います。
この状態で画像の中をクリックすると、その位置が基準(白やグレーなどの無彩色)になるように自動調整してくれます。
上の画面では本来はマゼンダ系の花弁の上をクリックしたので画像が全体に緑っぽくなっているのが分ると思います。クリックした位置は無彩色になっています。
分りやすいように色のある箇所をクリックしてみましたが、本来は「ここが白く(グレーに)写るはず」というような部分をクリックする事で調整できます。
デジカメの画像の場合、赤や青へ傾くだけでなく、緑とマゼンダでも色が傾く場合があります。Picasaの場合、そのような時はこのツールでなければ調整できません。


以下は各パラメーターを調整した場合の画像比較です。
左上は何の調整も加えていない画像。右上が明るさを高めた(スライダを右)画像です。
中段左がハイライトを高めた画像、中段右がシャドウを高めた画像。
左下が色温度を高く(スライダを左)した画像で、右下が色温度を低くした画像です。
Picasa 調整画像比較


また、上記の調整は「色」や「明るさ」と言った内容の編集になります。必ずモニターを適切な状態に調整してから作業に入ってください。だたしPicasaはカラーマネジメントに対応していないので、特にAdobeRGBのプロファイルを持った画像などは正確な色が表示できない可能性が高いです。それらを理解したうえでお進み下さい。また、これらの作業はヒストグラムを見ながら作業すると効果的ですので撮影&フォトレタッチ入門「ヒストグラムを覚えよう」も参考にしてみてください。


次回は効果タブの機能などについて紹介します。


◆ 「Picasa」を使ってみよう -その1 導入編-
◆ 「Picasa」を使ってみよう -その2 基本編-
◆ 「Picasa」を使ってみよう -その3 画像編集基本編-
◆ 「Picasa」を使ってみよう -その4 基本レタッチ編-
◆ 「Picasa」を使ってみよう -その5 レタッチ編-
◆ 「Picasa」を使ってみよう -その6 エフェクト編-

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。