ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 群雄割拠のデジタル一眼レフ中級機 -その2 中上級機クラス編-

第二弾は中上級機クラス編です。このクラスは中々動きの少ないクラスなのですが、最近はかなり活発な様子。
ただ、それでも今年発表の機種だけとなるとかなり限られてしまうのでD200と5Dを加えさせて下さい。

15~30万円クラス
機 種 名 撮像素子 有効画素数
Nikon D200 CCD 1,020万画素
Canon EOS 5D 35mmフルサイズCMOS 1,280万画素
FinePix S5 Pro スーパーCCDハニカムSR Pro 1,234万画素
SIGMA SD14 FOVEON X3 468万画素(最大1,406万画素)

最近の15~30万円の中上級機クラスでは撮像素子がキーワードだと思います。
初中級機でのキーワードだった1000万画素はこのクラスでは下限。ボディ内蔵手ブレ補正は搭載している機種はありません。
ライブビューに関してはFinePix S5 Proが30秒間限定で対応していますがセンサーは専用ではありません。
さてさて本題の撮像素子ですが、D200はベーシックなCCDですがFinePix S5 ProはD200をベースにしながらもCCDは独自のハニカムCCDを採用し、高感度と広いダイナミックレンジ(ダイナミクスレンジ)を実現しています。
受光面積の広い画素は総画素中の半分なので、高感度性能に関しては600万画素で考えなければいけないのかもしれませんが、受光面積の違う撮像素子を組み合わせてダイナミックレンジを広げているのは面白いですね。
D200はこのクラスのカメラとしては最も手が出しやすい価格ですが、しっかりしたボディにオーソドックスな撮像素子を組み合わせた感じで好感が持てます。
SD14に関してはデジカメ版3CCD(技術的には3CMOS)とも呼ぶべきFOVEON X3センサーを搭載。
これも最大解像度の1406万画素ではその威力を発揮しないようなので、468万画素程度が高い色再現能力を活かせる解像度と言うことになるでしょう。
1406万画素になってしまうと通常のベイヤー方式と同等の性能になると思います。
500万画素というとコンパクト機でも1000万画素オーバーがポンポン出てくる昨今では物足りなく感じますが、一般的に使う解像度としては十分。ただ、感度はさほど良くないようです。
しかしこの方式、採用メーカーが増えて開発予算が増えれば非常に楽しみな方式です。
そしてEOS 5Dは35mmフルサイズCMOSを搭載。
現状で35mmフルサイズの撮像素子はキヤノン製のCMOSしか選択肢がありませんが、EOS 5Dが出るまでは指を咥えて眺めるだけだった(何せEOS 1Ds MarkIIは80万円ですから^_^;)35mmフルサイズの世界が一気に身近になったと言うことでかなり衝撃を受けたカメラでした。
後継機のEOS 7Dの噂もありますが、今後の発展が楽しみなカメラです。(EOS 30Dにも40Dの噂がありましたが、こちらはブラフだったのかな?残念です。)
このクラスは撮像素子が非常にバラエティ豊かな顔触れで、来年はどんなサプライズが待っているのかと楽しみにさせてくれるクラスでもあります。
オリンパスかペンタックスに一発かましてほしいですね。
そしてソニー&松下が手を出してくるのか来ないのか、、、
αにはsweetの上にα7があったしレンズ資産も活かしたいだろうからソニーは入ってくるかもしれませんね。
松下は、、、う~ん、見えないw

≪ 新しい記事へ  | HOME |  過去の記事へ ≫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

※迷惑コメント&TB対策実施中です。詳しくはこちらをご覧下さい。
※英字のみのコメントは受け付けられません。また、サーバーの動作が不安定な時が
あるようですので、コメント送信前にコピーを取られることをお薦めします。

 この記事に対するトラックバック

トラックバックURL: 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) ※英字のみのTBは受け付けられません。

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。