ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ HDRIに挑戦してみる その2・素材の準備

HDRI(ハイダイナミックレンジイメージ)に使用する画像としては露出の異なる複数枚の画像が必要となります。
これはレッタチソフトやRAW現像ソフトで明るさを変えたものではなく、撮影時にオートブラケットなどを使用して露出を変えた画像になります。
ソフトで明るさを変えた画像や1枚の画像からトーンマッピングを行う手法もあるのですが、今回は基本となる複数枚画像からの作例を基本として進めます。
と言うのもいくらRAWから露出を変えて現像したといっても、それはCCDやCMOSなどの撮像素子が持つダイナミックレンジを越えることは無く、何をどうしようがハイダイナミックレンジになることは無いからです。
白川公園HDRI

>>> 続きを読む <<<
スポンサーサイト

◆ HDRIに挑戦してみる その1・HDRIとは?

皆さんはHDRIという言葉を聞いたことがあるでしょか?
仕事で3DCGもやる私には馴染み深い言葉なのですが、写真の世界ではまだあまり浸透していない言葉ではないかと思います。
HDRIとはHigh Dynamic Range Image(ハイダイナミックレンジイメージ)の略で、CGなどで画像ベースのライティングを行う場合に用いられる画像などに使われる言葉です。
特に写真に限定する場合HDRP(High Dynamic Range Photo・ハイダイナミックレンジフォト)などと呼ばれる場合もあるようで、単にHDRとだけ呼ばれる場合もあります。
夜景HDRI

>>> 続きを読む <<<

◆ Googleの無料画像編集ソフト「Picasa」を使ってみよう -その6 エフェクト編-

Googleの無料画像編集ソフト「Picasa(ピカサ)」特集の第六弾はエフェクト編。
色々なエフェクトがかけられるPicasaの効果タブの使い方を見てみましょう。
まだPicasaをゲットしていない人は↓のリンクから入手してください。

まずはライブラリ画面で編集したい画像をダブルクリックして個別の編集画面に進み、「効果」をクリックして効果タブを表示します。
ここには画像のシャープネスや彩度を調整したり、積極的な効果を与えるツールが揃っているので楽しんで試してみて下さい。
以下の作業はライブラリ画面の「変更を保存」や「ファイル」>「保存」をするまでは何度でも戻ってやり直すことができるので、安心して作業を進めて下さい。
先回でもご案内しましたが、ここからは画像に変更を加えますのでフォトレタッチ入門「レタッチの準備と基礎知識」を良く読んでから作業に入ってください。レタッチが初めてと言う方は フォトレタッチ入門「フォトレタッチって何だろう?」も参考にしてみて下さい。

◆基本的な使い方
効果タブには選択画像に効果を適用したあとにどのような感じになるのかを簡単に表示したサムネイル(小画像)が並んでいます。
右下に青い台紙に「1」と表示されているフィルタ(効果の事です)は調整用のパラメーターを持たず、クリックするだけで適用する事ができます。
その他のフィルタはクリックするとパラメーターを設定する画面になります。
Picasa 効果タブ

>>> 続きを読む <<<

◆ PhotoshopでWeb用保存する場合の色が合わない問題の回避策

Adobe Photoshop(フォトショップ)などでWeb用に画像を保存する場合、IE(Internet Explorer、インターネットエクスプローラー)などのWebブラウザで表示される色とPhotoshoで表示される色が違って困った事は無いでしょうか?
これはPhotoshopなどがカラーマネジメントシステム(CMS)に対応しているソフトで、ICCプロファイルと言う「色を定義する情報」を読み取る事ができるのに、多くのWebブラウザはそれに対応していないため読み込めないのが大きな原因なんです。

Macを使用されている方であればsRGBに限っては同じ色で表示できるかもしれません。しかしAdobe RGBなどのICCプロファイルを持ったファイルはお手上げです。
この場合、Photoshopであれば「編集」→「プロファイルの変換」で「sRGB」へ「相対的な色域を保持」や「知覚的」で変換してあげれば問題は解決します。
Windowsの場合でもきちんと調整されたモニターであれば大体似たような色で表示されるはずですが、heuyなどのモニタ調整ツールを使っていてもターゲットが動画編集向きになっていたりするとPhotoshopで表示される色とはかなり違う色になります。

>>> 続きを読む <<<

◆ Googleの無料画像編集ソフト「Picasa」を使ってみよう -その5 レタッチ編-

Googleの無料画像編集ソフト「Picasa(ピカサ)」特集の第五弾はレタッチ編。
詳細なコントロールが可能なPicasaの調整タブの使い方を見てみましょう。
まだPicasaをゲットしていない人は↓のリンクから入手してください。

まずはライブラリ画面で編集したい画像をダブルクリックして個別の編集画面に進み、「調整」をクリックして調整タブを表示します。
調整タブには基本編集タブよりもさらに詳細にライティングや色をコントロールする画像編集用のツールが揃っているので是非使いこなして下さい。
以下の作業はライブラリ画面の「変更を保存」や「ファイル」>「保存」をするまでは何度でも戻ってやり直すことができるので、安心して作業を進めて下さい。
先回でもご案内しましたが、ここからは画像に変更を加えますのでフォトレタッチ入門「レタッチの準備と基礎知識」を良く読んでから作業に入ってください。レタッチが初めてと言う方は フォトレタッチ入門「フォトレタッチって何だろう?」も参考にしてみて下さい。

◆ライティングの調整
一番上から「明るさ調整」「ハイライト」「シャドウ」の3つがライティング(明るさや暗さ、コントラストなど)を調整するためのツールです。
明るさ調整については先回の「Picasa」を使ってみよう -その4 基本レタッチ編-で紹介していますので割愛します。同様の使い方なのでそちらを参考にして下さい。
「明るさの調整」が中間調(中位の明るさ)をコントロールする(Picasaでは明るい方向にしか調整できない)機能なのに対して、「ハイライト」と「シャドウ」はそれぞれ明るい部分と暗い部分をコントロールします。
ハイライトは明るい部分をより明るくする事ができますが、限度を越えてしまうと画像の中に「白飛び」と呼ばれる白一色で潰れた箇所ができてしまうので注意が必要です。
シャドウも同様に強くかけ過ぎると「黒潰れ」が起きてしまうので程々に。
Picasa 調整
「明るさの調整」では「最も明るい部分」も「最も暗い部分」も動かす事無く中間の明るさだけを調整していましたが、「ハイライト」の場合は最も暗い部分は動かさずに明るい部分を調整し、「シャドウ」は逆に最も明るい部分を動かさずに暗い部分を調整します。
ヒストグラムを表示してスライダーを動かしてみると画像にどのような変化を加えているのか分りやすいと思います。
Picasa2には「コントラスト」という調整項目が存在しませんが、「ハイライト」と「シャドウ」を調整する事でコントラストも調整する事ができます。
ただし、Picasa2の調整項目ではコントラストを高める方向には調整できますが、低くする方向には調整できないので注意が必要です。
一般的にコントラストの高い画像の方が見栄えがしますが、JPEG画像で無理な調整をするとトーンジャンプという現象が起きて見苦しい画像になってしまいます。
通常のコンパクトデジタルカメラの画像の場合、コントラストや彩度、シャープネスはかなり高い画像になっているので微調整くらいに考えておくと良いでしょう。

>>> 続きを読む <<<

◆ Googleの無料画像編集ソフト「Picasa」を使ってみよう -その4 基本レタッチ編-

Googleの無料画像編集ソフト「Picasa(ピカサ)」特集の第四弾は基本レタッチ編。
Picasaに搭載されている調整機能を使って簡単なレタッチ(補正)をしてみましょう。
まだPicasaをゲットしていない人は↓のリンクから入手してください。

まずはライブラリ画面で編集したい画像をダブルクリックして個別の編集画面に進みます。
基本編集タブに様々な画像編集用のツールが揃っているので順に紹介します。
以下の作業はライブラリ画面の「変更を保存」や「ファイル」>「保存」をするまでは何度でも戻ってやり直すことができるので、安心して作業を進めて下さい。
ただし、ここからは画像に変更を加えますのでフォトレタッチ入門「レタッチの準備と基礎知識」を良く読んでから作業に入ってください。レタッチが初めてと言う方は フォトレタッチ入門「フォトレタッチって何だろう?」も参考にしてみて下さい。

◆切り抜きツール
一番上のツールは「切り抜き」です。切り抜きはトリミングとも呼ばれます。
「切り抜き」ボタンをクリックすると下記のような画面に変わるので、画像の中をドラッグすると切り抜きたい部分が明るく、それ以外の部分が暗く表示されます。
「マニュアル」は自由な縦横の比率で、「10x15」は縦横比がデジタル一眼レフなどと同じ3:2になるように、「13x18」はそれよりも少し正方形に近く、「20x25」は5:4なのでコンパクトデジカメの4:3の縦横比に近いですが、若干正方形に近い縦横比になるように調整されて切り抜き範囲が作成されます。
「プレビュー」ボタンをクリックすると一時的に切り抜き範囲だけを表示してくれるので確認用に便利です。問題なければ「適用」ボタンをクリックし編集画面に戻ります。
この切り抜き範囲は一発で指定しなくても編集中は何度でも変更可能です。(「結果を保存」してしまった後は狭くする事はできますが広げる事はできないので注意)
マウスポインタが「←→」のような形になっている時にドラッグすれば変更できます。
Picasa 切り抜きツール

>>> 続きを読む <<<

◆ Googleの無料画像編集ソフト「Picasa」を使ってみよう -その3 画像編集基本編-

Googleの無料画像編集ソフト「Picasa(ピカサ)」特集の第三段は画像編集編。
ここで言う画像編集とは基本的なレタッチ(補正)と積極的な加工両方の事です。
まだPicasaをゲットしていない人は↓のリンクから入手してください。

Picasaには画像の回転(角度補正を含む)や切抜き(トリミング)、明るさや色合いの補正と言った簡単な補正機能(レタッチ機能)と、種類は多くないものの積極的に表現を加えるエフェクタが備わっています。
補正機能には画像を解析して自動的に補正してくれる機能も備わっています。
これらの機能を使用するには、ライブラリ画面のサムネイル画像をダブルクリックして↓のようなエディット画面に進みます。
Picasa エディット画面

>>> 続きを読む <<<


 | HOME |  NEXT ≫

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。