ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ EOS 5D Mark II のレビュー、実写サンプルなど

私も予約しているCanon(キヤノン・キャノン)のEOS 5D Mark IIのレビューや実写サンプルなどが出そろってきたので纏めておきます。

【実写速報】キヤノン「EOS 5D Mark II」(β機) (デジカメWatch)
【デジカメレビュー】キヤノンの技術を結集した「EOS 5D Mark II」(IT+PLUS)
【画質レビュー】キヤノン「EOS 5D MarkII」、最上位機に並ぶ画質と解像感(IT+PLUS)
この画質ならバーゲンプライス──「EOS 5D Mark II」(ASCII)

デジカメWatchの実写速報は比較的近い条件でサンプルを撮影していてくれて、色々な機種と比較するにも楽なのでよく見させてもらってます。
IT+PLUSの方には私も使っているEF24~70mmF2.8L USMとEF70~200mmF2.8L IS USMでのサンプルがあったのでうれしいですね。
ただ、どのサンプルを見ても画質の印象は「平面的だなぁ」という印象。
これは1Dsのサンプルを見ても感じていた事なのですが、最近の多画素指向のモデルに共通した画作りなのかも知れません。掲載が速かった海外サイトのサンプルを見ても思っていた事なので、それに対してはショックは少ないのですがやっぱり残念ですね。
1Dsより後発の撮像素子なので少しは良いのかという淡い期待もあったのですが、「比べれば良いかも」くらいで、初代5Dのような感動は無く、、、
良くなったと言われる高感度ですが、確かに「ノイズ量」は少なくなってますし色調の変化も良く抑え込まれている印象なのですが、低ISO感度でも平面的な印象だけに高感度域ではそれがさらに強調されているのはチョット辛い感じです。
5Dの画に見慣れているせいもあるのかも知れませんが、ノイズの絶対量は多くても表現幅の広い先代5Dの方がそういう意味での「画質」は圧倒的に上に感じます。
実はDIGIC4では画素混合が搭載されるんじゃないかと言う噂もあって、sRAWで1000万画素程度がキープできる5Dmk2ならかなり使い物になるんじゃないかと期待もしていたのですが、どうやらこれは噂だけで50DなどのsRAWで撮影した人がリサイズによる平滑効果を画素混合と勘違いして騒いだのが発端らしく、キヤノンにも確認したところ「搭載していない」との回答だったので結局何の意味もなく^_^;
平均法式の画素混合に近い効果はあるのかもしれませんが、リサイズによる平滑効果は加算方式の画素混合による感度アップとは根本的に違うので、初代5Dのような高感度でも立体感を失わないような余裕は期待できません。残念。

>>> 続きを読む <<<
スポンサーサイト

◆ 松下、SDHC対応のSDカードムービー「SDR-S200」を発売

Panasonic(パナソニック、松下電器)は最大32GBまで大容量化できるSDカードの上位規格「SDHC」を使用できる3CCDビデオカメラ「SDR-S200」を7月8日に発売予定です。
SDR-S100の後継機になるのか上位機種になるのか分かりませんが、楽しみなカメラです。
もちろん既存のSDカードも使えます。

また、松下は4GBタイプのSDHCメモリーカード「RP-SDR04GJ1K」を7月25日に発売する予定で、これを使用することでLPモードなら約3時間20分の長時間録画も可能になります。
ただ、S200の付属バッテリーは連続撮影時間が約1時間20分なんですけどね^_^;

>>> 続きを読む <<<

◆ ビクター、今度のEverio(エブリオ)は3CCD!

Victor(ビクター)はHDD(ハードディスクドライブ)内蔵型のビデオカメラとしては初となる3CCDを搭載した“Everio(エブリオ)”「GZ-MG505」を6月上旬に発売予定です。
GZ-MG505は同社のHDDビデオカメラ「Everioシリーズ」の最上位機種にあたる一台。
30GBのHDDを内蔵し1/4.5型133万画素のCCDを3枚搭載した3CCD機です。
高画素のデジタルカメラとは違いビデオカメラでは単板式と3板式では色再現に違いが出やすく、便利なだけでなく高画質で撮影できるHDDムービーとして期待できます。
静止画も500万画素相当の画像が記録できますが、これは画素ずらしによるもの。
各スペックを見ると3CCDとMicrodriveを搭載した「GZ-MC500」のHDD内蔵版かも。

同社では7月上旬にEverioシリーズのエントリーモデルとして30GBのHDDを内蔵した“Everio(エブリオ)”「GZ-MG47」も発売予定です。
こちらはシングルCCDでGZ-MG67のローコストバージョンで、CCDなどが小型・低画素化していますが、動画撮影のみに限ればそんなに大きな差は無いでしょう。
F1.2の明るいレンズ(撮像素子が小さいから当然)に光学15倍ズーム、内蔵のHDDもウルトラファインモードで4時間50分と、通常の撮影では問題なさそう。
HDDビデオカメラはラインナップも充実して、買いやすくなってきましたね^^

にほんブログ村 写真ブログへ ←この情報がお役に立ったら「ポチッ」と押してね。
ブログランキングに参加しています。1日1回のクリックでこのブログに
10ポイントが加算されます。(これが元気の素です)

★GZ-MG505基本スペック
レンズ 光学10倍 46.2mm ~ 462mm(35mm換算) F1.8~F2.4
撮像素子 133万画素1/4.5型x3CCD
モニター 2.7型11.2万画素ワイド液晶
注目・特徴 HDD内蔵型としては初の3CCDカメラシステム
1.8インチ/30GBハードディスク内蔵


★GZ-MG47基本スペック
レンズ 光学15倍 48.1mm ~ 721.5mm(35mm換算) F1.2~F2.8
撮像素子 133万画素1/5型CCD
モニター 2.7型11.2万画素ワイド液晶
注目・特徴 低価格なHDD内蔵ビデオカメラ
1.8インチ/20GBハードディスク内蔵

★ニュースリリース     Everio GZ-MG505   Everio GZ-MG47

★最安値をチェック     Everio GZ-MG505   Everio GZ-MG47
※発表から間もない時期は検索にヒットしない可能性があります。

★カカオのお薦めショップはこちら、気になるカメラ関連商品の最安値チェックはこちらです。

◆ ビクター、ベビームービーシリーズの新モデル「GR-D650」を発売

Victor(ビクター)は明るさF1.2、光学15倍ズームレンズを搭載したDVカメラ「GR-D650」を5月上旬に発売予定です。
GR-D650は簡単操作が売りのベビームービーシリーズの新モデルで、F1.2の明るいレンズと光学15倍ズームを搭載した一台。
暗い場所での撮影に便利な、「オートLEDライト」や源の切り忘れを防止する「クイックパワーオフ」機能、他にもスロー映像を手軽に楽しめる独自開発の「ライブスロー」機能を搭載しています。
ユーザーフレンドリーなエントリーモデルとは言え、なかなかに多機能です。
CCDは1/5型と小型。有効画素数は動画撮影時は69万画素です。

この情報がお役に立ったら「ポチッ」と押してね。
ブログランキングに参加しています。1日1回のクリックで、
このブログに 10ポイント加算されます。(これが元気の素)

★基本スペック
レンズ 光学15倍 48.1mm~721.5mm(35mm換算) F1.2~F2.8
撮像素子 有効123万画素1/5型CCD
モニター 2.5型11.2万画素液晶
注目・特徴 F1.2、光学15倍ズームレンズ搭載

★ニュースリリース     Victorニュースリリース

★最安値をチェック     GR-D650
※発表から間もない時期は検索にヒットしない可能性があります。

★カカオのお薦めショップはこちら、気になるカメラ関連商品の最安値チェックはこちらです。

◆ ソニー、家庭用ハイビジョンビデオカメラHC1の後継機を発売

Sony(ソニー)は初の家庭用ハイビジョンビデオカメラとして大好評を得ているデジタルハイビジョン“ハンディカム”HDR-HC1の後継機として「HDR-HC3」を3月3日に発売予定です。
同シリーズはminiDVテープにMPEG-2圧縮したハイビジョン映像を記録するHDV規格のカメラで、他のHDV機よりもコンパクトで低価格な事から、一気にハイビジョン熱に火を付けました。
HC1よりもさらに小型・軽量化され、予想される実売価格も安いようです。
ただ残念なのは、小型化のためかマイク端子とヘッドフォン端子が省かれている事。
カメラ付属のマイクだけで録れと?
その代わりと言っては何ですがHDMI端子を装備させています。
テレビで手軽にハイビジョン映像と音声が再生できるのは良いことですね。
また、HDV方式ビデオカメラとしては初めて、動画撮影中でも最大230万画素の静止画(16:9)を同時に記録することができるようになっています。
実際には操作の際にブレやノイズの原因となるので、思ったほど便利な機能ではありませんが、それでも無いよりは有った方がいいのは間違いありません。
撮像素子もしっかりと進化しています。
クリアビッドCMOSを採用したことで最低被写体照度も11ルクスになりました。
簡易的なスーパースロー映像を実現する機能など、遊び心も満点。
「HD対応ビデオカメラ市場のシェア75%を狙う」と言う強気の発言にも納得です。

★基本スペック
レンズ 光学10倍 41.3mm~485mm(35mm換算) F1.8~F2.9
撮像素子 210万画素1/3型クリアビッドCMOS
モニター 2.7型21.1万画素ワイド液晶(タッチパネル式)
注目・特徴 クリアビッドCMOSセンサー、カールツァイスレンズ
タッチパネル式2.7型ワイド液晶、静止画同時記録

★ニュースリリース     Sonyニュースリリース

★最安値をチェック     HDR-HC3
※発表から間もない時期は検索にヒットしない可能性があります。

★カカオのお薦めショップはこちら、気になるカメラ関連商品の最安値チェックはこちらです。

◆ ビクター、HDDビデオカメラ「Everio」の新モデル2機種を発売

Victor(ビクター)は大人気のハードディスクビデオカメラ「Everio(エブリオ)」の新モデルとして30GB HDDを搭載した「GZ-MG77」と、20GBの「GZ-MG67」を3月上旬より発売予定です。
それぞれ「MG70」と「MG50」の後継機種でF1.2~F2.0の明るい光学10倍ズームレンズを採用。
前モデルではCCDやレンズの仕様などに差がありましたが、今回のモデルからは違いはHDD容量のみのようです。
その他の変更点は液晶がワイド型になったことや起動時間の短縮など。

また同社では「Everio」シリーズ用のDVDライター「CU-VD10」を3月中旬に発売です。
これは「GZ-MG77/67」で撮影した映像を簡単に12cmDVDに保存できる、専用のDVD ライターで、「GZ-MG77/67」と「CU-VD10」をダイレクトにつなぐだけでパソコンなどを介さずにDVDで保管できると言う代物。
パソコン用の外付けDVDドライブとしても使用できます。

★GZ-MG77基本スペック
レンズ 光学10倍 45.7mm~457mm(35mm換算) F1.2~F2.0
撮像素子 218万画素1/3.9型CCD
モニター 2.7型11.2万画素ワイド液晶
注目・特徴 大容量30GB HDD内蔵ビデオカメラ
ワイド端F1.2の明るいレンズ

★GZ-MG67基本スペック
レンズ 光学10倍 45.7mm~457mm(35mm換算) F1.2~F2.0
撮像素子 218万画素1/3.9型CCD
モニター 2.7型11.2万画素ワイド液晶
注目・特徴 大容量20GB HDD内蔵ビデオカメラ
ワイド端F1.2の明るいレンズ

★ニュースリリース     Everio GZ-MG77/67   CU-VD10

★最安値をチェック     GZ-MG77   GZ-MG67   CU-VD10
※発表から間もない時期は検索にヒットしない可能性があります。

★カカオのお薦めショップはこちら、気になるカメラ関連商品の最安値チェックはこちらです。

◆ 東芝、HDDビデオカメラの大容量タイプを2機種発売、V10は店頭販売へ

TOSHIBA(東芝)は大容量のハードディスクドライブ(HDD)搭載のHDDビデオカメラ二機種を2月25日に発売予定です。
また、それに伴い同社のオンラインショップ「Shop1048」でのみ販売していた0.85型HDD(4GB)とSDカードスロットを搭載したムービーカメラ「gigashot V10」を、3月下旬より店頭販売するそうです。
※このブログの「gigashot V10」に関するニュース記事はこちらです。
今回、新たに発売されるのは60GBのHDDを搭載した「gigashot R60」と、30GBのHDDを搭載した「gigashot R30」で、HDD容量以外はほぼ同じ使用のようです。
レンズにはキヤノン製の光学10倍ズームレンズを使用しているとの事で、V10では暗かったレンズも明るくなっていますし、光学性能においては他社に並んだと思っても良いと思いますが、その他の部分についてはまだまだ弱く感じてしまいます。
撮像素子はサイズこそ V10の1/2.5型から1/3.6型と小さくなっていますが、画素数も519万画素から212万画素へと減らしているので、より動画撮影向きにシフトしたと言うところでしょう。
金額的にもスペック的にもV10はデジカメ寄り、今回発売のR系はビデオカメラ寄り。
そう思って良いでしょうね。
V10に関しては店頭販売によって割高感が払拭できれば良いのですが。
お世辞にも持ちが良いとは言えないバッテリーは、対策としてなのか2つ同梱されるようになるそうです。

★gigashot V10基本スペック
レンズ 光学5倍 38mm~190mm(35mm換算) F3.3~3.4
撮像素子 519万画素1/2.5型CCD
モニター 2.0型20.7万画素液晶
注目・特徴 HDD(4GB)内蔵、初(?)のビデオが撮れるデジカメ?
MPEGムービーではなく、一応DVD画質の動画を記録できます。

★gigashot R60基本スペック
レンズ 光学5倍 48.7mm~487mm(35mm換算 動画4:3時) F1.8~2.2
撮像素子 212万画素1/3.6型CCD
モニター 2.5型20.7万画素液晶
注目・特徴 HDD(60GB)内蔵

★gigashot R30基本スペック
レンズ 光学5倍 48.7mm~487mm(35mm換算 動画4:3時) F1.8~2.2
撮像素子 212万画素1/3.6型CCD
モニター 2.5型20.7万画素液晶
注目・特徴 HDD(30GB)内蔵

★ニュースリリース     東芝ニュースリリース

★最安値をチェック     gigashot V10   gigashot R60   gigashot R30
※発表から間もない時期は検索にヒットしない可能性があります。

★カカオのお薦めショップはこちら、気になるカメラ関連商品の最安値チェックはこちらです。



 | HOME |  NEXT ≫

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。