ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ デジタルカメラの選び方「高感度 VS 手ブレ補正」

最近は春の新製品ラッシュでデジカメも新機種が続々と発表になっていますね。
傾向としてはやはり「高感度」と「手ブレ補正」の対決。
ただ、「どちらか対決」というよりは「バランス勝負」といった様相です。
そこで、写真のストックも尽きていることですし、久しぶりにカメラ選びのガイド記事を(笑)
※この記事はスチル(静止画)カメラの事だけを書いています。
 ビデオカメラの場合は状況が違いますのでご注意下さい。

まず手ブレ補正と高感度について整理してみましょう。
ただ、そのためにはF値とシャッタースピードのことも多少触れなければなりません。
皆さんご存知のとおり、シャッタースピードが早いほどブレに対しては強くなります。
一般に手ブレの影響が出やすいシャッタースピードの目安として「1/焦点距離(35mm換算値) 秒」以下と言われます。
つまり100mm相当の画角を使用する場合1/100秒のシャッタースピードが必要だという事ですね。
もちろん撮影者の技術やその他の状況にもよるので、あくまで目安ですが。
被写体ブレに関しては画角関係なく被写体の移動速度に依存するので特に目安はありませんが、もちろん速いシャッタースピードが切れるに越したことはありません。
で、このシャッタースピードを決定するのがF値とISO感度になるわけですが、同じ状況でF値が一段下がる(数値的には増える)とシャッタースピードも一段遅くなり、ISO感度が一段下がると同じくシャッタースピードも一段遅くなります。(デジタルの場合は細かいステップで設定できるようになっている機種もあります)
「じゃあ、明るいF値のレンズで高いISO感度に設定して撮れば良いじゃないか」と言う事になるのですが、レンズのF値は「レンズの実焦点距離÷対物レンズの直径」となるので、コストや携帯性などの面からもあまりに大きなレンズは使用できません。
ISO感度も、一般的には高くするほどノイズが増す(フィルムの場合は粒子が粗くなる)ので高く設定するには限界があります。
そこで様々な工夫が行われているわけですね。

一つの方法が「ISO感度を高くしてもノイズが発生し辛くする」と言う対策。
そう、高感度化です。
方法としては
1・撮像素子(CCDなど)の受光面積を広くする
2・ノイズを検知して排除する機能(ノイズリダクション)の高性能・高精度化をする
3・撮像素子の性能そのものをアップする
この中で1は携帯性とコスト面から限界があります。
なので現状では主に2と3の方法で高感度化を実現しているわけですね。
ただし注意したいのは、ISO感度は上げるだけなら理論上は上限がなく、メーカーが「コレくらいなら実用範囲かな?」と言う辺りで最高感度が決定されるので、メーカーのカタログで「ISO○○○対応!」と書かれていても、実際に撮影した画像に乗るノイズの量は分からず、高いISO感度に対応しているから高感度なカメラとは限らない点です。
比較的似た状況で、同じISO感度で撮影した画像を見比べるしか方法はありませんね。

もう一つの方法が手ブレ補正機構を搭載すると言う方法。
手ブレ補正にはデジタル式(電子式)と光学式がありますが、デジタル式は高感度化と比較する意味が無いので光学式についてだけ説明したいと思います。
デジタル手ブレ補正と光学手ブレ補正の詳しい説明はこちらを参考にして下さい。
手ブレ補正の場合、その性能を表す数値として「シャッタースピード○段分」と言うように書かれる事が有ります。
主に2~4段くらいでしょうか。最近では3段くらいが多いように思います。
これは「手ブレに対してシャッタースピード○段分の適応力がありますよ」と言うもの。
先に紹介したように手ブレの影響が出やすいシャッタースピードの目安は「1/焦点距離(35mm換算値) 秒」以下なので、逆に考えれば100mm相当の画角を使うためには1/125秒が必要となります。
手ブレ補正で3段分の補正が出来ると言う事は、1/125が必要なところを1/60 → 1/30 → 1/15と3段分遅いシャッタースピードが使用できると言う事になります。
ただし、被写体ブレに関しては何のケアもしてくれませんから、大いにブレます(笑)


下表はそれぞれF値とシャッタースピード、ISO感度とシャッタースピードの関連性を表したものです。
例えばF2.8で1/1000のシャッターが切れる場合はF5.6では1/250が使用できます。ISO200で1/60が使用できる環境で1/500のシャッターを切りたければISO1600が必要になります。
逆に表現上から見ると、同じシャッタースピードを使用したい場合、高いISO感度が使用できるほどレンズを絞った状態でも撮影ができるとも言えます。

F値とシャッタースピードの関連性
F値 2.8 4 5.6 8 11 16 22
SS 1/1000 1/500 1/250 1/125 1/60 1/30 1/15
デジタルの場合は細かいステップで設定できるようになっている機種もあります

ISO感度とシャッタースピードの関連性
ISO 3200 1600 800 400 200 100 50
SS 1/1000 1/500 1/250 1/125 1/60 1/30 1/15
デジタルの場合は細かいステップで設定できるようになっている機種もあります



手ブレ補正と高感度の整理はできましたでしょうか?
ここからが本題の手ブレ補正と高感度のどちらが良いかと言う対決ですよ。
ハッキリ言って、両方付いているのが良いに決まっています(笑)
ただ、コスト的にそれは難しいでしょう。
「コンパクト機で10万円以上しても両方付いたのが買いたい」と言うニーズが多くあればメーカーも開発するでしょうが、現状では「どこでバランスを取るか」と言う感じですね。
もちろん両方搭載を謳った機種も有りますが、それは宣伝上のこと。
で、それぞれの特徴を見ていくと、自分にどちらが合っているのかが見えてきます。
光学手ブレ補正の場合、仮に3段分補正できるとすれば、同じシャッタースピードならISO感度を3段分低く設定できると言う事で、被写体ブレには対応できませんが画質劣化は最小限に抑える事ができます。
いくら高感度対応機だからと言ってISO100と同等の画質でISO800で撮影できる機種は見た事がありませんからねw
例えば暗い環境で動く被写体を写す機会が多いなら、被写体ブレを防いでくれる「高感度」が良いでしょうし、望遠を良く使うとか、静止物を良く撮ると言う事であれば画質劣化を起こし辛い光学式手ブレ補正機構が搭載された機種が良いでしょう。

用途と機能
用途 機能
暗い環境で動く被写体を写す 高感度
比較的明るい環境で望遠を使う 光学式手ブレ補正
静止物を撮る 光学式手ブレ補正

※間違った箇所があったらツッコミお願い致しますm(__)m
スポンサーサイト

◆ カメラの買い方「カメラをなるべくお得に購入したい」

カメラの選び方では無いかもしれませんが、ビデオカメラでもデジタルカメラでも同じ機材を購入するならなるべくお得に、安く購入したいと思うのが人情と言うものですよね。
この「なるべくお得に」と言うのは中々難しく、「安く買いたいけど信頼できる所で買いたい」と言う思いもあるはずですし、お得かどうかを判断する為にはその商品の相場も知っておかなければなりません。
これを解決してくれる一つの方法は、大型のオンラインショッピングモールを活用するという方法です。
"「裏」デジタルカメラ・ビデオカメラの選び方"では購入する製品を決める為のオンラインショッピングモールなどの活用法を紹介しましたが、今回は購入する為の活用法を紹介したいと思います。
オンラインショッピングモールとして最もお薦めなのは「楽天市場」で、他のモールと比べて圧倒的な品揃えを誇っています。
次いで「Yahoo!ショッピング」で、検索エンジンがベースなだけに使いやすいシステムが好感持てます。
まず、相場を調べる為にはある程度の情報量が揃う事が大切です。
そういった意味では楽天市場もYahoo!ショッピングもかなりの品揃えがあるので、余程マニアックな製品でもない限りは問題ありません。
どちらも検索結果を「安い順」に並べ替える事ができるので、並べ替えて「激安店タイプの相場」と「有名店タイプの相場」を調べておきます。
その相場を把握した上で、何処で購入するかを決定するわけですが、ここで二つ目のキーワードである「信頼」が問題になってきます。
ただ、初期不良などに付いてはメーカーでも対応してくれるはずなので、何に付いて「信頼」を問題にするかが個人差の出るところです。
私は逆転の発想で「楽天市場やYahoo!ショッピングに登録されている」と言う事を「信頼」の基準にしてしまっています。
分からない事や相談事はネットで調べられるし、不良についてはメーカーのサポートを利用すると仮定すれば、ショップについての「信頼」は最低限の「実績」で良いと判断します。
もし最低限の信頼を得られないような悪質なショップがあったとしたら、登録しているモール側にもクレームが行くでしょうし、放置しておくとは思えません。
当然、登録時にもある程度の審査は行っているはずです。
そういう意味で「楽天市場やYahoo!ショッピングの運営サイドを信頼して」激安店でお得に買い物をすると言うのも「アリ」だと思っています。
とは言えやはり初めて使うショップでは事前にできれば電話で、無理ならメールで連絡を取って感触を確かめておくことも大切です。
また、この方法のもう一つの良い所は、下手に価格比較サイトで調べるよりも安い商品が見つかる可能性が高い(情報も早い場合が多い)事です。

楽天市場、Yahoo!共にオークションなどのシステムもあり、発売後ある程度時間の経過した製品であれば中古などを安く購入できる可能性もあります。
ただ、こちらは例え大きな会社が運営しているとは言え、取引する相手は個人の場合も多いのでかなり注意しないといけません。
本当に信頼できる相手かどうか、慎重の上にも慎重に判断しなければなりません。
中古であれば中古の取り扱いを得意としたショップもあるので、まずはそちらでチェックしてみるのが良いかもしれませんね。

「なるべくお得に」と考えた時に、送料や手数料の事も忘れてはいけません。
特に複数の製品を購入する場合、別々のショップで購入しても送料、手数料分が浮くほど価格に差があるのか、価格は若干高くても同じショップで購入したほうがお得になるのかをチェックしましょう。
一眼レフなど、レンズなども同時に購入したいと考えているのなら、カメラ専門店などの方がお得になる場合も多くあります。
因みに私が良く利用しているショップやお薦めのショップはこちらで紹介しています。

◆ デジカメの選び方「コンパクトと一眼レフの選び方の違い」

デジタルカメラの選び方の基本的な事はコンパクトタイプのデジタルカメラでも一眼レフのデジタルカメラでも変わりはありません。
必要なスペックと携帯性、コストを考えれば良いのですが、一眼レフにはもう1つ考慮に入れておきたい項目があります。
それはレンズ群などのラインナップです。
常にセットレンズしか使わないと言う事であれば話は別かもしれませんが、一眼レフの魅力は何と言ってもレンズ交換ができる事(当たり前ですが)
例えば単焦点のマクロレンズ一本でも交換レンズに加えておけば、その世界は大きく変わることでしょう。
そして、カメラ本体と違いレンズはかなりの年数使用できます。
特にデジタルカメラの世界は、本体が未だ進化過程にあるので、本体は買い換えたくなる時期が早いかもしれませんが、レンズはそれほど買い替えを頻繁に行うものでもありません。(買い足しは有りますが)
例えば今、A社のデジタル一眼レフをレンズセットで購入しました。
数年たって買い替えを検討した時に、B社のカメラも欲しかったけれど、せっかく使えるレンズがあるのでやはりA社のカメラにしよう。と言う事も考えられます。
持っている交換レンズなどの事を良く「資産」などと呼びますが、正にその通りで一眼レフを選ぶ際は「どのカメラが良いか」を考えるもの良いのですが、是非とも「どのレンズが使いたいか、どのレンズと付き合って行きたいのか」も考慮に入れてみて下さい。
レンズの種類が豊富なのはNikonとCanon、個人的に描画が好きなのはPENTAXです。
コンパクトカメラの場合は常にレンズがセットなので、このような悩みはありません。
逆に常にレンズを検討しなければいけないと言う事にもなりますが。
コンデジを選ぶ時は「唯一のレンズ」となるレンズ性能にも目を向けてみて下さい。

◆ デジタルカメラの選び方「沈胴式と屈曲式レンズ」

コンパクトデジタルカメラのレンズには、電源をオンにするとレンズがズズゥ~と繰り出してくる「沈胴式」と、電源やズームなどに関係無くレンズの繰り出しの無い「屈曲(光学)式」があります。
カメラを選ぶ時に「どちらが良いのか?」と言う質問も良く聞きますが、個人的には沈胴式をお薦めします。
屈曲式のメリットは「レンズが飛び出さないこと」に有る訳ですが、そのメリットが活かされるシチュエーションがピンとこないからです。
「電源を入れたままケースにしまう」ような必要がなければ沈胴式でも屈曲式でも携帯性にほとんど差は無いですし、逆に沈胴式の方が電源の切り忘れが無くて良いと思うくらいです。
コンパクトカメラの場合、一眼レフの交換レンズの様に光学特性を数値化したグラフなどは公開されていない場合が多いですが、屈曲式の方が光学的に無理のある設計なのは確かで、ただでさえ光学的に無理をしているコンパクトカメラにさらに無理をさせるのもあまり気分の良いものではありません。
私的にはレンズが飛び出さないメリットよりも、光学的なデメリットの方が気になります。
敢えて屈曲式のメリットを挙げるとすれば、起動時間の短縮に有利な点と、電源オン、オフを繰り返した時の消費電力などでしょうが、現状でさほど大きな差があるようには見受けられません。
デザイン的に気に入ったとか、特別な使い向きがない限りは沈胴式を選んでおく方が無難だと思います。

◆ カメラ選びのQ&A「一台で写真もビデオも撮れるの?」

Q: 一台で写真もビデオも撮れるの?
A: いいえ。一台で静止画と動画は難しいです。

 最近は静止画撮影を売りにしたビデオカメラや、動画も撮れると言ったデジカメも多いですが、基本的に動画と静止画を一台のカメラで撮影しようと言うのは難しい部分があります。
 これは静止画用のCCDと動画用のCCDの構造的な違いも有りますし、操作性や消費者の求める機能も違うので、どうしてもどちらかが犠牲になってしまうわけです。
 一台のカメラで動画も静止画もと言うのは、自動車に例えれば「かっこよくて速く走れる車に荷物や人をたくさん乗せたい」と言っているようなものなのです。
 スポーツカーには荷物は多く乗りませんし、トラックやワゴンはスポーツカーのように速く走る事はできません。
 どうしても一台で兼用したいと言う事であれば、デジカメで動画も撮ろうとするよりは、ビデオカメラなどで静止画を撮影する事を考えた方が上手く行くでしょう。
 ただ、撮られる側から考えると、デジカメを向けられているのにビデオのように動いたり話しかけたり、逆にビデオカメラを向けられているのにピタリと静止すると言うのは意外と違和感があり、照れ臭くてぎこちなくなり易い気がします。
 私も初めは使い勝手が良いかと期待してそういうカメラを購入した事がありますが、結局画質云々を抜きにしてもサブ機能の方は使わなくなってしまいました。

静止画(スチル写真)撮影を最優先したカメラ デジタル一眼レフ
代表機種: Nikon D70sなど
レンズ交換式で大型の撮像素子を備えたカメラ。
コンパクトデジカメ
代表機種: Panasonic LUMIX DMC-FX9など
MPEGなどのムービーを撮影できる機種もある。
ハイブリット
代表機種: SANYO Xactiシリーズなど
デジカメのムービー機能を拡張、強化したタイプ。
MPEGなどのムービーを撮影できるが、ビデオフォーマットではないものが多い。
コンパクトビデオカメラ
代表機種: Sony DCR-PC350など
ビデオ機能はしっかりしていて、720x480px秒間60iでDVフォーマットの動画が撮影できる。静止画も数百万画素まで対応している。
ビデオ(動画)撮影を最優先したカメラ ハイエンドビデオカメラ
代表機種: Canon DM-XL2
動画の撮影を最優先しているので撮像素子の解像度は必要最低限になっている。
静止画撮影に対応した機種もあるが、あまり重視されていない。


■まとめ■
餅は餅屋!ビデオはビデオカメラ、写真はスチルカメラで!

◆ カメラ選びのQ&A「フィルムカメラとデジタルカメラは何が違うの?」

Q: フィルムカメラとデジタルカメラは何が違うの?
A: 便利なデジカメ、高画質なフィルム

 静止画(写真)を撮影するためのカメラをスチル又はスチールカメラ(Still Camera)と言います。
 スチルカメラは従来のフィルムを使用したタイプとデジタル方式のタイプ(デジカメ)に分かれます。
 デジカメは正式にはデジタルスチルカメラと言います。

タイプ・メディア 特  徴
フィルム 35mmコンパクト
(APS含む)
従来の35mmフィルムを使用したものとAPSタイプの
フィルムを使用したものがある。
35mm一眼レフ
(APS含む)
レンズ交換ができるカメラ。APSタイプもある。
手持ちで撮影できるカメラの中では最も高機能。
中判・大判 35mmフィルムよりも大きいフィルムを使用したカメラ
で、カメラ本体も大型。手持ちは厳しい。
デジタル デジタルコンパクト
(コンデジ)
コンパクトカメラのデジタル版。
最も普及しているタイプ。
高画質タイプ
(ネオ一眼タイプ)
レンズは固定だが、デジタル一眼レフ並みに大型で
高解像度のCCDと明るいレンズを使用している。
デジタル一眼レフ 35mm一眼レフのデジタル版。
CCDも大型で高解像度なものが使用されている。

 画質のみで比較すると、現状ではフィルムが有利な状況です。
 解像度で見ても35mmフィルムが1600万~2400万画素有るのに対して、デジカメの場合は1600万画素を越えるカメラは存在するものの、普及型のデジカメでは600~800万画素程度が現状ですし、小型で高解像度のデジカメはCCDの1画素あたりの面積が小さいために、発色などの面で不利になる場合が多いようです。
 しかしデジカメは何といっても便利です。
 フィルム代や現像代を気にせず好きなだけ撮影できるし、小さなモニターながら撮ったその場で見られる、パソコンに取り込むのも簡単で、スライドショーやサムネイル(小画像)で一覧表示にすれば欲しい写真を探すのも簡単、アルバムソフトなどを使えばキーワードや撮影日から画像を検索する事も出来る、複製も簡単で保管もフィルムほどは気を使わないし、場所もとらない。
 挙げればキリがないですが、この便利さは他に替え難いものがあります。
 デジカメの画質に納得がいって初期投資が少し高くつくのが気にならなければデジカメを選ぶのが良いと思います。

■まとめ■
一般的な使い方ならデジカメが便利!

◆ カメラ選びのQ&A「メガピクセルCCDは動画も綺麗?」

Q: メガピクセルCCDは動画も綺麗?
A: いいえ。ハイビジョンでない限りは動画には関係有りません。

 メガピクセルCCDは高い解像度の静止画が撮れると言う意味で、高い解像度の動画が取れると言う意味ではありませんので、注意が必要です。
 メガピクセルと言うのは「メガ」=100万、「ピクセル」=画素で、100万画素と言う意味(2メガピクセルは200万画素の意味)になるのですが、DVフォーマットの場合解像度は720×480画素(約34万画素)、HDVのハイビジョンでも最大で1,440×1,080画素(約155万画素)と決まっています(ちなみに地上波/BSデジタルハイビジョンは、1960×1080画素です)ので、それ以上の解像度のCCDは(動画の)画質に悪影響を与える事はあっても、高画質になる要素にはなりません。
 実際には必要な解像度の倍程度の画素数(DVならば68万画素)があると、より解像感が増す事も有るようですが、画素数が倍になってもCCDの実面積は倍になってはくれませんので、感度の低下によるノイズの増加や色の再現性の低下のほうが画質にとって痛手になるとも言えます。
 各社のDVフラッグシップモデルが約34万~68万画素程度のCCDを選択している事から見ても、「動画を撮る」と言う事だけを純粋に追求した場合は画素数は多すぎない方が良いと言うのが現状のようです。

は動画に使用される画素の部分
25X20画素のCCD 倍の50X40画素のCCD

 このように同じ面積のCCDに多くの画素を詰め込む(高画素化する)と1画素あたりの光を受ける面積が狭く(面積的には1/4に)なることでCCDの感度が低下してノイズや低彩度の原因になります。

■まとめ■
動画のことだけ考えれば必要最低限の画素数がベター!


 | HOME |  NEXT ≫

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。