ブログdeフォトコンテスト

ブログを利用したフォトコンテストを開催中。貴方にも賞金ゲットのチャンスがあります。カメラ初心者もファミリーユースも大歓迎です。デジカメ、一眼レフ、カメラ付き携帯と機材は問いません。赤ちゃん、子供からペットまで、風景や花、スナップでも、ビデオ&写真好きのためのブログです。カメラの選び方や撮影、編集などのガイド、便利なリンク集やランキングもありますので、ごゆっくりお楽しみ下さい。

■□■ 第27回(最終回)ブログdeフォトコンテスト「自由」結果発表 ■□■
様々な「自由」47作品の中から1ポイント差で3作品が並ぶ大激戦を制し
グランプリの栄冠とSILKYPIXなど賞金換算\34,000を超える副賞を手にしたのは!?

グランプリ受賞作品
2010年間 第24回 第25回 第26回 第27回 2011年間

◆ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ ランキングシステムの活用

★ブログランキングサイトって何?
アクセスアップの方法として、ランキングサイトへ登録するという方法があります。
ランキングサイトと言うのは、様々な方法を使用してそのサイト(ブログ)のアクセス数などを計測して、ポイントの高い順に並べる(ランキングする)サイトのことです。
計測方法はサイトにより様々ですが、一番多いのは特定のリンクからランキングサイトを訪れた数と、ランキングサイトのリンクから登録したブログへ訪れた数を計測するタイプです。
特別なリンクではなく、単純に特定のリンク元(ブログ)からのアクセス数を計測するタイプもあるようです。
こうしてアクセス数(人の出入り)の多いブログ(人気のブログ)を、様々なジャンルごと、または各ジャンルを総合したランキングを表示する事で、注目されているブログが一目で分かる仕組みなので、参加する側にもブログの訪問者にもメリットがあるわけです。
通常ブログランキングサイトは無料で登録、利用できます。


★ブログランキングサイト一覧表

オススメ!
人気blogランキング
かなりメジャーなランキングサイトで、参加サイト数も多い。ここで上位に食い込めればかなりのアクセスが望める。

オススメ!
にほんブログ村 ポータルブログへ
にほんブログ村
各カテゴリーが独立したような感じになっているので目的のブログを探しやすい。トラックバックセンターもある。

注目!
人気ブログのランキング ranQ(ランキュー)
2005年6月15日にオープンしたばかりなので、まだ登録サイト数が少なく狙い目のランキング。


元祖ブログランキング
登録ブログ数12085件と比較的登録ブログ数は多い。

週刊ブログランキングくつろぐ
PING受信に対応した自由登録型Blogランキング
プロフィール登録などもできる。

週刊ブログ王
登録ブログ数3202件と程々の登録ブログ数。
トラックバックセンターもある。

BS blog Ranking
登録ブログ数2729件と程々の登録ブログ数。

no banner
BLOGカンパニー
一風変わったランキングサイト。会社のようにブログのタイプによって部署が割り振られ、出世する。

no banner
Airランキング
「常に生きているリンク集」が売り?評判の良いサイトなどのスカウトも行っているらしい。

no banner
ブログランキング
ここも登録数はまだ少ないランキング。

※各情報は2005年7月現在の情報です。


★ランキングサイトに参加する際の注意

ランキングサイトはほとんどの場合無料で参加できるので、数多くのサイトに登録しても問題ないのですが、メインにするサイトは1つか、多くとも2つ程度に絞った方が良いでしょう。
何故かというと、余り多くのランキングサイトへのリンクを貼ってしまうと、その分クリックが分散してしまい、ランキングが落ちてしまうためです。
自分がランキングなどを見る場合を想像すると、もちろん1位をまず見ますが、3位~5位程度まで、良くてもTop10程度までしか注目して見ることはありません。
以下、順位が低くなるほど見てもらえなくなり、ページを切り替えないと見てもらえないような低い順位になってしまうと、そこからのアクセスはほとんど期待できません。
なので、多数のランキングサイトで低い順位にランキングされてしまうよりも、少数のサイトでなるべく上位を目指した方が、良い結果が得られる場合が多いと言うわけです。


★ランキングサイトの選び方
登録するランキングサイトの選び方には二つの方法があります。
1・アクセス数の多い、メジャーなランキングサイトを選択する方法
メジャーなランキングサイトへ登録すると、上位に食い込めば大量のアクセスを期待できますが、既にアクセス数の多いサイトが大量に登録されているので、その中で上位に入るのは容易な事ではありません。
2・比較新しい、できたばかりのランキングに参加する方法
新しい、できたばかりのランキングへ登録した場合は、ライバルも少ないので比較的上位にランクされやすく、ランキングサイトへのアクセス数自体が少なかったとしても、自分のブログへのアクセス数はそれなりに多かったりします。
つまり、メジャーなランキングサイトへ登録し、そのサイト(またはジャンル)へのアクセス数が一日10000件あったとして、ランクが低く10件程度のアクセスしか無い場合と、できたばかりのランキングへ登録し、高いランクに表示されて1000件中10件のアクセスがあった場合では、結果として変わらないことになります。
では、何を基準に選択すれば良いのかといえば、それは貴方のブログの状況(タイプ)です。
もし貴方のブログが既にある程度のアクセスが有るブログであれば「1」のメジャーなランキングサイトへ登録(メインに)する事をオススメします。
そこで様子をみて、あまりランクが上がらなければ「2」に切り替える方法もあります。
ほとんどアクセスが無いような場合は、メジャーなランキングサイトへ登録してもほとんど効果は望めないので、今後有望そうな比較新しい、できたばかりのランキングに参加し、そのサイトと共に成長していくというような考え方が有効かも知れません。
スポンサーサイト

◆ 検索エンジンの活用【3】 SEOに便利なサイト

★SEOに便利なツールを提供してくれているサイト
無料登録ドットコム キーワードアドバイスツールプラスは非常に面白くて便利。
使いたいキーワードに何を組み合わせると有効なのかが分かる。
Su-Jine 初心者SEO対策ツールで自分のページのキーワードが
どのように構成されているか一発で分かる。便利。
他にも便利なツールや情報がいっぱい。
検索キーワード
チェックツール SEO
検索キーワードチェックツールSEO(SearchEngineOle)で
キーワードに対する各URLのマッチングを調べられる


★SEOに便利な情報を提供してくれているサイト
サーチエンジン登録ガイド 様々なサーチエンジン(検索エンジン)の情報が満載
掲載されている検索エンジンの数と情報には驚き
誰でもできる!SEOで
無料アクセスアップ
SEOに関する情報を多数掲載している。
サーチエンジンスパムに対するペナルティなども解説されている
SEO 検索エンジン最適化 かなり本格的な情報が手に入る。
初心者には少し難しいかも。


★SEO関連の書籍
SEOを超えたホームページ集客術プロが教えるSEM(検索エンジンマーケティング)の SEOを超えたホームページ集客術プロが教えるSEM(検索エンジンマーケティング)の

著者:細木康裕
出版社:アスキー
本体価格:1,600円

SEOで検索エンジンもユーザーも味方に付けるホームページ改造術見にきた客は逃がさない! SEOで検索エンジンもユーザーも味方に付けるホームページ改造術見にきた客は逃がさない!

著者:吉村正春 / 田中亮
出版社:秀和システム
本体価格:1,500円


検索にガンガンヒットするホームページの作り方SEO(検索エンジン最適化)テクニックで効果的にP 検索にガンガンヒットするホームページの作り方SEO(検索エンジン最適化)テクニックで効果的にP

著者:イー・プロモート / 渡辺隆広
出版社:翔泳社
本体価格:1,600円

◆ 検索エンジンの活用【2】 SEO初歩の初歩

★検索エンジンの判断する傾向
ページ内に含まれる多種多様な言葉の中で、検索エンジンは何を基準に「重要」だと判断しているのでしょうか?
まず「そのキーワードの記載される位置」
次に「そのキーワードの出現率」
さらには「HTMLタグに関連した判断」があります。


★キーワードの記載される位置
ページの左上にあるほど重要なキーワードと判断する傾向が強いようです。
さらに複数のキーワードがある場合、そのキーワードが近い位置にあるほど関連性が高いと判断されるようです。
例えば「デジカメ」と「プリント」と言うキーワードで検索された場合、「デジカメの写真をプリントする」よりも「デジカメプリント」の方がより関連性が高いと判断されるようです。


★キーワードの出現率
この説には諸説があるようですが、5~10%前後の出現率が好ましいようです。
つまり「パソコン」でヒットして欲しいからと言って、「パソコン」を連呼すれば上位に表示されるとは限らないと言う意味です。
普通に書いていれば問題ないと思いますが、ヒットして欲しいキーワードの出現率が余りに低いと感じたなら、「あれ」「それ」「これ」などの省略する為の語句を本来の語句に置き換えるなどして(又はその逆も)出現率を調整してみるのも良いかもしれません。


★HTMLタグに関連した判断
タグに関する判断は何処までが反映されるのか確かな事は分かっていません。
特に重要なのは<TITLE>タグと<H1>タグだと言われます。
ページ全てにサイト名などの同じTITLEを入れているのであれば、「ページタイトル【サイト名】」などの様にすると良いでしょう。
<H1>タグは段落タグの中で一番大きな見出しを意味し、<H2>、<H3>と続くに従って小さい見出しを表します。
特に重要なのが<H1>である事は間違い有りませんが、<H2>などもそれなりに重要視されているようです。(人によっては<H1>よりも<H2>の方が重要とする人もいるようです)
他にも論理強調を表す<STRONG>や<EM>も、ある程度は関連が有ると考えられているようです。
HEAD内に入れる<META>タグのKeywordsとDescription(説明)も重要です。
もし設定されていなければ、
<META name="Description" content="ここにページの説明を書く">
<META name="Keywords" content="キーワードを,カンマで,区切って,書く">
このようなタグを挿入しておきましょう。


★リンク元に関する判断
リンク元と言うのは「何処(どのサイト)から」「どれだけ数が」「どのようにリンクされているか」と言う事です。
「どのサイトから」と言うのは、検索エンジンの中には人気の高いサイトからリンクされているページを優先する傾向があると言う意味です。
「どれだけの数」がと言うのはより多くリンクされているページほど「人気が高い」「有用な情報がある」と判断するようです。
「どのようにリンクされているか」については「リンクの使い方を知っておこう」でも少し触れた通り、リンクに使われている言葉にも重要な意味があると言う事です。
試しにキーワードを「退出」としてGoogleなどで検索してみて下さい。
恐らくYahoo!などがトップに表示されると思います。
なぜ一見関係のないキーワードである「退出」でYahoo!がトップ表示されるのか?、これは検索エンジンが順位、関連性を判断する時に「リンクに使用されている言葉」も判断材料にしている事を表しています。
つまり、様々なサイトの出口として「退出」と言う単語にYahoo!へのリンクが多く使用されているために、このような現象が起こるわけです。
もちろん自分のサイト、ブログ内でリンクする時もですが、他のサイトやブログにリンクしてもらう時も、自分の望むキーワードでリンクしてもらいやすいように、バナーやタグを提供してみるのも良いかもしれません。
例えば当ブログの場合なら、

▼リンクして頂ける場合はこちらをご利用下さい▼
テキストリンク カメラ初心者も大歓迎!【ブログdeフォトコンテスト】
バナーリンク1 カメラ初心者も大歓迎!【ブログdeフォトコンテスト】
バナーリンク2 カメラ初心者も大歓迎!【ブログdeフォトコンテスト】
アニメーション
バナーリンク
カメラ初心者も大歓迎!【ブログdeフォトコンテスト】

このような項目を用意しておくことで、「カメラ」「初心者」「ブログ」「フォト」「コンテスト」と言うキーワードに関連付けられたリンクを貼って頂ける期待が高まります。

◆ 検索エンジンの活用【1】 検索エンジンの種類

★検索エンジン対策(SEO)
「仲間を見つけよう」で検索エンジンは後回しで良いと書きましたが、かと言ってやっぱり無視はできませんよね?
この検索エンジン対策の事を「SEO(Search Engine Optimization)」とも言い、直訳すると「検索エンジン最適化」となります。
検索エンジンは様々な技術でキーワードと関連性の高いページを探すわけですが、その技術については企業のトップシークレットでもあり、ハッキリした事は分かっていません。
しかし、経験的に「こうすると関連性が高いと判断してもらいやすい」と言う方法が幾つかあります。
せっかく同じ内容を書くなら、検索エンジンに最適化した、探してもらいやすいページにしてみましょう。


★検索エンジンの種類
検索エンジンには大きく分けて2つのタイプがあります。
1つ目はYahoo!に代表される「ディレクトリ型」、
2つ目はGoogleに代表される「ロボット型」です。

ディレクトリ型と言うのは、検索エンジン運営者が設定したジャンルやカテゴリーに、Webサイト運営者などが登録をして成立するタイプです。
つまり、どんなに良いサイトであっても登録してない限りはヒットしません。
また、検索エンジン運営者によっては登録するか否かの審査を行う場合も有るので、純度の高い情報に辿り着きやすいというメリットが有ります。
反対に「登録>審査」と言う過程を踏まなければいけないため、情報が遅れたり、情報量が少なかったりするデメリットもあります。

ロボット型と言うのは、自動的にWebを巡回して様々なページの情報を集めてきます。
登録できる場合も有りますが、登録しなくても自動的に拾われます。
ディレクトリ型とは対照的に、情報が早く、情報量も非常に豊富ですが、雑多な情報も多く混在し、純度の高い情報に辿り着くためには慣れが必要になる場合も有ります。

現在ではこの二つのタイプが混在したハイブリッド型がほとんどです。
Yahoo!にもロボット検索機能がありますし、Googleにもディレクトリがあります。
他の検索エンジンのデータベースを利用しているサイトも多くあります。

この他にも特定のジャンルに特化したものや、リンク集の感覚に近いものまで様々な検索エンジンが存在しています。


★主な検索エンジン一覧表
Google(グーグル) 最も代表的なロボット型検索エンジン
様々な検索サイトにデータベースを提供している
Yahoo!JAPAN(ヤフー) 最も代表的なディレクトリ型検索エンジン
キーワードがヒットした場合はディレクトリを優先的に、
次いでロボットの検索結果を表示する仕組み
goo(グー) 株式会社エヌ・ティ・ティ エックスが運営
ロボット型とディレクトリ型のハイブリッド型
infoseek(インフォシーク) かなりメジャーなロボット型検索エンジン
ここの辞書ツールはかなり使える
freshEYE(フレッシュアイ) 比較的メジャーなロボット型検索エンジン
現在は株式会社ニューズウォッチが運営母体
All About Japan
(オールアバウトジャパン)
リクルート運営のディレクトリ型検索エンジン
各カテゴリーの専門ガイドが選定したサイトを掲載する
Looksmart(ルックスマート) ディレクトリ型検索エンジン
様々な検索サイトにデータベースを提供している
MSN サーチ(エムエスエヌ) Microsoftが運営するディレクトリ型検索エンジン
ロボット型はAltaVistaのデータベースを使用
Excite(エキサイト) ロボット型はGoogleをディレクトリ型にはLooksmartの
データベースを使用している。

◆ 仲間を見つけよう

★人に見てもらえるブログにしよう
せっかくブログを運営しているのなら、なるべく多くの人に見てもらいたいと思いませんか?
アクセスアップや宣伝と言うとナーバスに反応する方もいますが、それほど堅苦しく考えず、「より多くコミュニケーションを取る事で、情報をより有益に活用する」と考えてみては如何でしょうか?


★仲間を見つける
アクセスアップと言うと、兎角「検索エンジン対策」だとか言う話になりがちですが、個人ブログではもっと大切な事があります。
それは仲間のブログやサイトを見つけると言うこと。
良く似た話題を扱うサイトと相互リンクをしたり、ブログであればコメントやトラックバックを付けてコミュニケーションを図ったりして仲間の輪を広げて行くこと。
そうすることで情報(話題)がより立体的に構築され、閲覧するユーザーにとっても有意義なサイト(ブログ)として成長して行きます。
特に個人の場合は単独のブログやサイトでは、情報量にも限界があります。
仲間のサイトと有機的につながる事で、自分と相手サイト、閲覧者の3者にとってメリットのある状況が創り出せ、アクセスアップにつながるという訳です。

まずは「仲間を見つける」この事を第一に考えてみては如何でしょうか?
検索エンジン対策などはその後でも十分です。


★話題の選びかたによるアクセスの違い
話題の選び方によってもアクセスは大きく変わります。

・恒久的な話題
例えば「子育て」などのテーマは、一時のものでなく、人類が存在する限り付いて回るテーマです。
こういったテーマの有用な情報は、時が経ったからといって必要性が薄れる事はありません。
緩やかですが、安定したアクセスが期待できます。
記事を書くタイミングは関係なく、良く考え検討、洗練された記事にアクセスが集まります。

・時事の話題
ブログで一番多く書かれているのは、「最近の出来事」についての話題。
例えば今この記事を書いているのは2005年の夏なので、「JR福知山線脱線事故」「ドイツワールドカップ予選」「若貴騒動」少し前なら「敵対的買収」などなど、世の中を騒がしている話題が幾つかありますが、特に「芸能ねた」と呼ばれるようなジャンルは、一時にアクセスが集中しますが、時が過ぎると殆どアクセスが無くなります。
記事を書くタイミングもシビアで、遅くなるほどアクセスは激減します。

一番理想的なのは恒久的な話題を整えつつ、時事の話題も扱うことができれば最高なのですが、なかなかそれだけの時間は取れません。
個人のブログであれば、恒久的な話題を中心にして、時折り時事の話題にも触れると言う程度が進めやすいでしょう。


 | HOME | 

PROFILE


このブログをお気に入りに追加
このブログをリンクに追加する(FC2)
このブログを登録 by BlogPeople

この人とブロともになる(FC2)

スポンサードリンク

最近の記事

☆全ての記事を表示する☆

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

LINKS

ランキング・参加TBテーマ

BlogPeople ReviewMe!

人気blogランキング
ブログ村 写真ブログ
BlogPeople写真ブログランキング

にほんブログ村 トラックバックテーマ 身近な自然へ身近な自然
>>> 参加TBテーマ一覧へ

RSSフィード

RSS feed meter for http://bpc.blog14.fc2.com/ RSSフィードメーター
★人気度 ■更新頻度

気になる機材の最安値チェック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。